世界一周~バックパッカーズハネムーン~
新婚旅行で海外世界一周!旦那はバックパッカーだが、嫁はバックパッカー経験0。2005年9月20日から約2年かけて地球を東回りに一周します。 東アジア→北米→中南米→ヨーロッパ→アフリカ→中東→南アジア


PROFILE
あきら&メグ
  • Author:あきら&メグ
  • mixi:あきら@世界一周&メグメグ
    2005年9月20日より世界一周ハネムーンに出発!豪華な旅は出来ないが、心は豊かにを目指します。まずは新鑑真号で上海へ。。。タイに向かい、タイをスタートに地球を東回りで一周。
    写真はメキシコ、カンクン沖の島、イスラ・ムヘーレスの夕日。本人出演。
    二人ともタイマッサージの総本山ワットポーで資格を取得。タイマッサージセラピストです。

    ☆携帯版URL☆
    http://aroundtheworld.
    blog17.fc2.com/?m


    ☆旅の軌跡☆↓クリックすると地図が出てきます。
    世界一周準備編(東アジア)
    世界一周スタート!(北米編)
    いよいよ突入!(中南米編)
    高いぞ!ユーロ!!(ヨーロッパ編)←現在地
    ちょっとだけ!?(アフリカ編)

    今は…2008年10月20に帰国!!!大阪の新居に移り、
    社会復帰へ向け勉強の毎日です


    <バックパッカー部門>



  • RSS


  • CALENDER
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    RECENT ENTRIES
  • シリアビザ延長(ハマその2)(09/27)
  • ラピュタの城(のモデルかもしれない)ツアー(ハマその1) (09/24)
  • アレッポ石鹸にかける情熱(アレッポ)(09/21)
  • 不思議な地形の町(カッパドキア)(09/16)
  • トルコでホームステイ!?(セルチュク)(09/12)


  • RECENT COMMENTS
  • takro(12/14)
  • chieko(09/23)
  • あきら(09/23)
  • chieko(09/22)
  • あきら(06/26)
  • みちか(06/22)
  • あきら(05/05)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!:本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!(07/23)
  • 芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!:芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!(07/23)
  • 首都の旅:ブダペストについて(02/05)
  • 国内旅行・海外旅行の豆知識:ビジネスホテルとは(12/14)
  • 外国.ネット-Gaikoku.net-:新婚旅行。旅人。世界一周(03/04)


  • ARCHIVES
  • 2007年09月 (7)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (1)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (10)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (3)


  • CATEGORY
  • ヨルダン (0)
  • 未分類 (0)
  • 日記 (1)
  • 世界一周の準備 (3)
  • 旅日記 (1)
  • 中国 (15)
  • お知らせ (4)
  • ベトナム (5)
  • カンボジア (2)
  • タイ (3)
  • アメリカ (3)
  • メキシコ (9)
  • グアテマラ (4)
  • アルゼンチン (4)
  • チリ (3)
  • ペルー (5)
  • ボリビア (3)
  • スペイン (2)
  • モロッコ (6)
  • ハンガリー (3)
  • チェコ (2)
  • オーストリア (1)
  • ブルガリア (1)
  • トルコ (3)
  • シリア (3)


  • LINKS
  • タイ古式マッサージ「ヌアットタイ」 ←大阪堀江のマッサージサロン。くつろげます。
  • 大阪のテニスサークル「ZIPPY」(相互リンク) ←堺市中心に活動。
  • 世界一周☆地球日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • [TABI CAFE]世界放浪フウフ(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • 世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • Around The World(相互リンク) ←カンクンで出会った「夫婦パッカー」。mixiやってる方は検索してみてください。
  • グアテマラ、アンティグアの日本人宿「ペンション田代」(相互リンク) ←中米グァテマラでお世話になりました。
  • [gurecat world tour last fly^w^/ぐれねこ地図](相互リンク) ←ブエノスアイレスで出会った、旅行地図職人。すごい人(猫)です。
  • ★☆ビアテイスターなお☆★の夢のダイニングバー開店までの道2(相互リンク) ←バルセロナで出会った新婚パッカー。世界のビール特集あり。
  • オーストラリア YEEEEEW!!!(相互リンク) ←ワーホリ中。fc2rankingで知り合いました。
  • かぜのむくまま きのむくまま
  • 続けいの無銭旅行記


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    塩の湖と塩のホテル(ウユニ)
    6月26~27日
    ウユニ
    ラパスからの夜行バスは、エル・アルト(古着市)で購入したダウンジャケットのおかげで、覚悟していたほど寒さに震えなかった。ただ、ズボン下(ももひき)に靴下二枚重ね、ダウンジャケットの下には服4枚と、完全防備をして調度良いくらいやったから、バス内の気温は相当低かったと思う。世界中を周っている人の多くが、「この区間が最も寒かった」と言っていたくらいである。

    早朝、ウユニに着くと、さまざまな旅行代理店の呼び込みが出迎えてくれた。その中に、目当ての「PLAYA BLANKA」も来ていた。ウユニ塩湖周辺には「塩のホテル」がいくつか点在する。そしてここは、「ウユニ塩湖内の塩のホテル、Hotel Blanka」を扱う唯一の代理店なのだ。色々と悪評も聞いたのだけれども…
    ラパスの情報ノートで見て知っていたので、もともとPLAYA BLANKAに行くつもりだったけど、呼び込みが来ていたのはこれ幸い。まるで他の代理店に行くかのような態度をすることで値切ることに成功した。(1泊2日ツアー言い値25ドル→15ドルへ)

    塩湖ツアー
    そもそもウユニ塩湖とはなにか?南米未体験の人の中ではあまりなじみのない名前だと思うが、マチュピチュや、イースター島などの横綱級の見所を除けば、南米最高級の景勝地といっても差し支えないところだと思う(少なくとも僕は)。
    なぜ、そんな所が出来たかはネットで検索してもらえば簡単に分かるので、ここでは割愛するが、そこに行くにはウユニの町からツアーに参加するのが一般的である。
    PLAYA BLANKAツアーについてのあまりよくない事例を各地の情報ノートで見てきた。それは実際にどうだったのか??僕達の実例で検証してみる。

    まず、時間について。ルーズだいう噂であったので、契約時に再三にわたって確認。
    そして朝10時集合。
    こない…。
    11時くらいに代理店のおばちゃんを探しに行く。
    いない…(涙)。
    噂は本当だった。まぁボリビア時間ということで。

    そして、食事。どのツアーでも三食付いてくるのだが、他のツアーの方は見ていてめっちゃ旨そうだった。僕らのは、まぁ、食えないことはなかった。

    ツアー内容について。これははっきりいって、どこの旅行代理店を利用しても大差はない。塩湖内のいくつかの名所を周り、ホテル&食事(昼、夜、朝)は込み。
    塩で出来たホテルも3つある。ただし、塩湖内の塩で出来たホテルに泊まれるツアー会社はここだけ(他の所でそれを頼んだら、料金上乗せの上、結局PLAYA BRANKAの車に回される)。塩湖内に泊まりたかったら、ここしかないのだ。ただ、3泊4日でチリにそのまま抜ける人は塩のホテルだけ泊まって、後は他のツアーを利用したほうがいい。日が経つにつれ、さらに食事の内容が悪くなっていくし、ドライバーとのトラブルもそちらのほうでは聞くからだ。でも、1泊2日の方では特に問題はなかった。

    塩のホテル
    結局どのツアーでもいえるだろうが、大事なのは同行者。僕らと、マチュピチュにも一緒に行ったマリちゃん。それにボリビア人女性が2人。彼女らの名前はユミちゃんとナオミちゃん。サンタクルスに住んでいて、日系2世らしい。サンタクルスには戦後新天地を夢見て移住してきた日本人たちのコミュニティがあり(ボリビアに来るまではブラジルだけだと思っていたが、南米にはそんな所がいくつかある)、彼女らはその子供なのだ。アメリカンスクールに通っていたという2人は英語もペラペラ。クラスメイトには金持ちのインド人や、アフリカ人たちもいたという、今まで出会ったことのないタイプの2人だった。こんな人たちに出会えるのも旅ならではだろう。
    プラヤブランカツアー  僕らの乗ったランクル

    心配だったドライバーもいい人そうで一安心。
    まず、塩精製所に着いたが、塩の山よりも、土産物屋が買っているリャマの子供にみんな釘付けだった。ただ、写真を撮ったらチップを要求されたけど…
    ドライバーのおっちゃん 精製所のおばちゃん 土産物屋よりも稼ぐリャマ

    そして到着した、塩のホテル。広大な塩湖の中にぽつんとそれだけがある!まるで精神と時の間(ドラゴンボール)のように周りは真っ白ですさまじく完全に静寂の世界。
    感動したのも束の間、あまりにも何もなさすぎて、すぐにヒマになり、遠近法を使った写真で遊んだ。周りにいた外人(他のホテルに泊まる人も昼はここに寄る)からの視線もなんのその。真っ白な背景だけに、人物画が映えた。
    ホテル・ブランカ ウユニ塩湖1 ウユニ塩湖2
    遠近法1 遠近法2 塩湖と影

    そして空中浮遊。←これは同じ夫婦パッカーのタテちゃんが元ネタ。(HP:Around The World
    空中浮遊1 空中浮遊2 空中浮遊3

    色々遊んでいる間、常についてきた、ホテルの管理人の子供。最初はおとなしかったが、慣れてくるにつれ、悪ガキぶりを発揮。一回ガツンと叱ってやると、ゴミを捨ててくれたりして可愛くなった。今までよほど観光客に甘やかされて育ってきたのだろう。飴をあげたが、「Gracias」(ありがとう)と言わせるのが大変だった。こんな周りが真っ白な世界で親と二人。しかも親は毎日ホテルの仕事で忙しい。友達も出来ない環境で、みため4歳くらいなのに、言葉がほとんど喋れない。少し可哀想だった。
    ホテルの子供1  ホテルの子供2

    そして待ちに待った夕日(写真左は待っている図)。
    夕日待ち メグに後光が!! あきらとメグと夕日
    夕日1 夕日2 夕日3



    沈むと急速に寒くなった。

    5人で囲んだ、その晩の夕食は楽しかったが、町でビールしか買ってこなかったことを後悔した。とんでもなく寒いのだ。昼間は厚着していると汗ばむくらいだったが、時間が経つにつれすごく冷え込む。まさに芯から冷えるとはこのことだと思った。体が暖まるラムかブランデーを持ってくるべきだった。
    朝日に備え早めに布団に入る。持ってきた寝袋カバーに毛布を詰め込んで、厚着して寝たが、寒さでなかなか眠れなかった。
    塩のホテルの晩餐  塩の部屋



    翌日、朝6時前に目覚ましをセットしていたが、寒さでそれよりも前に目が覚めた。目覚ましが鳴っても、寒くて布団から出る気がしなかったが、ウユニの朝日を見るためになんとか気合を入れてベッドから飛び出した。二人(メグとマリちゃん)を起こす(というか布団から引っ張り出す)のが大変だった。
    外に出ると、満天の星空。6時20分くらいから東の空が白み出し、星とのセットが素晴らしい!でもさっぶい~!!!
    それから朝日が出てくるのに一時間くらいかかったが、今までの朝日待ちの中で、もっとも時間が経つのが遅く感じた。それでも起きた甲斐はあったし、これを見るにはこの寒い塩のホテルに泊まるしかないので、みんなもチェレンジして欲しい。
    日の出前 朝日1 朝日2
    朝日3 外で震えて待つ 寒いから中で待つ
    朝日4 朝日5 朝日観賞成功

    そして、記念に塩をペットボトルに詰め、ホテルを後にした。
    塩採集1 塩採集2 みんなとホテル・ブランカで

    その後は、サボテンが立ち並ぶ魚島や、塩の山、ミイラが居るところなどを見たが、あまり印象的な事件もなかったので写真は割愛しておく。ただ例によってまたドライバーが迎えに来るのが遅れたため、ボリビア人二人が、電車の時間があるので、ドライバーとバトッた上に、あとのツアーを破棄したタクシーを呼んでいた。このツアーを利用するには時間に余裕を持たせ、ウユニの町で一泊するつもりで行った方がいい。

    町に戻った僕らはPLAYA BLANKA目の前の「Hotel Avenda」(トリプル60ボリ、住所:Ferroviaria Avenue No11)に泊まった。ツアーはたった2日だったが、ものすごく久しぶりに暖かいベッドに寝た気分になった。
    ホテルアベンダ


    ※1ドル=8ボリ
     1ボリ=約14.3円
    (あきら)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!




    スポンサーサイト
    【2006/10/08 06:40】 ボリビア | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    皮膚科に歯医者、美容室、そしてお買い物(ラパス)
    6月14~25日
    14日の13時半にコパカバーナを出てラパスへ向かった。

    途中、湖で降ろされ船で渡る。
    バスも別の船(?)で渡る。そのままバスに隠れて乗り込んでればタダで渡れるらしい。
    船着場  バスも渡る  乗客&バス

    ラパスでの宿のAlojamiento Santa Cluz(ドミ20ボリ。シャワーはあるけど超ぬるくて冬はムリ。でも近くのサウナに2,3日に一回行けば十分!)は坂の途中にあって、しかも4階。高地で息切れしながらたどり着いた私たちを陽気なセニョーラが出迎えてくれた。
    ラパス  宿の近く  部屋
     

    18日、ペルーのプーノから計画してた通り、ここラパスで日本VSクロアチア戦を宿で観る。
    日本戦を観る
    結果は0-0の引き分け…。


    気分が晴れないまま、お昼からエルアルトの古着市へ。
    この市場では寒いウユニへ行くのにダウンが必要なので購入した。私の白い長めのダウンは75ボリから51ボリへと値段交渉。
    あと1ボリがんばれなかったのがちょっと悔しい…。
    あきらにもそう言われて、自分は気の弱い日本人だと自覚した。
    それでも、日本でも普段、着れそうな物だったので満足かな(寒い所を過ぎたら捨てるけど)。


    買い物が済んでから、市場の近くでルチャ(プロレス)を観る。プロレスというよりコント。悪役が後ろからせまってくると、観客席から「来てる!来てるよ!」という声が。

    わ~!〝8時だよ全員集合!〟の志村けんの幽霊コントみたい~。

    悪役に見方するありがちな設定の審判。善玉は最初、やられっぱなしだけど最後には必ず勝つ。水戸黄門とか暴れん坊将軍などの時代劇を思い出した。
    観客席では、おばちゃん大興奮。子供たちと一緒に悪役にミカンを投げつけ、ヤジをとばし、やりたい放題。休憩時間になると、早速、子供たちが技をかけ合ってる。リングに上がってる子もいるよ。床のいたる所で戦ってる子供たち。みんな夢中だ。


    会場を出ると、下にはラパスのキレイな夜景が広がっていた。
    なかなか充実した一日だった。
    市場はスリが多く、カメラは宿に置いてきたので写真がないのが残念…。



    病院&美容院に行く
    クスコのマチュピチュあたりから増えてきた虫刺され。

    「とうとうダニ&ノミにやられたか…!?」

    と嘆きながらも今まで放っておいたせいか、今では全身へ広がっている。直径3センチくらいに腫上がってるのもあって、変な病気にかかってるみたい。それを人に見せては「どう?どう!?」って言ってたけど、

    こんなんじゃ人様の前で水着になれない…。

    と心配になってきたので、病院へ行くことにした。
    診察の結果はアレルギー性皮膚炎。医師はいろいろ話してくれたけど、スペイン語での説明はなかなか理解しにくくて、蚊に刺されてアレルギーを起こしてるということしか分からなかった。それでも、一生懸命、時間をかけて説明してくれた医師。その心遣いが嬉しかった。


    皮膚科の次は歯医者へ。これまた同じ時期から痛み出した歯の治療のため。
    サンタクルスの情報ノートに日本語の通じる歯科医院が書いてあったので、コレクティーボで40分かけて行く。その歯科医院は高級住宅地の中にあった。

    医師がかなり日本語を話せたのにはびっくり!徳島大学で学び、今年の一月には大分の湯布院へ旅行しに行ったりと、かなりの日本通。客層はどこかハイソな感じで、〝旅してます仕様〟で来てしまった自分がちょっと恥ずかしい…。

    一緒に来てたあきらは暇なので、近所を散策。そしたらお隣りに美容院があって、値段も安かったのでカットしてもらうことに。
    オレンジや赤のソファがあってなかなかオシャレな、その名も〝一男(カズオ)〟サロン。カットしてくれる彼の名前だ。彼のお父さんが日本人らしい。でも彼は日本語は全く話せない。
    外見はKABAちゃんそっくり!ブラジルで修行してたという腕前はなかなかなものだった。次の日は私もカットしに行った。指が通らないくらい痛んでる髪に、久しぶりのカット&ブロー。前髪を短くカットされた時にはあせったけど、ブローしたらとっても良い感じ♪♪

    …そうブローしたら。


    旅の途中なのをすっかり忘れてた。ドライヤーなんてもう何ヶ月も使ってないよ。ってか持ってない。

    その素敵な髪型はその日一日で終わった…。
    カット  ブロー  仕上がり


    お買い物
    ボリビアはアルパカ製品で有名(旅して初めて知ったけど)。日本ではン万円する純アルパカのセーターが、ここでは安く買える。
    お土産も含めて、セーターや手袋、マフラーとけっこう買ってしまった。
    アルパカではないけどシビラ風の帽子とマフラーも購入。お花がついててカワイイ~。二日間通って、色違いでいろいろと組み合わせ、帽子は白、マフラーはグリーンに決定!

    今思うと、はたして日本で着けれるのか不安…。

    ちとメルヘンしすぎ?かもよ…。
    お店通り  指人形売りのおばちゃんと メルヘンなマフラー

    22日、大袋5つ分の荷物を郵便局へ持ち込んで日本へ送った。重さ10.8キロの荷物を係りのおばちゃんが二人がかりで一つの袋に詰め込む姿はなかなか見ものだった。どう見ても入らないだろうという予想は見事に消し去られ、おばちゃんたちも満足な仕上げとばかりの笑顔。彼女達はプロだった。送料は673ボリ。



    ラパスを二度(←気持ち的に)去る
    そして夕方、宿を去る時が来た。皆との別れを惜しんで、マリちゃんと三人でウユニ行きのバスターミナルへ向かった。

    ところが…。

    一つのバス会社では満席。他のバス会社ではちょうど今、出発したところだった。
    宿に引き返すと、みんな普通に「おかえり~」って出迎えてくれた。
    まるで、ただ普通に家に帰ったみたいな。

    とりあえず、今日の出発でギリギリ行ける予定だったイグアスの滝はあきらめなきゃ。
    あきら、あんなに行きたがってのに…。

    バスターミナル ウユニ行きをあきらめた帰りのコレクティーボの中で

    結局、滞在を2日延ばして25日に出発した。
    ラパスは本当に居心地が良い街だった。もちろん危険もある。あきらはエルアルトの市場で唾かけ強盗(スリ)に遭いそうになった(唾をかけられたあきらはすぐに気がついて、集団を抜け出したから、何もとられなかったけど)。同じ宿の人は遺跡の帰りのコレクティーボで誘拐され、監禁されて、カードからお金を引き降ろされた。本人が無事だったから良かったけど、今回ばかりは自分で気をつけてても仕方ない状況だった。
    それでも、宿のセニョーラ、同じ宿の旅人たち、近所の屋台やサウナ、カフェのケーキに日本料理屋のケンチャン…と、良い思い出は挙げればきりが無い。歯科医院に通い、美容院へ行ったりもしたし。そして日本を出て初めてのお買い物にも満足。南米で物欲を満たし、次は物価の高いヨーロッパ。
    …と、その前にウユニへ!
    ケーキ ケンチャンのから揚げ定食  宿のセニョーラと

    ※1ドル=8ボリ
     1ボリ=約14.3円
    (メグ)



    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!





    【2006/09/23 20:00】 ボリビア | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    ティティカカ湖の夕日(コパカバーナ)
    リアルタイム報告
    長かったハンガリーのヘレナハウスでの沈没生活も、ヘレナの誕生日を機に今日で終わり…。
    9月15日現在の僕らは、後ろ髪をひかれつつ、今晩の夜行バスでプラハに向かいます。


    6月12~13日
    ペルー→ボリビア
    VSオーストラリア戦のショックが癒せぬままにチェックアウトし、ローカルバスターミナルへと向かった。国際バスは高いのでローカルバスを乗り継いでいくのだ。一緒にサッカーを見たマサキは、「サッカーの話題を出されたら韓国人のふりをする」と、バスターミナルで言っていた。
    バスでユングーヨまで行き(5ソル)、そこから国境までは乗り合いバス(1ソル)。久しぶりに国境を歩いて越えた。ペルー、ボリビアの国境は周りを山に囲まれ、のどかな雰囲気。でも高地なので、ちょっとした坂でもしんどい
    こうして、僕らはこの旅11ヶ国目の「ボリビア」に入国した。
    国境越え1 国境越え2 トヨタならぬトヨサ

    国境からコパガパーナまでは30分ほど乗り合いバスに乗って2.5ボリ(ボリビアーノを略して日本人旅行者はこう呼ぶ)。日本円にして38円ほどである。ペルーよりもさらに物価が安くなったことを早速実感した。そして、その乗り合いバスの車種が「トヨサ」とかいうワケの分からないメーカーなのも途上国ならではである。ボリビア、はやくも楽しそうな予感がした。
    ちなみに、ソルからボリへの両替はボリビア側の両替所の方が、コパガパーナよりも良かった。(もちろん、ラパスの方がさらに良い)

    ホテル
    町に着き早速、ホテル選び。小さい湖畔の町なので、湖沿いに簡単にホテルは見つかる。今がオンシーズンでないのか、どこも空いていて、選びたい放題である。
    結局、物価が安い所なので、クスコの情報ノートにも載っていた、少し良いホテルを選んだ。Hotel Mirador (タブル70→50ボリ、住所:Av.Busch Esq.Costanera)。安いところだと二人で30ボリとかであるので、僕らにしてはかなり高級の部類に入る。しかし、そんなところに泊まるときでも、値切ることは忘れていない。ここは、フロントもしっかりあるし、部屋もきれいだが、何よりも全室レイクビューというのが気に入ったポイントである。後に触れるが、この部屋からの夕日は特筆ものである。
    部屋からの眺め 部屋 ホテル

    コパガパーナの町
    夕食はクスコの情報ノートに載っていたレストランへ。八幡の情報ノート、大活躍である。ここは17ボリでメニュー(スープ、メイン、デザート)が三種類の中から選べ、しかもサラダバー付き!!ステーキが美味しかった。場所の詳細は八幡の情報ノート、(たしかラパスの宿サンタクルスの情報ノートにもあったはず)を参照頂きたい。ここには2日連続で来た。
    メイン

    昼は市場の横の食堂で取った。セニョーラ(おばちゃん)たちが活気良く呼び込みしている。ティティカカ湖名物のマスのフライもここで食べた。この食堂内なら、どこで食べても同じ値段(9ボリ)だったので、地元の人がいっぱいいる所を選んだ。この方法でどこでも(ツーリスティックな店は除く)はずれはない。
    市場食堂のセニョーラ  マスのフライ

    町自体は前述したように、非常に小さいので簡単に回れるが、かわいい教会があったり、中途半場な広場や、大きくない市場など、観光地なのだが田舎の雰囲気がある。もちろんここのメインであるティティカカ湖湖畔も素晴らしく、プーノよりさらにのんびりした感じが良い。
    なお、はみ出し情報として、湖に対して垂直にある大通り(この町の中では)に指輪を作ってくれる店(屋台)がある。ここではおっちゃんがなんと、「コイン」で指輪を作ってくれるのだ。メキシコなどで見られる、「金色と銀色の重ね合わせ」式のコインはダメらしいが、原則どんなコインでも指輪にしてくれる。「1時間で完成」と言われるが、1時間半経っても、まだしこしこ削っているのは、ボリビア時間ってことで。なんといってもおっちゃんが一生懸命、少しずつ指輪の形に曲げたり削ったりしながら加工していくのだから。
    僕らは日本の5円玉と50円玉をそれぞれ小指用に作ってもらった(35ボリ→30ボリ、大きいサイズは若干高い)。

    かわいい教会 ティティカカ湖畔 指輪

    特に大きな事件がなかったので、情報ノート風になってしまったが、のんびりとした雰囲気の非常に良い町である。気の抜けないラパスの前後の息抜きにオススメ。

    夕日
    上記の何よりも、一番のオススメはここの夕日。湖畔で見るのもいいが、「Hotel Mirador」の部屋の窓を通して、ゆっくりとワインを飲みながら見たのが特に良かった。

    部屋からの夕日1 部屋からの夕日1 部屋からの夕日2

    可愛い店番
    コパガパーナに2泊し、広場の近くの旅行代理店にラパス行きのバスチケットを買いに行った。料金(25ボリ/人)を支払うと、お釣りを両替しに店のお姉ちゃんは出て行った。後に、可愛い店番を残して…。
    可愛い店番

    その間に来たお客はその店番を見て、諦めと微笑ましさの入り混じった表情を浮かべていた。


    ※1ドル=8ボリ
     1ボリ=約14.3円
    (あきら)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!





    【2006/09/15 22:49】 ボリビア | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。