世界一周~バックパッカーズハネムーン~
新婚旅行で海外世界一周!旦那はバックパッカーだが、嫁はバックパッカー経験0。2005年9月20日から約2年かけて地球を東回りに一周します。 東アジア→北米→中南米→ヨーロッパ→アフリカ→中東→南アジア


PROFILE
あきら&メグ
  • Author:あきら&メグ
  • mixi:あきら@世界一周&メグメグ
    2005年9月20日より世界一周ハネムーンに出発!豪華な旅は出来ないが、心は豊かにを目指します。まずは新鑑真号で上海へ。。。タイに向かい、タイをスタートに地球を東回りで一周。
    写真はメキシコ、カンクン沖の島、イスラ・ムヘーレスの夕日。本人出演。
    二人ともタイマッサージの総本山ワットポーで資格を取得。タイマッサージセラピストです。

    ☆携帯版URL☆
    http://aroundtheworld.
    blog17.fc2.com/?m


    ☆旅の軌跡☆↓クリックすると地図が出てきます。
    世界一周準備編(東アジア)
    世界一周スタート!(北米編)
    いよいよ突入!(中南米編)
    高いぞ!ユーロ!!(ヨーロッパ編)←現在地
    ちょっとだけ!?(アフリカ編)

    今は…2008年10月20に帰国!!!大阪の新居に移り、
    社会復帰へ向け勉強の毎日です


    <バックパッカー部門>



  • RSS


  • CALENDER
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    RECENT ENTRIES
  • シリアビザ延長(ハマその2)(09/27)
  • ラピュタの城(のモデルかもしれない)ツアー(ハマその1) (09/24)
  • アレッポ石鹸にかける情熱(アレッポ)(09/21)
  • 不思議な地形の町(カッパドキア)(09/16)
  • トルコでホームステイ!?(セルチュク)(09/12)


  • RECENT COMMENTS
  • takro(12/14)
  • chieko(09/23)
  • あきら(09/23)
  • chieko(09/22)
  • あきら(06/26)
  • みちか(06/22)
  • あきら(05/05)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!:本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!(07/23)
  • 芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!:芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!(07/23)
  • 首都の旅:ブダペストについて(02/05)
  • 国内旅行・海外旅行の豆知識:ビジネスホテルとは(12/14)
  • 外国.ネット-Gaikoku.net-:新婚旅行。旅人。世界一周(03/04)


  • ARCHIVES
  • 2007年09月 (7)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (1)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (10)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (3)


  • CATEGORY
  • ヨルダン (0)
  • 未分類 (0)
  • 日記 (1)
  • 世界一周の準備 (3)
  • 旅日記 (1)
  • 中国 (15)
  • お知らせ (4)
  • ベトナム (5)
  • カンボジア (2)
  • タイ (3)
  • アメリカ (3)
  • メキシコ (9)
  • グアテマラ (4)
  • アルゼンチン (4)
  • チリ (3)
  • ペルー (5)
  • ボリビア (3)
  • スペイン (2)
  • モロッコ (6)
  • ハンガリー (3)
  • チェコ (2)
  • オーストリア (1)
  • ブルガリア (1)
  • トルコ (3)
  • シリア (3)


  • LINKS
  • タイ古式マッサージ「ヌアットタイ」 ←大阪堀江のマッサージサロン。くつろげます。
  • 大阪のテニスサークル「ZIPPY」(相互リンク) ←堺市中心に活動。
  • 世界一周☆地球日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • [TABI CAFE]世界放浪フウフ(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • 世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • Around The World(相互リンク) ←カンクンで出会った「夫婦パッカー」。mixiやってる方は検索してみてください。
  • グアテマラ、アンティグアの日本人宿「ペンション田代」(相互リンク) ←中米グァテマラでお世話になりました。
  • [gurecat world tour last fly^w^/ぐれねこ地図](相互リンク) ←ブエノスアイレスで出会った、旅行地図職人。すごい人(猫)です。
  • ★☆ビアテイスターなお☆★の夢のダイニングバー開店までの道2(相互リンク) ←バルセロナで出会った新婚パッカー。世界のビール特集あり。
  • オーストラリア YEEEEEW!!!(相互リンク) ←ワーホリ中。fc2rankingで知り合いました。
  • かぜのむくまま きのむくまま
  • 続けいの無銭旅行記


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    中米でホームステイ(アンティグアその2)
    3月27日快晴
    ホームステイ
    スペイン語を習いだして、一週間。スペイン語学校『アタバル』の紹介でホームステイをすることにした。(Q375/週)ホームステイ先は「ホルへ&エミリア邸」。

    午前中の授業が終わり、ホームステイ先に行って、初めての昼食を食べたとき、色々と質問されたが、意外と答えれた。厳しいマグダ先生のおかげや。
    唯一心配していた食事(アタバルの紹介としてはこのエミリア邸にホームステイするのは僕らが初めてのため)もすごくおいしく、大満足!
    最初の昼ごはんはスープに野菜色々とご飯を入れて食べるというもの。
    (Sopa de ales lechuga)
    「色がいっぱいあって綺麗でしょ?」
    とエミリア。料理を作るのが好きらしい。
    こんな家にホームステイできてラッキー☆

    3月29日。この日は「ホルへ&エミリア」の結婚記念日だった。
    なんと10年目!!
    すぐ近所の「ブレンダ邸」にホームステイしている「逸子」も交え豪華ディナーを囲んだ。
    逸子はちょっとこの家を見てみたいと、寄っただけだけだったのだが、ホルへたちが
    「どーぞどーぞ」
    ってな感じでディナーに招いてくれたのだ。ものすごくフレンドリー!!
    突然知らされた記念日の豪華ディナーになんかこっちが逆に祝われたみたいだった。何も用意していなかったが、とりあえず日本のポストカードをプレゼントしたらすごく喜んでくれた。持ってきておいて良かった!(これだけではナンなんで、後日ケーキをプレゼントしました。)
    その夜は音楽をがんがんに鳴らしてメレンゲパーティーになった。
    10年経ってもとっても仲のいい、この夫婦のようになりたい。

    最初のお昼ご飯 結婚記念日の豪華ディナー 笑いの絶えない夫婦
    メレンゲ1 メレンゲ2 ラムでサルー!(乾杯)

    他にもこんな↓カラフルで美味しい料理が出た。
    チリの肉詰め(Chile Relleno) Pollo Guisado(チキンの煮込み) トルティータ(グァテマラ風ハンバーグ)とカボチャにミンチを詰めたもの


    グァテマラシティへ
    これまでの旅日記にも書いたが、各地で使い捨てコンタクトレンズを探した。ちなみに僕はボシュロムの2weekメダリスト、めぐはJ&Jの2weekアキュビューを使用している。
    唯一タイで日本の眼科で買うのと同じ価格帯であっただけで、その他の地では全て高かった。アメリカではレンズ代はいっしょくらいだが、購入の度に診断書が必要(診断料は80ドル~。但しサンフランシスコ州。州によっては診断書いらないかも)。メキシコでは診断書不要だが、レンズ代が日本の2.5倍。グアテマラではJ&Jの製品はなかったし、ボシュロムもブランドが違った。で、結局ネットで購入して、日本の母に送ってもらうことにした。でも、送ってもらってから学校や宿で話を聞くと、無くなる可能性もかなり多いらしい…。
    日本から送ってもらって2週間と少し経ち、ようやく郵便局から連絡が来たと思ったら、それは一通の封書であった。習いたてのスペイン語で辞書を引き引き調べると、それには「中央郵便局に取りに来ること。税金がかかる可能性がある」
    と書かれていた。
    中央郵便局はどこにあるのか?
    それはあの悪名高いグァテマラシティーである!!
    ここアンティグアに来るときも旅行会社に手数料を払ってまでシティーに行く事を避けたのに、まさかこんな形で行く事になるとは!!

    ただ唯一の幸いはホストファミリーのホルヘが一緒に付いてきてくれることだ。軍隊経験もあるホルヘが一緒なのは心強いが、それだけ危険ということか?ホルヘ曰く、中央郵便局があるZona1は最も危険なエリアらしく、エミリアも以前そこを歩いていたら、イヤリングを引きちぎられたとのことだった。

    前置きが長くなってしまったが、そういう事情でそんなグァテマラシティーへホルヘと二人で行く事になった(メグは留守番)。家に出るときに財布はもちろんのこと、腕時計、指輪など、金目のものは全て外し、まずはチキンバス(グァテマラ名物のぎゅうぎゅう詰めローカルバス。アメリカのスクールバスの中古などを使用)に乗って、シティーへと向かった。そして、バスを乗り換えること2回。ようやくシティーへ到着。昼間なのに、怪しい雰囲気。ただ、商店は活気があり、ものすごく安そうで、そして面白そう!買い物をしたい要求にも駆られたが、今日は余分なお金は持ってきていない。後ろ髪を色んなところで引かれつつ郵便局へ。バスを降りてから10分ほど歩いて到着したそこはかなり立派な歴史ある建物。窓口へ向かい、パスポートのコピーを要求されたので、一旦出て、コピーを取り、リトライ。サインを書くと、奥から荷物を取り出してきた。そして、一緒に中身をチェック。個人で使うコンタクトレンズであることを説明していると、さらに小さい箱が出てきた。
    「まさか、なにか関税がかかるものでは!?」
    とどきどきしながら、開けられるのを見ていると、それは母からメグへあてた厄除けの数珠であった。(メグは今年厄年なのだ)ともあれ、無事に受け取り、しかも手数料、税金ともに無料!であった。ホルヘと二人で喜びつつ、また2回バスを乗り換え、帰途へついた。アンティグアの街へ無事着いたときにはかなりほっとした。
    ホルヘにはもう大感謝!その日、お礼にラムを一本贈ったら、喜んでくれた。
    コンタクトは出来る限り日本で入手して持てる限り持ってくるか、EMSで送れる国で受け取ること(グァテマラは日本からのEMS不可)をオススメします。

    アタバルで出来た仲間たちと
    アタバルの仲間たちと一緒にいろいろなことをした。
    偶然タイミングが合った、キューバのブエナビスタ・ソシアルクラブのコンサートを見に行って、そこで踊りながら見たり、十字架の丘に大人数で登ったり(ここはたまに強盗が出るので少人数の場合はツアーがオススメ。ポリス付で無料のものがある)、サルサを習いに行ったりした。
    特にサルサは、習った日の後は誰かの家に集まって、その日を復習をするほどの熱の入れ
    そして、2家族ずつ共同でホームステイ先に日本食を作ったりもした。

    十字架の丘 サルサ部練習風景 サルサ部でサルー!(乾杯)
    ホルヘ&エミリアとサルー! ブレンダ邸でお料理 ブレンダ達と


    そして次なる地へのフライト
    まだペンション田代に居る間に、次の訪問地への航空券を手配しておいた。色々回って、探した結果、当初の予定のコスタリカで南米行きを買うよりも、ここで南米への航空券を買ったほうが安いことが判明!その結果、最も安い価格を提示してくれたペンション田代が契約する旅行会社でアルゼンチン行きを買うことにした。(TACA航空コスタリカ経由、ペルー経由、ブエノスアイレス行き。451ドル)
    次なる地はアルゼンチン、ブエノスアイレスである。
    中米では思っていたよりもかなり滞在期間が延びてしまったが、南米ではどうなることやら…


    ※1ドル=7.5Q(ケツァール)
     1Q=約15.7円
    (あきら)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!





    スポンサーサイト
    【2006/07/10 23:50】 グアテマラ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    中米でスペイン語留学!?(アンティグア)
    3月14日晴れ
    フローレス→グァテマラシティ→アンティグア
    フローレスを夜に出たバスは予定よりも早く朝5時半頃グァテマラシティに到着した。フローレンスの旅行会社の話では「6時にアンティグア行きのシャトルバスが待っている」とのことだったので、バスターミナルの中で待った。別会社のシャトルバスが他の旅行者たちを連れて行き、バスターミナル内の旅行者は僕らだけになった。ターミナルの窓は全て鉄格子が付いており、そこを見れば外からすさまじく人相の悪い奴らが激しく手招きしている。噂に違わずやばそうな雰囲気だ。早く来ないかな、とシャトルバスを待ったが全然来ない。遅れることはこういったところではよくあることだが、さすがに7時を回ったころ、心配になった。ターミナルの職員に訪ねると、電話をしてくれた。で、言うには、
    「今から行くなら9時頃になる」

    …やられた。旅行会社から連絡が行ってないのか、最初から連絡する気がなかったのか。しかし、すでにお金も払ってるし、今更外に出てバスを探す気にもなれなかった(アンティグア行きのバスターミナルは非常に治安が悪いところにある。しかも後に分かったが歩き方の場所から移動していた…)ので、待つことにした。結局シャトルが来たのは9時半。幸先の悪い出だしだ。

    アンティグアの日本人宿
    アンティグアには、中南米を回る旅人にすごく有名な日本人宿がある。治安の問題や、情報収集のため、その『ペンション田代』に泊まることに決めていた。後に知ったことだが、治安の問題からオーナーは宿の場所を現地であまりオープンにしたくないらしく、シャトルバスの運転手もその存在は知っていたが、詳しい場所は知らなかった。うろうろしてようやく到着。
    アンティグアはグアテマラ第二の都市で古都でもあり、京都に似たような雰囲気があるとよく言われるようだが、めぐは長野に似ていると言う。このペンション田代の屋上から毎日、山が間近に見えるからだろう。
    ここは、キッチンも充実しており、何度か泊まってる皆でシェアしてご飯を作った。

    田代の部屋 田代の屋上 田代のキッチン

    時計台  中央の広場  柵に挟まる犬。なぜかこんな犬が多かった。


    スペイン語学校
    ペンション田代の宿泊者から色々聞いて、自分の足でも何件か周って、スペイン語を『アタバル』で習うことに決めた。日本語の文法書や初級参考書が充実していたこと、習っている間はネットフリー(自分のパソコンも接続可)なのが理由だ。さらに、ここには「アタバル日曜定食」というものがあって、毎週日曜日の夕食をオーナーの片桐さん自らがおいしい日本食を作ってくれる。一人20Qと値段も手頃だ。
    支払いは一週間ごとで63ドルで先生とはマンツーマン。
    初日はかなり緊張して学校へ行った。先生の名は「Magda」。リクエストどおりの「でっぷいおばちゃん」だ。中米のおばちゃんは愛嬌がありカワイイ。(2週目から午後→午前の授業に変更した為、先生も変更。下の写真は変更後の先生「Carlota」)
    授業は「名前は?」から始まり、「どこに住んでる?」「仕事は?」「アンティグアにはどのくらい?」「ひとりで旅してるの?」などなど矢継ぎ早に質問される。初心者に対して、いきなり容赦ないが、詰まったり辞書を調べようとすると、すぐに教えてくれる。授業は2時間やって、30分休憩、そして1時間半。スペイン語オンリーの授業はかなり疲れ、時間が長く感じられた。初日は全く余裕がなくただしんどいだけだったし、復習も土日2日間だけど、それでも2週間が終わる頃にはかなり楽になった。2週間目からホームステイをしたせいも多分にあると思う。慣れてくると会話もおもしろい。結局もう一週間延長することにした。
    3週間で習ったのは動詞の現在形、過去形。それに疑問詞と前置詞。まだ復習は完璧ではないけど、これを使いこなせば、日常会話は結構いけそう。特にホームステイを2週間したのが良かった。ただ、聞き取りには不安があるけど…。それでも3週間前とは大違い!二人で一人の先生の方が安いから迷ったけど、マンツーマンにして良かった。

    アタバルの日曜定食 あきらと先生のカルロッタ メグと先生のシルビア


    『アンティグアその2~中米でホームステイ~』へつづく…


    ※1ドル=7.5Q(ケツァール)
     1Q=約15.7円
    (あきら)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!




    【2006/06/11 07:27】 グアテマラ | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)

    フローレス島での日々(フローレスその2)
    3月11日晴れ
    フローレス島での日々
    ティカル遺跡も十分に楽しんで、後は本を読んだり夕日を見に
    行ったりと、のんびり過した。
    夕日1  夕日2 夕日の前で

    ランチは中央公園に面したレストラン〝El Mirador Del Lago〟(地球の歩き方にも載ってる)が定番。夕食にも何度も訪れたこのお店は、いつ行っても地元の人たちで賑わっていた。お店のおばちゃんもなかなか良い味を出している。
    宿の近くに美味しいレストランがあるというのは、私たちにとって長く滞在できる十分な理由になっている。移動しようか~?って迷ってる時も、「ま、美味しいトコあるし、しばらくいようか」って事もあるくらい。
    ランチ 夕食 お店の前で
       
    そのお店で声をかけてきた若いアメリカ人夫婦に、この島には日本食屋があると聞いてびっくり!
    え~っ?どこにもそんな情報はなかったよ~!
    もちろん、早速行ってみる。ちょうど夕食を終えたばかりだったから、散歩がてら下見に。しばらく歩いてると、〝すいか〟という、かわいらしいひらがな発見。
    〝すいか〟は以前、海外青年協力隊で働いていたという、二人の女の人が切り盛りしているお店だった。
    座敷、ちゃぶ台まである!!あ~、日本だなあ~。
    と、ほのぼの…(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)

    グァテマラで協力隊をした後、中南米を周った二人はフローレス島に魅了され、ここで何かできないかと、〝すいか〟をオープンさせたそう。世界を周る私たちの事をうらやましいと言っていたけど、私にしたら、日本から遠く離れた異国の地でやっていこうと決めて、実行している二人のパワーの方がうらやましく感じるし、すごいと思う。でも二人はそんな事は何てことないような感じだし、話してみると本当に普通の女性。話してると、ここはフローレス島の中の日本島って気分になってきた。
    〝すいか〟ではアンティグアに出発する日まで、冷やし中華やお寿司、カレーライスやからあげを食べ、ジェンカに夢中になったり…。最終日も、チェックアウトしてから夜行バスまでの時間をここでのんびり過した。
    冷やし中華 お寿司 カレーライス

    ジェンカに夢中2 ジェンカに夢中1  皆で 
     


    アンティグア行きのチケット
    アンティグアに行くには、一旦、グァテマラシティを経由しなきゃならない。危険だと言われるグァテマラシティ…。メキシコシティなんて比じゃないとか言う人もいる。できれば避けたい。
    時間や値段を考えて、ある旅行会社(ネット屋の奥にある)でアンティグアまで通しのチケットを購入。一人170Qにしてもらった。何気なく領収書の他のページを見てみたら、250Qやら200Qやら様々な値段が…。同じアンティグア行きなのに。本当はいくらなんだろう??
    フローレス島を夜の9時半に出て、次の朝の6時にグァテマラシティに着く。そしてすぐにアンティグア行きのシャトルバス(ツアー会社が手配した)が来るから、それに乗れば良いとの事。とりあえずは安心。(LINER DORADA社のバス使用Q170 二等AC、トイレ付き)

    世界一周券を持っているタテちゃん&ヒロはメキシコへ戻る。また寂しくなるな…。この旅で会う事はもうないだろうな(と思ってたら、後にチリで奇跡的に再々会する(✪ฺܫ✪ฺ)!!)。
    ところが、何と!この二人の住んでる所は私の実家の愛媛。しかもご近所さんだった。私のおばあちゃんは二人の姓まで知っている。
    世界はせまいね~!
    とりあえず、二人とは日本でも会えるって事に乾杯!!


    ※1ドル=7.5Q(ケツァール)
     1Q=約15.7円
    (メグ)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!




    【2006/05/31 10:27】 グアテマラ | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)

    ティカル遺跡への道(フローレスその1)
    3月8日晴れ
    川上り国境超え
    この旅7ヶ国目であるグァテマラのフローレス行きのツアーバス(ワゴン車)で、ホテルを朝6時に出発。メキシコとグァテマラの国境は川をボートで上るという、初!川上り国境越えだった。
    メキシコ側のイミグレでは、メキシコに戻る予定がある人はその旨を伝える。そしたら、ツーリストカードは回収されない(今回、タテちゃん&ヒロはフローレスの後、メキシコに戻るのでツーリストカードはそのまま持ってたけど、後で他の人に聞いたら忘れてた人もけっこういた)。
    救命着をつけての40分くらいの川登りは、なかなか楽しかった。バランスを崩したら川面につきそうな勢いだったけど、川の上を吹く風が気持ち良い。もうすぐ岸に着くってトコで、船頭から帽子がまわってくる。…チップの要求らしい。渡さなかったら、岸には着けないぞって事もないだろうけど、ちょっと不安だし、ちょっとあげとくかって事で、チップを帽子の中に入れた。ちょっとやらしい。
    ボート乗り場 救命着をつけて ボートの中から

    グァテマラ側のイミグレの近くになると、バスのガイド兼仲介者が入国税として5ドルを要求してきた。
    きた、きた…!これが噂の入国税!
    グァテマラは本来、入国税なんて必要のないはず(←本当のところ分からないけど、カンクンで出会った女の子は5ペソだったらしい)。この入国税なるものは、仲介者とイミグレの役員の懐に入っていく。仲介のおじさんは、悪ガキからそのまま成長しましたって感じの悪人マリオ顔。ドルがないと言ったら、「なら、70ペソだ。」などと言ってくる。
    (※1ドル=10.5ペソ)
    最後にはイミグレまで自分たちで行って50ペソになったけど、納得いかず交渉を続けた。でも、今回はあまりにも分が悪かった。いつもならこんな時、モメてる欧米人たち。なのに皆あっさりと5ドル払っている。あきらなんて、ある欧米人に「彼(悪人マリオ(仮))とは、あまりモメない方が良いよ。」なんて言われたらしい。どうやら彼は悪の世界では有名らしい(と勝手に解釈する)。仕方なく、一人50ペソずつ払った。

    …私たちは見た!
    イミグレの建物の中で彼(悪人マリオ)と役員がお金を分けてニヤニヤしてるのを…!特に、悪人マリオの「今回もたんまりだぜ」みたいな満面の笑顔…。
    悔しい~(╬◣д◢)ムキー!!!


    フローレス島
    無事にフローレスに到着。島の対岸で、長距離バスターミナルがある「サンタ・エレーナ地区」は少しゴミゴミしてて、夜の治安はあまり良くなさそう。そのままフローレス島に渡ると、ガラリと景色が変わった。湖に囲まれているこの島は、石畳の道で、ホテルも過剰なくらい、あちらこちらに並んでいる。人々ものんびりしてて、人(犬?)の良さそうな犬もたくさん(U◕ฺ㉨◕ฺ)ノ。
    島の女の子 犬の親子 一緒にバスケット

    私とヒロが冷房のある銀行で待ってる間に、あきらとタテちゃんがホテルを探してきてくれた。パステルイエローのお洒落な外観のホテル〝La Jungla〟(TV・バス・トイレ・タオル付。4人で一部屋200Q→150Qに交渉。住所:Calle Centroamerica)は、夕日のポイントにも近く、ゆっくりと滞在できそうなホテルだった。が、シャワーの出がイマイチなのが惜しい…!ネットは無料だけど、パソコンが古く、恐ろしく遅い。私たちはパソコンを持ってるから、繋がせてもらって快適だった。
    ホテル外観 部屋 談話場所


    ティカル遺跡
    ティカル遺跡は昼は暑くなるから、朝早くに行くのが良いと聞いていたので、朝5時前に起床。そして島の入り口辺りでバスを探してたら、ツアー会社のおじさんに声をかけられた。ちょうど、ティカル遺跡のツアーバス(ワゴン車)がもうすぐ出発するらしい。往復で100Q(入場料は含まれない。6時発)。他にバスは見当たらないから、このツアーに決定!朝からえらくハイテンションな外国人(夜から飲み続けてたと思われる)がいたけど、一人がチケットを無くしたらしく、無情にもバスから降ろされていた。おかげで、ゆったりとしたスペースで座れたけど。
    ティカルの入場料は学生証割引なしの50Q。ロッジ風レストランで朝食を食べて、子供の団体を抜かしつつ、入場。私たちは反対側から周る事にした。
    今回はたくさんの動物も見れるという事もあって、めったに使わない双眼鏡も持っている。今まで何度か使うチャンスはあったのに、持っている事さえ忘れてて、バックパックの奥底に眠ったままだった。でも、今日はわざわざ一度ホテルに取り帰ってまで持ってきた♪

    ジャングルの中の遺跡といった感じで、聞いてたとおり、いろんな動物と出会う。そんなピクニック気分の森の中、なぜか、タランチュラやサソリを見つける。
    そんな注意書きってあったっけ??大丈夫なの…??
    とか思いながらも先を進む。旦那連中は喜んで写真撮ってたけど★
    不思議な木  クマザル タランチュラ?

    ピラミッド型の遺跡が多く、頂上まで登るのはけっこう大変な遺跡もある。途中、下を覗き込むと、まるでスノボーでの上級者コースのような角度。そしてなぜかお姫様✿登場。
    遺跡 遺跡を上がる階段 遺跡を上る姫

    一気に登って頂上に着くと、心地よい風が吹いている。景色も良くて、ジャングルの中に、他の遺跡の頂上が見える。
    照りつける太陽は意外に強くて、だんだん疲労感が…。朝早く出発しといて良かった~!
    頂上で  ジャングルの中の遺跡 遺跡2

    おまけ:空中浮遊&パワー☆集中!!
    空中浮遊1  空中浮遊2 パワー集中


    ※1ドル=7.5Q(ケツァール)
     1Q=約15.7円
    (メグ)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!




    【2006/05/23 07:52】 グアテマラ | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。