世界一周~バックパッカーズハネムーン~
新婚旅行で海外世界一周!旦那はバックパッカーだが、嫁はバックパッカー経験0。2005年9月20日から約2年かけて地球を東回りに一周します。 東アジア→北米→中南米→ヨーロッパ→アフリカ→中東→南アジア


PROFILE
あきら&メグ
  • Author:あきら&メグ
  • mixi:あきら@世界一周&メグメグ
    2005年9月20日より世界一周ハネムーンに出発!豪華な旅は出来ないが、心は豊かにを目指します。まずは新鑑真号で上海へ。。。タイに向かい、タイをスタートに地球を東回りで一周。
    写真はメキシコ、カンクン沖の島、イスラ・ムヘーレスの夕日。本人出演。
    二人ともタイマッサージの総本山ワットポーで資格を取得。タイマッサージセラピストです。

    ☆携帯版URL☆
    http://aroundtheworld.
    blog17.fc2.com/?m


    ☆旅の軌跡☆↓クリックすると地図が出てきます。
    世界一周準備編(東アジア)
    世界一周スタート!(北米編)
    いよいよ突入!(中南米編)
    高いぞ!ユーロ!!(ヨーロッパ編)←現在地
    ちょっとだけ!?(アフリカ編)

    今は…2008年10月20に帰国!!!大阪の新居に移り、
    社会復帰へ向け勉強の毎日です


    <バックパッカー部門>



  • RSS


  • CALENDER
    06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • シリアビザ延長(ハマその2)(09/27)
  • ラピュタの城(のモデルかもしれない)ツアー(ハマその1) (09/24)
  • アレッポ石鹸にかける情熱(アレッポ)(09/21)
  • 不思議な地形の町(カッパドキア)(09/16)
  • トルコでホームステイ!?(セルチュク)(09/12)


  • RECENT COMMENTS
  • takro(12/14)
  • chieko(09/23)
  • あきら(09/23)
  • chieko(09/22)
  • あきら(06/26)
  • みちか(06/22)
  • あきら(05/05)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!:本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!(07/23)
  • 芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!:芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!(07/23)
  • 首都の旅:ブダペストについて(02/05)
  • 国内旅行・海外旅行の豆知識:ビジネスホテルとは(12/14)
  • 外国.ネット-Gaikoku.net-:新婚旅行。旅人。世界一周(03/04)


  • ARCHIVES
  • 2007年09月 (7)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (1)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (10)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (3)


  • CATEGORY
  • ヨルダン (0)
  • 未分類 (0)
  • 日記 (1)
  • 世界一周の準備 (3)
  • 旅日記 (1)
  • 中国 (15)
  • お知らせ (4)
  • ベトナム (5)
  • カンボジア (2)
  • タイ (3)
  • アメリカ (3)
  • メキシコ (9)
  • グアテマラ (4)
  • アルゼンチン (4)
  • チリ (3)
  • ペルー (5)
  • ボリビア (3)
  • スペイン (2)
  • モロッコ (6)
  • ハンガリー (3)
  • チェコ (2)
  • オーストリア (1)
  • ブルガリア (1)
  • トルコ (3)
  • シリア (3)


  • LINKS
  • タイ古式マッサージ「ヌアットタイ」 ←大阪堀江のマッサージサロン。くつろげます。
  • 大阪のテニスサークル「ZIPPY」(相互リンク) ←堺市中心に活動。
  • 世界一周☆地球日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • [TABI CAFE]世界放浪フウフ(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • 世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • Around The World(相互リンク) ←カンクンで出会った「夫婦パッカー」。mixiやってる方は検索してみてください。
  • グアテマラ、アンティグアの日本人宿「ペンション田代」(相互リンク) ←中米グァテマラでお世話になりました。
  • [gurecat world tour last fly^w^/ぐれねこ地図](相互リンク) ←ブエノスアイレスで出会った、旅行地図職人。すごい人(猫)です。
  • ★☆ビアテイスターなお☆★の夢のダイニングバー開店までの道2(相互リンク) ←バルセロナで出会った新婚パッカー。世界のビール特集あり。
  • オーストラリア YEEEEEW!!!(相互リンク) ←ワーホリ中。fc2rankingで知り合いました。
  • かぜのむくまま きのむくまま
  • 続けいの無銭旅行記


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    イースター島の魅力はモアイだけではない!?(イースター島)
    僕達のブログを読んでくれている皆様。本当にお待たせしました。
    リアルな僕達は今ハンガリーのブダペストにいます。ここヘレナハウスですっかり沈没生活。約一年の旅疲れか、生来の飽き性か、すっかり旅に対するやる気がなくなってきていましたが、少し充電でき、イースター島編が仕上がりました。
    かなり思い入れのある場所なので、かなり長文になってしまいましたが、お許しを…写真もいっぱいありますので最後まで読んでいただけると嬉しいです。



    憧れのイースター島

    イースター島のモアイ。初めて知ったのはまだ小さかったときだろう。なぜか無性に憧れていたが、航空券代や現地での物価が高いことを知ってからは諦めつつあった。モアイだけの為に高いお金を払うのか??と。
    しかし、中南米を回る内に「安い宿(キャンプ場)が出来た」「航空券を400ドル代で買えた」などの情報を得るようになり、「イースター島はモアイだけではない」という書き込みを情報ノートで見たのが決定的となった。しかも皆一週間以上は行っているらしい。
    これは行かねば!!
    ちなみに値段について。400ドル代というのは時期にもよる。これはオンシーズン、オフシーズンというだけでなく、サンチアゴからの唯一のフライトであるランチリ航空が突発的に打ち出す「プロモーション価格」による。僕らが買ったときにビーニャ・デル・マルのランチリオフィスで買った人は634ドルで、ネットでチェックしたら3%オフキャンペーンをしていた。つまり625ドル。後に聞いた話で6月にネットで500ドルを切っていたらしい。但し、これらのプロモーションはランチリホームページのスペイン語ページのみである。

    サンチアゴ→イースター島→??
    5月2日濃霧。
    サンチアゴで大量の食料(ワイン、ビール、野菜、米、パスタ、缶詰など)を抱え、空港に着いた。それにしても昨夜の準備は楽しかった。三日間かけて揃えた食料をみんなで、「海パンいるかな?誰がどの野菜持つ??」とワイワイ言いながら仕分けした。みんな長期旅行者で旅の刺激には慣れているはずだが、すっかりはしゃいでいた。まるで小学校の遠足の前日。イースター島には童心に返らせる何かがあるのかも。
    フライトは出発が遅れ、まだボーディングが始まらない。確かにすごい霧で、隣りのゲートの飛行機が見えない。晴れたら飛ぶだろうとあまり気にならなかった。結局2時間遅れで飛んだ。霧を抜け出すと、窓からアンデス山脈が!分厚い雲にはまったく隙間無く、雲海というよりも、まるで雪原。振ったばかりのパウダースノーのよう。そこから、頭を出しているアンデスの山々。女性陣が「高~い!雪かぶってる。きれ~い!」とこれまた修学旅行ノリ。(ちなみに皆、年単位の旅人)なお、サンチアゴ→イースター島は左側の窓際が良い。
    サンチアゴ国際空港 雪原のような雲海 雲海から覗くアンデス

    そして飛行機はイースター島に到着。……するはずが、ここで一波瀾。
    機長から何か知らせがスペイン語であり、周りの乗客がどよめいた。何やろ?と思ってたら、なんと飛行機が旋回。Uターンしてしまった。フライトアテンダントに訪ねると、「10年に一度の大嵐」があったらしく、今日は着陸できないらしい。

    ま~じ~で~!!???

    ヤケになって呑みまくる乗客。うちらも呑みまくる。

    そして、飛行機は無情にもマジでサンチアゴ国際空港に到着。しかし、そこはさすがのランチリ航空。用意された大型バスで向かった無料ホテルは、なんとシェラトン。チェックイン待ちの間、バックパッカーの我ら8人はロビーの辺りをキョロキョロ。周りを見ても白人パッカーもキョどってる。その夜はシェラトンのブッフェを楽しんだ後、部屋でワインを飲んだ。そのワインはルームサービス。…ではなく、近所のスーパーへ買いだしに行って持ち込んだという事実は、五つ星ホテルでも忘れないバックパッカー魂というべきものである。(なんのこっちゃ!?
    シェラトンのシャワー シェラトンベッドの難波江夫婦 シェラトン灰皿
    シェラトンプール シェラトンディナー 部屋で宴会


    再びイースター島へ

    朝食まで食べ、2日連続で空港へ。一日遅れたにも関わらず、バスの乗客は満足顔。皆、シェラトンの熱々風呂を満喫したんかな?
    今回は天気も良く、定刻で出発した。ここで忘れてはならないのがミウラさん。サンチアゴの旅行会社の人で、お客がいたからシェラトンまでかけつけ、事情を説明。うちらはネットで買ったけど、こんなアフターケアがしっかりしている旅行会社ならプラスαを支払う価値あり。そこで買ってないうちらにも、現状を説明してくれた。海外で日本人駐在の会社でチケットを買うことのメリットを感じた。(ANDES NIPPON TOURIST←歩き方にも載っている)
    2度目の飛行機も同じ席で、今度のアンデスは雲も少なく、よりくっきり見えた。機内食も2度目の方がグレードアップされ、フライトアテンダントもご機嫌。到着時には乗客、客室乗務員の両方から拍手が起こった。

    タラップから降りると、風が顔に当たった。ものすごく気持ちが良い。空を見ても景色を見ても、今まで味わったことのないような不思議な感覚だった。まるで異次元のファンタジー世界に来てしまったような感じというか…。
    これがイースター島か。
    タラップから降りてくるタテちゃんにカメラを向けた。先に降りてきた僕らに向かって、まるで有名人のように手を振っている。どうやら、タテちゃんもここの雰囲気にやられているようだ。僕達は全員、この瞬間からイースター島が好きになっていた。
    イースター島へ着陸 イースターの空 タテちゃん降り立つ!

    空港には各ホテルのカウンターがあって、僕らが泊まろうと思っていた宿「キャンピングサイト・ミヒノア」のオーナーのロジェも迎えに来ていた。この宿は普通の部屋もあるが、キャンプ場でのテント泊もしていて、テント、寝袋、エアーマットのレンタル込みで7ドル。キッチンもかなり充実している。物価の高いイースターの中でこの値段は破格である。
    ミヒノアの看板 テント設営中 難波江家と立川家完成!


    マグロ
    オーナーのピックアップトラックで宿について、荷物を降ろしたとたんに降ったきた大雨の中、共同スペースでくつろぐ。雨が上がり、テントを張った後、オーナーが急に「あれはマグロ漁船だ!急げ!!」と叫んだ。マグロを食べるのをイースター島の目的の一つであった僕らは、敏感に反応、一目散に港まで猛ダッシュ!!
    港までは走って1分の距離にあるので一番に到着した。そこにいたのはなんと14kgのマグロ。しかし、シェアするのは5人。
    『食べきれるだろうか??』
    と悩んでると、遅れてきたホテルの料理人らしき人が。
    売り手も強気になるし、うちらも取られちゃいかんと、奮発。

    14kgを購入!98ドル!!(kg@3500ペソ)

    というわけで、イースター島での一週間、毎日マグロ三昧。オーナーが解体してくれたそばから食べた「中おち」「トロ」を始め、食卓に上がるのは毎日マグロ。
    これが、結果大正解!
    食料を買い込んだとはいえ、野菜と米そしてパスタ、調味料。メインがないし、肉は島ではめちゃ高い。5月からマグロのシーズンらしいけど、結局マグロを見かけたのは
    一週間の滞在でこの日だけだった。
    マグロ交渉中 14キロのマグロ グレッグ(宿の犬)も喜ぶ!
    マグロ解体 手早くさばくオーナー 中おち、トロをつまみぐい☆

    以下一週間で食べたメニュー。赤ワインが非常に合います。
    ・マグロ刺身
    ・マグロと玉葱のマヨネーズ和え
    ・マグロステーキ
    ・マグロ竜田揚げ
    ・マグロ竜田揚げカレー風味
    ・マグロ竜田揚げ甘酢かけ
    ・マグロ入りトマトソースパスタ
    ・マグロのカルパッチョ
    ・マグロチャーハン
    ・マグロ茶漬け
    ・マグロカレー
    後半になればなるほど、チャレンジメニューになっていった。
    特に最後の3品は日本ではまず作らないだろう(笑)。
    もう、しばらくマグロはいりません。
    マグロステーキ 竜田揚げ 甘酢かけ
    マグロチャーハンとマグロカルパッチョ マグロ茶漬け マグロカレーと刺身


    モアイ
    イースター島といえば、やっぱりモアイ!!
    一日目はマグロにかかりっきりになってしまったんで、モアイは見に行かず(笑)それでも、もちろんその次の日にはモアイを見に宿に手配してもらったレンタカーで島を一周した。
    2日前に10年に一度の大嵐があったばかりなので、心配していた天気。でもこの日はいい天気だった。レンタカーはダイハツの4人乗り四駆。夕日と翌日の朝日を見に行くために、10時半から24時間借りた。

    島を時計回りで一周して、まずは南から。なれない左ハンドルでのミッション。スタートして10分くらいしてからサイドブレーキひきっぱなしだったことに気付く(笑)
    最初に見つけた台座らしきところで車を止めて見に行くが、モアイは見あたらない。ここは台座だけかと思って去ろうとしたら、ふと見た巨石の脇に小さな穴が。なぜか持っていた懐中電灯を手に、なんとか穴に入ってみると、

    ありました~!モアイの顔が!!

    これは倒れてるモアイだったのだ。でかい!

    そこからそらに車を進めると、段々と慣れてきて、モアイが見つかる見つかる。マイナーなモアイにはあんまりサインとかなくて、(有名ところは標識が出てる)それを見つけるのも、まるで探検のようで面白い。周りは絵に描いたようにきれいな緑の丘や、ひたすらひろがる草原に囲まれていて、モアイも良いが自然もそれに輪をかけて素晴らしい。いや、相乗効果か。
    倒れてたモアイ 緑の丘 レンタルした車

    昼頃、モアイの切り出し場に到着。もうまるでグラディウスの世界。ガイドブックとかには「ここには顔だけのモアイもである」←他のモアイには手足や体がある。
    とあったけど、逆にうちらファミコン世代のモアイはこれなんよねぇ。ここには正座をするモアイ、ものすごい巨大なモアイもあった。これは作ったはいいけど、起こせなかったのだろう。ちなみにモアイはここで作られ、歩いていったらしい。
    ここで雨が降り出しそうだったので、とりあえず車の近くに戻りランチ。昨日の残りのマグロ醤油マヨとご飯とワイン。ここは島だから飲酒運転もご勘弁ということで(法律ではどうか知らないから、お気をつけて!)。そして、何よりイースター島の空気を含んだ風を浴びながら、モアイ切り出し場のふもとで食べるご飯。
    もう最高!
    切り出し場2 切り出し場1 切り出し場でランチ

    昼食後向かったのは、そこからすぐにある島最多15体のモアイが立ち並ぶアフ・トンガリキ。四国の高松のクレーンメーカーが起こしたらしい。日本ってホント、国際貢献してると思う。世界中でその貢献を目にする。なのになぜか、日本人はそれにあまり気付いていない。まるで、日本は世界で最も国際的に貢献してない国のように思っているかのように。このときはえらい雨が降ってきて、モアイを見ながら車で雨宿り。ここには朝日を見に翌日また戻ってきた。
    なお、下の写真左で15体のモアイの手前いるモアイは大阪万博に出張したものらしい。
    アフ・トンガリキ1 アフ・トンガリキ2 アフ・トンガリキ3

    その他、白い砂浜にふんどし、帽子をつけて立つモアイ。
    ふんどしモアイ

    口が開いたモアイ。
    口が開いたモアイ

    直径約1mの磁石が狂う丸い石(パワーストーン)。
    パワーストーン

    海を見つめて立つ7体のモアイ。外敵から守る。(他のモアイは村を守るために陸を見ている)
    ここで夕日を見た。
    7体のモアイ

    他にも数多くのモアイ(島には約900体のモアイがいる)がいるが、もう後半は細かいモアイは無視した。とにかく、こんなな感じで一応半日で島一周して主要なモアイは見れた。モアイは想像以上にでかかった!
    朝日をバックにしたモアイも良かったし、夕日はほぼ毎日見に行った。
    朝日1 朝日2 夕日

    でも個人的にはこの島一周でモアイ以上に魅力を感じたものがあった。
    それは…

    イースター島の自然
    虹 花 休火山の火口
    近所のモアイ前の草原 宿の前で風を感じながら 宿の近くの波止場で釣り

    常に肌に感じる、イースター島の風を受けながら感じた、
    これらの自然がイースター島で一番僕を魅了したものかもしれない。


    そして何よりも、ここに不思議な縁で集った、メンバーが良かったから最高の一週間になったことは言うまでもない。

    イースター島のメンバー オーナーとメグ 最愛の妻とモアイ前で


    ※1ドル=500ペソ
     1ペソ=約0.238円
    (あきら)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!




    スポンサーサイト
    【2006/09/03 05:50】 チリ | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)

    夫婦パッカーとの再再会!~イースター島 準備編~(ビーニャデルマル&サンチアゴ)
    4月23日晴れ
    〝Pullman Bus〟のバスを予約して、念願の一番前の席ゲット!!セミカマ(カマ←セミカマ←ノーマルというランク)の座席は二階にあって、一番前は前全体がガラス窓。いつかは座ってみたいって思ってた。実際に座ってみて思った事は、意外にコワいって…。特に今回は運転が荒くて、何度前の車にぶつかりそうになったか…。
    〝Pullman Bus〟は車体が新しいバスが多く快適なので、これからのチリでの移動によく利用しました。学割が使える時もあるので要チェック!
    一番前の席から 一番前の席からの景色



    〝汐見荘〟で初自炊滞在
    ビーニャデルマルには有名な日本人宿〝汐見荘〟(ドミ6$ 住所:BAQUEDANO 319)がある。近くには魚市場もあって長期滞在する人も多い。楽しみな宿だ。
    汐見荘前にて 部屋 汐見荘の近所


    ここ汐見荘では、ある意味、日本を出てから初めての自炊。

    ここには料理人タテちゃんはいない…。

    待てよ…。最後に一人で料理したのはいつの日~??

    籍は入れてきたものの、結婚生活の経験のない私たち。まわりの人たちが〝お料理教室なる所〟へせっせと通ってる時も、「まだ関係ないも~ん。」って顔してた。

    こんな所で必要になるなんて…。

    ちょびっと後悔…。

    ……。


    今更、「料理得意なの~!」ってちょっとした嘘をつく事もできないし、
    ここは正直に生きておこう(ごめんね、あきら)

    ご飯をよそおう、あきら 肉じゃがをよそおう私 こう見ると質素?

    汐見荘から下へ降った港の魚市場へ、同じ宿のエミさんと三人で買出しに出かけた。
    時間が遅かったせいか、店は何件かしか開いてなかったけど、道端のおじさんからイカを買い、中の市場でカニや貝など買い込む。どの店もだいたい同じものが並んでたけど、売ってる人が個性的でおもしろかった。
    サービス満点の主人 エビ売り夫婦 海の幸の食卓


    そして再び再会
    パソコンが繋げるネット屋も見つけて、せっせと通う。予定にはなかったイースター島の飛行機の予約、そして遅れてるブログの更新など、やらなくちゃいけない事はたくさん。

    そしたら発見っ!!

    mixiでタテちゃんの日記を見てたら、5月2日にイースター島ってある。ついさっき予約した私たちのイースター島へのチケットも同じ5月2日!

    「今度会うのは愛媛(タテちゃん&ヒロの家と私の実家)だね~。それまで元気で!」なんて話してたのはグァテマラのフローレス島でのこと。そんなだいぶ先(一年半以上)での再会が来月!?それどころか、もし二人もサンチアゴのペンション内藤へ来るとしたら、数日後には会える。このペンション内藤ではイースター島への買出しとかの準備で、2泊くらいする予定の宿。イースター島へ向かう人たちの多くが泊まってる。
    29日、汐見荘のオーナーとどこか気高い風貌のシマ(汐見荘のネコ←写真を撮りまくった)に見送られ、サンチアゴへ向かう。
    シマ じゃれるシマ 何気に見送ってくれてるシマ

    この時もPullman Bus(一人1900ペソ)利用。車内には温度計もあって、一定の温度に保たれてる。相変わらず、快適快適♪


    ペンション内藤(ドミ6ドル 住所:Baron Pierre de Coubertin 37)の玄関のベルは本当に小さかった。汐見荘で知り合ったコウちゃん(同じく、同じ日にイースターへ行く!)から、ベルの所在地を詳しく聞いてた私たち、その「ドアの右上の方にちょっこっと何か出てるなあ~ってくらい。ほんとちょっこっとついてる。」という説明は大げさではなかったと納得。
    ペンション内藤 部屋 都会のサンチアゴ


    ペンション内藤はイースター島にこれから行く&戻ってきた人たちであふれていた。そして私たちが到着したその日に、タテちゃん&ヒロも到着!!メキシコのカンクンで出会い、イスラ(←島という意味)・ムヘーレス、そしてグァテマラのフローレス、さらにイースター

    ん…?何かがつながってる。

    …島、島?島だ~!(←そこまで強調して言うほどでもないけど)

    今(このブログをアップしてる現在地モロッコにて)思うと、すべては島つながり。帰国して会うであろう愛媛も四国という島(←無理やり)と言えないでもない。

    ここサンチアゴでもタテちゃんの料理にお世話になり、そしてコウちゃんの手作りうどんも堪能した。イースター島で宿泊予定のキャンプ地は自炊設備が充実しているとのこと。イースター島行きへの楽しみがますます増えていく私たちだった。
    食卓 料理するタテちゃん 美味しそう!
    食事風景 うどん作り 出来上がり!


    ~イースター島の食料の買出しで行った市場のある風景~
    店番してる(かのような)にゃんこ

    ※1ドル=500ペソ
     1ペソ=約0.238円
    (メグ)

    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!









    【2006/08/06 06:11】 チリ | TRACKBACK(0) | COMMENT(9)

    ウニ!ウニ!!(プエルトモント)
    4月20日晴れ。
    絶景の国境越え!?
    前回の移動同様、バリローチェからの国境越えは景色が良いと、某ガイドブックにも載っていたため、期待してバスに乗り込む。しかも今回は天気も最高!
    だが、実際見てみると絶景??というのが正直な感想。確かに植物の変化や、早めの雪が見れたりと比較的良いのは良いのだが、ガイドブックで絶賛されているほどではなく、まぁそれなりであった。何事も期待しすぎは良くないのか?個人的にはこの国境は本来のルートを変えてまでくる価値は見出せなかった。それとも長旅の影響で良い景色に慣れてきてしまっているのか?ともあれ、この旅9ヶ国目のチリに無事入国した。
    余談だが、この国境越えでバスの中にサンドイッチを後から食べようと置いていたら、国境手続きの後戻ってみると、没収されていた。チリにはハム類は持ち込めないようだ。

    国境越え1 国境越え2 国境越え3


    プエルトモントでホームステイ気分
    プエルトモントのバスターミナルに着いて早々まるで魔女のような面構えをしたセニョーラが宿の客引きに来ていた。特にこれといった宿を決めていなかった僕らはとりあえずついて行く事にした。「すぐすぐ」と行っていた割にはいきなり長めの坂を上り、「チョイ見」のつもりでついて行ったものの、次の宿にまで行く元気がなくなってきた頃、その宿に到着。民宿というか、普通の家で、部屋もなかなかかわいい。朝食も家族が使っているダイニングで取るようだ。セニョーラはスペイン語しか使えないし、グアテマラでのホームステイを思い出す。価格も安く交渉できたし、ネコも可愛かったので、ここに決定!(Hospedaje Del Valle W7000ペソ。行き方;バスターミナルにペラペラの名刺を持ったセニョーラに着いて行く。徒歩15分。他の宿から遠いのでバスターミナルの時点で交渉した方が良い。)
    夜はバスターミナル前のスーパーで買ってきた安くておいしいチリワインで乾杯!

     Del Valle外観 Del Valle 部屋 宿のネコ


    ウニ!ウニ!!
    ここプエルトモントは欧米の旅行者にとっては知名度は低く、どちらかというと、すぐそこのチロエ島への中継地点といった感じ。だが、我々日本人バックパッカーにとってはウニが安く大量に食べられるということで、超有名!!(一部では)
    近くにあるというアンヘルモ漁港まで二日目の夜に向かった。しかし、近いという割りにはなかなか着かない。しかし中南米でのポジョ(西語で鳥のこと)での毎日も手伝って、ウニへの執着心が足を動かす。20分ほど歩きようやくそれらしき、屋台群に着くも、ウニらしきものは見当たらない。さらに10分ほど歩き、ついに魚市場らしきところへ到着!中へ入るといたる店から「ウニ!ウニ!!」と日本語で激しい呼び込み!!!かなりの日本人パッカーの来訪があったに違いない。一周しても、どこからも「ウニ!ウニ!!」攻勢を浴び、ゆっくり店選びが出来ない。そもそも、来る時間が遅かったせいか、どこの店も客が入っていないから、どこが味が良いのか分からない。とりあえず、勘で適当な店に入り、「ウニサラダ」とアンヘルモ名物の「クラント(魚介類のごった煮)」を注文した。もちろん、ウニ用に先だって「キッコーマン」の醤油を近くのスーパーでゲットしていたことは言うまでもない。そして、すぐに出てきたウニは予想以上の量。そして食べてみると見た目以上に多かった。ここには4人以上で来るのをオススメします。味は、北海道のよりは劣るけども、回転寿司で食べるのよりは美味しいといったレベル。でも、この量と「ウニ!ウニ!!」のおばちゃんパワーを味わいに来ましょう!

    ウニ  クラント


    インターネット情報
    ウニくらいしかここにはブログのネタがなかったので、もう一つ。プエルトモントでなかなか日本語の出来るネット屋が見つからなく、かつパソコンを持っているあなたへ。
    日本語の出来るネットは何件かあたってみたが、見付からなかった。しかし、自分のラックトップを繋がせてくれるところを発見!しかもここは一つ一つがまるで個室のようになっていて、作業環境もバツグン!価格は忘れたけど、プエルトモントの中では安かったはず。場所はバスターミナルの近くの商店街の中です。写真と住所を参考に探してみてみてください。
    補足:少し離れた町中のマクドナルドの中なら無線ラン(けっこうたくさんの)がひろえます。

    ネット屋  チキン




    ※1ドル=500ペソ
     1ペソ=約0.238円
    (あきら)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!







    【2006/08/05 05:23】 チリ | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。