世界一周~バックパッカーズハネムーン~
新婚旅行で海外世界一周!旦那はバックパッカーだが、嫁はバックパッカー経験0。2005年9月20日から約2年かけて地球を東回りに一周します。 東アジア→北米→中南米→ヨーロッパ→アフリカ→中東→南アジア


PROFILE
あきら&メグ
  • Author:あきら&メグ
  • mixi:あきら@世界一周&メグメグ
    2005年9月20日より世界一周ハネムーンに出発!豪華な旅は出来ないが、心は豊かにを目指します。まずは新鑑真号で上海へ。。。タイに向かい、タイをスタートに地球を東回りで一周。
    写真はメキシコ、カンクン沖の島、イスラ・ムヘーレスの夕日。本人出演。
    二人ともタイマッサージの総本山ワットポーで資格を取得。タイマッサージセラピストです。

    ☆携帯版URL☆
    http://aroundtheworld.
    blog17.fc2.com/?m


    ☆旅の軌跡☆↓クリックすると地図が出てきます。
    世界一周準備編(東アジア)
    世界一周スタート!(北米編)
    いよいよ突入!(中南米編)
    高いぞ!ユーロ!!(ヨーロッパ編)←現在地
    ちょっとだけ!?(アフリカ編)

    今は…2008年10月20に帰国!!!大阪の新居に移り、
    社会復帰へ向け勉強の毎日です


    <バックパッカー部門>



  • RSS


  • CALENDER
    06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • シリアビザ延長(ハマその2)(09/27)
  • ラピュタの城(のモデルかもしれない)ツアー(ハマその1) (09/24)
  • アレッポ石鹸にかける情熱(アレッポ)(09/21)
  • 不思議な地形の町(カッパドキア)(09/16)
  • トルコでホームステイ!?(セルチュク)(09/12)


  • RECENT COMMENTS
  • takro(12/14)
  • chieko(09/23)
  • あきら(09/23)
  • chieko(09/22)
  • あきら(06/26)
  • みちか(06/22)
  • あきら(05/05)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!:本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!(07/23)
  • 芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!:芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!(07/23)
  • 首都の旅:ブダペストについて(02/05)
  • 国内旅行・海外旅行の豆知識:ビジネスホテルとは(12/14)
  • 外国.ネット-Gaikoku.net-:新婚旅行。旅人。世界一周(03/04)


  • ARCHIVES
  • 2007年09月 (7)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (1)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (10)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (3)


  • CATEGORY
  • ヨルダン (0)
  • 未分類 (0)
  • 日記 (1)
  • 世界一周の準備 (3)
  • 旅日記 (1)
  • 中国 (15)
  • お知らせ (4)
  • ベトナム (5)
  • カンボジア (2)
  • タイ (3)
  • アメリカ (3)
  • メキシコ (9)
  • グアテマラ (4)
  • アルゼンチン (4)
  • チリ (3)
  • ペルー (5)
  • ボリビア (3)
  • スペイン (2)
  • モロッコ (6)
  • ハンガリー (3)
  • チェコ (2)
  • オーストリア (1)
  • ブルガリア (1)
  • トルコ (3)
  • シリア (3)


  • LINKS
  • タイ古式マッサージ「ヌアットタイ」 ←大阪堀江のマッサージサロン。くつろげます。
  • 大阪のテニスサークル「ZIPPY」(相互リンク) ←堺市中心に活動。
  • 世界一周☆地球日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • [TABI CAFE]世界放浪フウフ(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • 世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • Around The World(相互リンク) ←カンクンで出会った「夫婦パッカー」。mixiやってる方は検索してみてください。
  • グアテマラ、アンティグアの日本人宿「ペンション田代」(相互リンク) ←中米グァテマラでお世話になりました。
  • [gurecat world tour last fly^w^/ぐれねこ地図](相互リンク) ←ブエノスアイレスで出会った、旅行地図職人。すごい人(猫)です。
  • ★☆ビアテイスターなお☆★の夢のダイニングバー開店までの道2(相互リンク) ←バルセロナで出会った新婚パッカー。世界のビール特集あり。
  • オーストラリア YEEEEEW!!!(相互リンク) ←ワーホリ中。fc2rankingで知り合いました。
  • かぜのむくまま きのむくまま
  • 続けいの無銭旅行記


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    あわただしい移動&準備(ボリビア~アルゼンチン)
    6月28日~7月2日
    28日のウユニ10時(←実際は11時半)発のバス(一人30ボリ)に乗り、その日の17時半にポトシに到着。一緒にウユニで塩をとった(私たちだけだった…)マリちゃんと別れて、同日のポトシ発20時(←実際は21時)のバス(一人40ボリ)でビジャソンを目指す。
    ビジャソンはボリビア最後の町で、そこから徒歩で国境を渡る。
    アルゼンチンのイミグレにはたくさんのボリビア人がいて、書類に不備があるのか、追い返されてる人も多かった。

    バス内はほとんどがボリビア人。私たちのような旅行者ではなくて働きに出てきたという感じ。途中、何度も検問があって、その度に長い時間をかけて手荷物のチェックが行われた。メキシコ以来の、何度も繰り返される同じようなチェックには少しうんざりした。
    イミグレ バス 検問


    アルゼンチンに入ると景色が変わっていくのが分かる。
    キレイに塗装された道路。豊かな緑。左右に見える牧場にはリャマではなく牛がいる。
    牛

    南米だけど南米から離れていくような…。

    ちょっと寂しい気分。

    でもアルゼンチンではステーキ&ワインが待っている…!!



    ヨーロッパへ旅立つ前に
    二度目のブエノスアイレスでの宿は日本旅館(ドミ15ペソ、住所:Mila Flores 2045 Capital Federal #1406)。長期で泊まりたい宿だけど、今回は3泊だけ。スペインのマドリッド行きのフライトは7月3日。それまでに薬の買い足しなど、これからの旅の準備をしなくちゃいけない。
    毎日、中心地まで出掛けては(日本旅館から遠い…)、ステーキの食べおさめや買出しにと忙しい日々だった。
    日本旅館 日本旅館のドア 部屋 近所の韓国料理屋で 近所のネコ 同じくネコ

    ※1ドル=3ペソ
     1ペソ=約40.2円
    (メグ)



    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!





    スポンサーサイト
    【2006/10/08 19:33】 アルゼンチン | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    南米のスイス(バリローチェ)
    4月18日
    プエルトマドリンからバリローチェまでのバスからの景色は良いよ~!って聞いてた。
    …けど、雨、雨、雨…。バスの窓も曇りがちで、何度も拭いては、景色を見てた。

    次のバリローチェは南米のスイスって呼ばれてる。セントバーナードもいるらしい(U◕ฺ㉨◕ฺ)
    この旅では行く事のないスイス。ここでちょっと味わっておこう。
    スイス? スイス?? ずっとこんなお天気

    感想:うーん、やっぱ本場のスイスに行きたいな。



    今までで一番高い(←地上から)宿
    ここでの宿は〝1004(ドミ22ペソ 住所 San Martin 127←Civic Centerの近く)〟。
    外観は古めの普通の高層ビル。初め本当にここなの…??って思いながら、エレベーターで上がってった。そのビルの10階が宿になっている。
    部屋からの眺めも良く(湖が見える!)、各部屋(ドミ)にはトイレ&バス、それにキッチンもついている。共同リビングにはソファや暖炉があって、くつろげるようになっている。
    ホテルのあるビル 部屋からの景色 ベット 部屋のキッチン リビング 暖炉




    バリローチェでの美味しいステーキ&チョコレート
    ここはアルゼンチン最後の街。次の国はチリ。
    ステーキともさよならしなきゃ…(涙)
    って事で、ステーキ食べおさめのため、お店を探す。
    しかもバリローチェは南米のスイスと呼ばれるだけあって、チョコレートも美味しいときた!!
    私にとってはどちらも大!大好物(✪ฺܫ✪ฺ)。そういう意味ではこの街は合ってるのかも。

    そして、幸運にも素敵なお店に巡り会えた!

    ステーキは今まで食べた中で、一番イケテル!!肉厚、焼き加減とも最高♥(。→v←。)♥!!
    お店の人も気さくで居心地も良し。ピザも美味しい!
    ランチ(9ペソ)もあります。
    〝LA ANDINA(住所 Elflein95 地球の歩き方にも載ってる)〟
    ランチのステーキ 晩のステーキ  エンパナーダ

    そしてチョコレート屋さんは、中でケーキも食べれる〝abuela goya 〟
    チョコレートの種類、た~くさんあるので、迷ったら、試食して選びましょう
    お店  チョコムースケーキ  チョコ



    ※1ドル=3ペソ
     1ペソ=約40.2円
    (メグ)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!


    【2006/07/24 23:07】 アルゼンチン | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    100万匹のペンギン!?(プエルトマドリン)
    4月15日~4月17日
    ブエノスアイレス~プエルトマドリン
    気が抜けなかった宿を後にし、長距離バスターミナルに向かった。しかし、ここでも気が抜けない。先日、チケットを取りにここに来たときに、メグが白い液体をかけられたからだ。いわゆるケチャップ強盗(この場合はマヨネーズ強盗?)である。これは南米でよく聞く手口で、かけたものを仲間が拭いている間に別の仲間が盗みを働く、というものである。だが、アルゼンチン人のスペイン語が全く聞き取れないメグは、何か声をかけられてもずっと無視していて、被害に合わなかった。というか、かけられていたことに気付いたのもかなり後である。
    そんなバスターミナルから出たバスは預けた荷物に荷札は貼るし、かなりきちんとした対応をしていた。それどころか、なんと車内食が出たのである!しかも飛行機のようにトレイ付き!メキシコと同様、フットレストはついているし、すごいぜ!アルゼンチンのバス!!

    アルゼンチンのセミ・カマ 車内食 前の子が可愛かった

    プエルトマドリン
    プエルトマドリン行きのバスは20時半に出発し、翌日14時半頃到着した。18時間ほど乗ったにも関わらず、ものすごく快適にすごせた。着いた街はすでにもうパタゴニア。北部とはいえなかなか寒い。これは夜はかなり冷えそうだ。
    バスターミナルのインフォメーションで紹介してもらった、「El Refug」(ドミ20ペソ哉→18ペソ)に宿をとった。やはり言葉は聞き取りにくかったが、やさしいセニョーラに大きくて人懐っこい犬が印象的。
    その日は近所のステーキ屋でステーキとソーセージを食べた。アルゼンチンは肉が旨い!
    肉といえば、この翌日はスーパーでステーキ肉を買ってきて自分たちで料理したが、結構美味しく、しかもめちゃめちゃ安かった!650gで3ドルほど。

    El Refugのドミ 宿の犬 ステーキとソーセージ

    ペンギンツアー
    このプエルトマドリンはバルデス半島というパタゴニアの動物が棲んでいるところが有名だが、僕らの目的は「プンタトンボ」にあった。そこにはものすごい数のペンギンが集まるコロニーがあり、現地のガイドによると多いときで50万匹ほどいるという。これを見るために中米の残りをすっとばしてでも飛行機で飛んできたのだ。
    旅行代理店をいくつか回ったが、結局一番安かったのは泊まっているホテルを通した値段だった。一人100ペソ。これに入場料20ペソは別途。
    プンタトンボに向かうミニバスは英語とスペイン語の両方を操る凄腕ガイドだった。英語とスペイン語で交互に説明する彼女はかなりカッコよく、通訳ガイドへの憧れがさらに強くなった。実は最近、通訳ガイドにかなり興味が出てきているのだ。もちろん、将来的な夢としてエスニック雑貨店を捨てた訳ではない。やりたいことというのはどんどん増えていくものである。
    さて、プンタトンボに着き、ガイドが入場手続きをしてくれている間、バスが止まった近くに早速ペンギンを発見した。ツアーに同行した全員が写真を撮る。しかし、こんなところで感動している場合ではなかった。実際に中に入っていくと、いるわ、いるわ、どこを見てもペンギン!!間に合って良かった!!ガイドに聞いたところ、シーズンは後2週間ほど(4月末)までで、その後ペンギン達はブラジルの方へ旅立つとのことだった。
    通路を歩いていくと、橋の下や、通路のすぐそこにいっぱいいた。それどころか通路にまで出てくる!それに、道に穴を掘って巣を作るから踏まないように気をつけるのが大変だった。この時期にここで見られるペンギンは子供たちで、皆風まかせで羽毛が生え変わるのを待っていた。しかし、まったく抜けておらずぷくぷくとしている子供もいた。後述するバルデス半島でも同じ種類のマゼランペンギンを見る事ができるが、ここに比べ数は少ないし、柵の近くまではなかなかやってこなかった。ペンギンを見るのが目的ならば、断然こちら側がオススメである。
    そして、終にここで「ペンギンに触る」という夢を達成することが出来た。←もちろん自然保護の観点からガイドには止められています。ごめんなさい。
    普段ぼ~としているこのペンギンが、触ると「びくっ!」とするのがたまらなく可愛かった。

    見渡す限りのペンギン 足元に巣を作る みんな眠そう…
    ペンギンと並ぶメグ ペンギンと座るメグ 満足気なメグとあきら

    近付くと首をかしげてくるペンギンが、さらに近付くと威嚇してきたのもまた可愛かった。
    また、一部は海に入りにいくものの波を恐がって走って戻ってきたりしていた。ペンギンも最初から泳げるわけではないようだ。

    首をかしげるペンギン 可愛い威嚇 海に挑む


    その帰り、ガイマンという所に寄った。ここにはウェールズ地方の移民がいるようでスコーンとアフタヌーンティーが楽しめる。イギリスに行かない僕達はここでイギリス気分を味わった。そしてその後、恐竜博物館に寄ったが、ここは、まぁそれなりである。

    バルデス半島

    その翌日、同じツアー代金100ペソを払い、バルデス半島ツアーに参加した。本来プエルトマドリンはこのバルデス半島で有名なはずだし、世界自然遺産にも指定されている。しかし、あの大量ペンギンを見た後の僕らにとってはここは少し退屈であった。ゾウアザラシもオタリアもかなり遠くのほうで固まってただ寝ているだけだし、オルカは出てこないし、ペンギンも少なかった。もちろん時期によるのだろうが、今回僕らの記憶に残ったのはただ風が強くて砂埃が目に痛かったということだけだった。
    ただ、昼食時になぜか突然アルマジロが出てきて、退屈していた僕達を楽しませてくれた。

    動かないゾウアザラシ 風が強い! アルマジロ



    とにかく、ペンギンが可愛かったなと思いながら、その日はスーパーで買ってきたステーキを肴にアルゼンチンワインを飲んだ。



    ※1ドル=3ペソ
     1ペソ=約40.2円
    (あきら)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!




    【2006/07/18 01:19】 アルゼンチン | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

    南米のパリ(ブエノスアイレス)
    4月11日~4月14日

    長い長い飛行機移動
    グァテマラを10日の12時20分に発ち、コスタリカ、ペルーを経由してアルゼンチンを目指す。利用したタカ航空は機内食を有料(サンドイッチで5ドル)で提供していて、そういったサービスを制限する分、チケット代を安くしているという事らしい。
    機内にはサッカーチームらしき団体も乗っていて、写真を撮ってる人もいた。

    次の日の早朝、空港に到着。荷物チェックも済んで、彰がATMを探しに行っている間、一人で荷物番をしていると、早速、声をかけられた。何か一生懸命に説明をしている。グァテマラでスペイン語を習ったとはいえ、まだまだ初歩レベル。

    分からない…。

    早口すぎてというより、習ったスペイン語と全く別の言葉に聞こえる。
    わけ分からず「Si、Si(イエス)!」と言って、いつもあきらに止められてる私。ここはとりあえず断っとこうと思って、「ノー、グラシアス」。でもなかなか離れてくれない。近くの空港の係員らしき女の人を呼んでまで、何かを伝えようとしている。さすがに「何かあったのか??」と思い始めた頃、彰が戻ってきた。

    二人で説明を聞くと「この空港は違う!」という内容…。
    「ここはアルゼンチンではないのか?」と聞くと
    「アルゼンチンだ。」と言う。
    寝起きでまだ頭がはっきり働いてない私たち
    「??」……。
    彼らの言葉の中にしきりと出てくるロサリオ。

    もしかして、もしかして…?ひょっとして…??

    「ここはブエノスアイレスではなくて、ロサリオという所なのか?」と聞くと
    「その通りだ!」と、やっと理解してくれたのかという安堵の表情で答えてくれた。
    ATMが見つかってたら(結局なかった)、とっくに空港を出てたよ。…危なかった。


    なんでも、ブエノスアイレスがひどい霧のため着陸できず、近くのロサリオの空港に一時着陸したらしい。私たちのように時間のある人は良いけど、仕事で用事のある人にとっては大変だろう…と辺りを見渡してみても、緊迫した様子はない。
    サッカーチームの監督らしき人以外は…。
    試合に間に合わないとか言ってる。そして何故かその監督をインタビューしている人とカメラマン。カメラの前でタカを連発している監督は、様子から見てタカ航空の事を悪く言っているらしい。そんな監督に比べてまるでやる気のない選手たち。イスにだらりと座って、関係ないよ~って顔してる。
    監督ちょっとかわいそう…。

    6時間待って、やっとブエノス行きへの飛行機へ乗り込む事ができた。でも、機内に乗り込んでもなかなか動かない。待ちきれず乗客たち、早く離陸しろと手拍子が。
    ああ~、南米で良かった。これが中国なら暴動へと発展していたかも…??

    無事、ブエノスに着陸した時には機内から拍手の嵐。
    あのサッカーチームは機内にはいなかった。もしかして車で行っちゃったのかな。飛行機で30分かかったって事は車では何時間かかるんだろ。彼らは試合に間に合ったのかなあ?
    違う空港にて ブエノスアイレスの空港



    気の抜けない宿
    ブエノスアイレスは大都会だった。まだ行った事はないけど、ヨーロッパみたいな街並み。南米のパリと呼ばれてるだけある。
    そして、どこか哀愁を感じる。そうだ、今の季節は秋だった。
    南米のパリ まるで大阪の千日前 同じく千日前?


    ここでの宿は、ブログなどでも評判の良かった、歩き方にも載っているVictoria Hotel。3泊すれば一泊30ペソになるので、とりあえず3泊する事に。
    ところが、後になって新事実発覚…。
    ホテル前 ホテルの部屋

    盗難多発の宿(╬☉д⊙) だった。

    そう言えば、宿のおばちゃん、しきりに「寝てる時でも鍵は締めてね。」って言ってた。
    宿にある情報ノートには、まさに前日、寝ている間に盗難があったと書かれていた。

    …その部屋は私たちが今日から三日間、泊まる部屋。

    他のページには、バックパックごと盗まれたとか、鍵をかけていて盗まれたとか、ひどい時には一週間に一回のペースで盗難発生してるとか書かれてる。

    すでに宿泊料は払ってる。自分たちで防止するしかない!!


    パソコンはフロントの金庫に預け、バックパックの中身は、お金になるような物は何もないですよ~ってアピールするために、全部出して広げておいて、貴重品は全て持って出掛けるようにした。バックパックの中にはたいした物は入ってないとはいえ、盗られたらやっぱりショック!だもん。

    寝る時には、ドア近くにイスを置いて、ドアが少しでも開いたら物が倒れるようにしたり…。

    努力のおかげか何事もなく過せたけど、出掛けてる間はずっと不安で、全く気が休まらなかった。
    こんな思いをして過すのは二度とゴメンだよ。ホント…。



    ステーキ三昧な毎日&タンゴの夜
    アルゼンチンで楽しみにしてた事の一つ。
    それはステーキを食べる事
    小さい頃から大好き♡→ܫ←♡ だった。ここアルゼンチンでは思う存分、食べれるって聞いてて、前から、それはそれは楽しみにしてた。
    初日から、ステーキ三昧。もちろんワインと一緒に♡

    宿の近くにはブッフェもあって、そこでは目の前で焼いてくれる。
    ステーキの他にも、全種類を制覇できないくらい多くの種類の食べ物が並んでる。
    もちろんここでもワインを飲む。ワイン一本で日本円で300円くらい。
    初日の夕食 ブッフェ1 ブッフェ2

    ああ、なんて素敵な街なの、アルゼンチン.。.:*・゚♡゚・*:..。.:*・゚♡゚・*:.。。

    そして、タンゴ♪♪
    街中でも普通に踊ってるけど、やっぱり、お店でツアー客よろしく鑑賞したい。
    チケット屋で〝El Querandi〟のタンゴ、一人70ペソのドリンク付きチケットを購入した。

    お店の中は高級感あふれてて、お客さんも紳士淑女って感じ。
    ドリンク付きのチケットだけど、前菜かデザートを頼めるらしい。ちょっとした豪華なお夜食。ワインはまるまる一本。
    踊りも演奏も良いし、知ってる曲も多くて、感激 ..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+* !!
    街中でタンゴ 高級感漂うお店 タンゴ



    ※1ドル=3ペソ
     1ペソ=約40.2円
    (メグ)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!




    【2006/07/12 02:32】 アルゼンチン | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。