世界一周~バックパッカーズハネムーン~
新婚旅行で海外世界一周!旦那はバックパッカーだが、嫁はバックパッカー経験0。2005年9月20日から約2年かけて地球を東回りに一周します。 東アジア→北米→中南米→ヨーロッパ→アフリカ→中東→南アジア


PROFILE
あきら&メグ
  • Author:あきら&メグ
  • mixi:あきら@世界一周&メグメグ
    2005年9月20日より世界一周ハネムーンに出発!豪華な旅は出来ないが、心は豊かにを目指します。まずは新鑑真号で上海へ。。。タイに向かい、タイをスタートに地球を東回りで一周。
    写真はメキシコ、カンクン沖の島、イスラ・ムヘーレスの夕日。本人出演。
    二人ともタイマッサージの総本山ワットポーで資格を取得。タイマッサージセラピストです。

    ☆携帯版URL☆
    http://aroundtheworld.
    blog17.fc2.com/?m


    ☆旅の軌跡☆↓クリックすると地図が出てきます。
    世界一周準備編(東アジア)
    世界一周スタート!(北米編)
    いよいよ突入!(中南米編)
    高いぞ!ユーロ!!(ヨーロッパ編)←現在地
    ちょっとだけ!?(アフリカ編)

    今は…2008年10月20に帰国!!!大阪の新居に移り、
    社会復帰へ向け勉強の毎日です


    <バックパッカー部門>



  • RSS


  • CALENDER
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    RECENT ENTRIES
  • シリアビザ延長(ハマその2)(09/27)
  • ラピュタの城(のモデルかもしれない)ツアー(ハマその1) (09/24)
  • アレッポ石鹸にかける情熱(アレッポ)(09/21)
  • 不思議な地形の町(カッパドキア)(09/16)
  • トルコでホームステイ!?(セルチュク)(09/12)


  • RECENT COMMENTS
  • takro(12/14)
  • chieko(09/23)
  • あきら(09/23)
  • chieko(09/22)
  • あきら(06/26)
  • みちか(06/22)
  • あきら(05/05)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!:本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!(07/23)
  • 芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!:芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!(07/23)
  • 首都の旅:ブダペストについて(02/05)
  • 国内旅行・海外旅行の豆知識:ビジネスホテルとは(12/14)
  • 外国.ネット-Gaikoku.net-:新婚旅行。旅人。世界一周(03/04)


  • ARCHIVES
  • 2007年09月 (7)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (1)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (10)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (3)


  • CATEGORY
  • ヨルダン (0)
  • 未分類 (0)
  • 日記 (1)
  • 世界一周の準備 (3)
  • 旅日記 (1)
  • 中国 (15)
  • お知らせ (4)
  • ベトナム (5)
  • カンボジア (2)
  • タイ (3)
  • アメリカ (3)
  • メキシコ (9)
  • グアテマラ (4)
  • アルゼンチン (4)
  • チリ (3)
  • ペルー (5)
  • ボリビア (3)
  • スペイン (2)
  • モロッコ (6)
  • ハンガリー (3)
  • チェコ (2)
  • オーストリア (1)
  • ブルガリア (1)
  • トルコ (3)
  • シリア (3)


  • LINKS
  • タイ古式マッサージ「ヌアットタイ」 ←大阪堀江のマッサージサロン。くつろげます。
  • 大阪のテニスサークル「ZIPPY」(相互リンク) ←堺市中心に活動。
  • 世界一周☆地球日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • [TABI CAFE]世界放浪フウフ(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • 世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • Around The World(相互リンク) ←カンクンで出会った「夫婦パッカー」。mixiやってる方は検索してみてください。
  • グアテマラ、アンティグアの日本人宿「ペンション田代」(相互リンク) ←中米グァテマラでお世話になりました。
  • [gurecat world tour last fly^w^/ぐれねこ地図](相互リンク) ←ブエノスアイレスで出会った、旅行地図職人。すごい人(猫)です。
  • ★☆ビアテイスターなお☆★の夢のダイニングバー開店までの道2(相互リンク) ←バルセロナで出会った新婚パッカー。世界のビール特集あり。
  • オーストラリア YEEEEEW!!!(相互リンク) ←ワーホリ中。fc2rankingで知り合いました。
  • かぜのむくまま きのむくまま
  • 続けいの無銭旅行記


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    ~ブダペストの牛の写真集(ブダペスト)~
    街のあちらこちらで変わった牛を発見!
    何の意図があって作られたのかは分からないけど、面白いので集めてみました。

    お花模様&シマシマ牛、トランプっぽいカラフル牛。
    お花模様 ゼブラ牛 カラフル

    渋め牛&スイカ牛、そして、よく見ると子供の目には毒な絵付き牛。
    渋め牛 スイカ牛 エッチな絵付き牛


    …今回はこれだけです。

    ※1フォリント=0.56円 
    8月10日~8月12日移動
    8月12日~9月15日ブダペスト滞在(メグ)



    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!



    スポンサーサイト
    【2006/12/12 00:49】 ハンガリー | TRACKBACK(0) | COMMENT(9)

    ピアノ・コンペティション(ブダペスト)
    ※今回は、思いっきり私個人の楽しみに関する事なので、内容がかなり偏っています。 ピアノに興味がある方はどうぞ。

    ヨーロッパで一番楽しみにしていた事、それは〝音楽を聴く〟こと。
    ブダペストに着いて早速、情報集めるが、ツーリストインフォメーションでは情報が少ないので、クラシック専門のCDショップへ通い、興味があるコンサートのチケットを購入した。

    ここハンガリーはリストやバルトークの国。ブダペストにあるリスト・フェレンツ記念博物館では毎週土曜日の朝にはコンサート(私が行ったピアノコンサートで240円くらいと安い!)が開かれているし、音楽アカデミー(リスト音楽院)でのコンサートは一番上の席なら無料で聴けたりと、お金を気にせずに気軽に行ける。何てありがたい国!聴衆の年代も幅広く、若いカップルも多い。素晴らしい演奏には立ち上がって拍手や「ブラボー!」の賞賛の声、イマイチな演奏には拍手をしないという、本当に音楽を楽しみにきてる人たち。日本ではちょっと格式高いイメージのクラシックが、こんな身近にあるなんあて、何て素晴らしい国!
    国立オペラ劇場 音楽アカデミー  コンサート


    最初に行ったコンサートはちょっと変わったもので、舞台にはピアノを中心にバイオリニスト用のイスが二つ。そして両側にスクリーン。舞台下では音響効果のセットが置いてある。
    ただのピアノコンサートではないらしい。
    ピアニストのFerry P Bedyとモデル風の二人の女性のバイオリニストが登場し、演奏を始めた。 両側のスクリーンの映像に合わせて、ロックとクラシックを組み合わせたような音楽。曲はモーツァルトのソナタやラベルのボレロなどの知られた曲から、私の好きなラフマニノフやスクリャービン、ショパンのバラードと幅広い。スクリーンではユダヤ人迫害の映像などの衝撃的なものもあったが、映像と音響効果を駆使してのコンサートは初めて。ピアノだけの演奏もあった。ミスはたくさんあるけど、どれも激しくて心に響いてくる演奏。久しぶりに感動して、涙が出そうになった。

    教会のオルガンコンサートやオーケストラなどのコンサートに通う中、9月4日からリスト・バルトーク ピアノコンペティションが開かれるという情報を入手。予選から本選、ファイナルまでほとんど毎日、審査が行われる。他のコンペティション同様、最終ではオーケストラ付き。場所は宿から歩いて12分の音楽アカデミーだし、チケットも安い。それからは、午前中に聴きに行き、帰ってヘレナのご飯を食べてはまた出掛けるという日々が続いた。


    ピアノ・コンペティション
    コンペティションのプログラムを見て驚いた。出場者の半数以上が日本人で占められている。
    ショパン・コンクールを思い出した。日本ではよく知られているショパン・コンクール。あまりにも有名なこのコンクールは、出場者の数もさることながら、聴衆のほとんどが日本人で占められていた。いわゆる〝ジャパンマネー〟という言葉をここでも世界に知らしめてしまった。その実情に非難の声が上がり、今ではだいぶ数は減ったらしいが、それでもまだまだ多いと聞く。それでも、私も聴きに行きたいとは思っていた。だが、ツアーに参加しないと聴けないという。

    今回のリスト・バルトーク コンペティションは、その名の通り、リストとバルトークの曲が課題曲である。リストは私も好きで弾いていたけど、バルトークの曲はあまり知らなかった。弾いていても「何か変わった曲想だなあ~。」とあまり馴染めなかった。だが、今回、何度も聴いていくうちに、興味を持つようになったのは嬉しい。
    コンペティション会場

    このコンペティションに、韓国人が一人、出場していた。彼の名前はKim.ki-kyung。他の人たちが海外のいろんな大学に留学してる中、彼の履歴にはKorean National University of Artsのみで、歳もまだ21歳と若い。彼の演奏が素晴らしかった。指を軽やかに動かし、いとも簡単にやってのけるテクニック力。そして、まるで一つの物語のように語られていく情熱のこもった演奏。リストらしい弾き方の人が多く(それが重要なんだけど)、何度も同じ曲を聴いていて、ちょっと疲れを感じていた私も、彼の演奏には夢中になってしまった。会場からはその日初めての「ブラボー!」という声も。まだ初日だから何とも言えないけど、彼は次のsemi fainalにも出てくるだろう。もう一度、聴きたいと思った。

    審査の結果、彼はもちろん通過。日本人はかなり落とされていたけど、何人か残っていて嬉しい。やっぱり、がんばってほしいと思う。

    Semi fainalでの彼はあまり満足した演奏ではなかったらしく、「ブラボー!」の声にたいする笑顔もさえなかった。最後まで残って演奏をもっと聴かせてほしいとは思っていたけれど、現実はそうはいかない。fainalまで残った人たちは、やはり熟練した弾き方をした人たちだった。

    コンクールを聴くのは今回が初めてだったが、聴く立場の方が緊張するのは意外だった。心臓バクバクで、失敗する度に思わず手を握り締めてしまう。自分が出場してた時、他人の失敗は「あ~、やっちゃったなあ。」くらいだったのに、今では「気にしないで早く立ち直って~!」と祈ってしまう。
    今回のことを母にメールすると、「今からがんばって出場してみたら~?」という冗談と一緒に、「メグミにはピアノで良い思いをさせてもらった。」と言われて驚いた。私が奏でるピアノの音は他の人とは違い、それを聴くことは母にとって自慢だったという。私はコンクールの独特な緊張感が好きだった。練習の時とは違い、別世界で弾いている感じ。残念ながらそれは高校までの話だけど、あれだけ努力できた事は今でも自信となっている。大学時代の友達と久しぶりに会ったときに、この旅について悩んでること(その頃の私にとっては〝大それた事!〟だった)を話したら、「練習(ピアノや声楽など)をあれだけやってたことを考えたら、何でもできるよ~!」という結果に落ち着いて、そのことがこの旅を決心させる一つとなった。

    そして、幼稚園から帰るなり、いきなり「ピアノ習いたい!」と言った私に思う存分、弾かせてくれた両親に感謝している。


    ※1フォリント=0.56円 
    8月10日~8月12日移動
    8月12日~9月15日ブダペスト滞在(メグ)



    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!



    【2006/11/30 18:00】 ハンガリー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    ヘレナでロングステイ(ブダペスト)
    バルセロナ→ブダペスト
    8月10日。まだまだ暑い西欧は後回しにして(この時点ではせめてイタリアは後で行こうと思っていた)、過ごし易い気候の旧東欧に先に行く事に決定。しかし、ヨーロッパ全土を繋ぐバス会社、「ユーロライン」のオフィスに行ってもブダペスト行きどころか、プラハ行きもウィーン行きも8月一杯までフルだとのことであった。恐るべしハイシーズン。そこでまずはイタリアのヴェツィア行き夜行バスのチケットを取ることにした。近付けば、バスなり電車なりまた違う展開があるだろうと思ったのだ。ヨーロッパでは国際電車は恐ろしく高いし、格安航空会社もバルセロナから東欧へは便が無かったので仕方がない。
    というわけで、図らずも14カ国目のイタリアへと入国した。入国と行っても国境の検査はないし、パスポートにスタンプが増えるわけでもないので、あまり実感は湧かないけど…。EU内のバス移動はまるで大きい国での国内移動のようだった。そこでラッキーなことにブダペスト行きのバスが取れ(ちょうど最後の2枚だった)、イタリアを5時間の滞在で、パニーニだけ一応食し、後にした。
    こうして、休憩時間も含め35時間の大移動の末、15カ国目ハンガリーの首都、ブダペストに到着した。

    ブダペスト
    ブダペストはオーストリアハンガリー帝国時代に最も栄えた都である。ドナウの真珠と称えられたドナウ川近辺は世界遺産の歴史地区に指定されている。しかし、そんなドナウ川近辺でなくても、全体がヨーロッパらしい街並である。先進国化した西欧よりも、むしろ中世の雰囲気が残っているといえるのではないだろうか。
    ヨーロッパらしい街並1 ヨーロッパらしい街並2 ヨーロッパらしい街並3

    空もきれいである。
    もちろんドナウ川沿いもいい。散歩に最適。
    ドナウ川沿い くさり橋 王宮の丘から

    そしてなによりも夜景。旅してもう一年になるが、雰囲気はトップクラスかも。
    夜景1 夜景2 夜景3

    ヘレナハウス
    そんなブダペストで夏の間、過した宿はヘレナハウス。この宿があるから、東欧の中でもここブダペストを長期滞在先に選んだのだ。まず宿代の安さ。1泊1700Ftとこれだけでもブダペスト最安で、しかも昼食込み。一週間前払いすると一泊当たり1500Ft(約840円)になる。特にこのヘレナお手製の昼食(通称、へレナ飯)が僕は大好きで、毎日の楽しみだった。
    グヤーシュ パプリカの肉詰め ヘレナ

    また、この宿はキッチンも充実していて、外食が高いハンガリーではまたこれが助かる。自炊していると、ものすごく安く、みんなでシェアして作ると(通称、シェア飯)一食大体200円いかないくらい。長居するうちにスーパーの特売品にもやたらと詳しくなり、もはや主夫化!?でもたまには贅沢に、フォアグラを料理してみたりした。フォアグラは周知の通り世界最大珍味の一つの高級食材だが、ハンガリーでは安く手に入る。フォアグラを調理する機会なんぞ、そうそうないだろう。(というか、僕は食べたのも初めてだった。そんな僕が料理↓)
    歯応えは刺身みたい バターソテー中 フォアグラ

    他にも様々なシェア飯を作った。このヘレナハウスで、8人前とかをなぜか僕が作ることが多く、料理の腕前がかなり上達(?)した。
    シェア飯1 シェア飯12 シェア飯3

    そしてなによりも、ここが楽しかったのは、一緒に過ごした旅人たち。ここで出会うのは長期の人が多く、チャリダー(日本から自転車で旅行)夫婦にも会った。
    この中の何人かはこの後のルートがかぶっていて、また再会する予感!!旅をしてて、旅人とまた違う国で再会する喜びは格別である。
    へレナメンバー1 へレナメンバー2 へレナメンバー3


    ブダペストでのイベント
    夏のブダペストは様々なイベントをほぼ毎週末くらい行っていた。
    例えば、8月20日の花火大会。ヘレナ曰く建国記念日(?)で、数日前から街はお祭り気分。くさり橋周辺に数多くの夜店が出て、ステージまで用意。思いがけずオペラとかを観る事ができた。
    お祭り 屋台 オペラ

    そして、花火大会当日。ヘレナのメンバー全員で、景気づけにもうビールをあおり、かなりテンション高い。川沿いにはものすごい数の人で埋め尽くされていた。恐らく、ハンガリー国内からはもちろん、周辺諸国からもこの日の為に来てる人もいっぱいいるのだろう。このあたりが島国日本とは大きく違うところだ。
    花火直前、レーザーが王宮から出たし、雷も轟いた。異様な雰囲気の中、21時から花火スタート。思ってたよりも規模が大きく、バンバン上がる。15分後、風が強くなり、花火が斜めに流れ出す。一段と強まり、数滴雨が腕についたと思った次の瞬間、大雨!!このとき、みんなのテンションは最高潮!!!でも、こりゃ避難した方がいいかな?とちょっと頭をよぎったその数瞬後、今までに経験したことないくらいの土砂降り。前が見えない。すぐ近くにいた仲間たちも見失ってしまい、とりあえず女の子たちだけでもとかき集め、屋根を求めて泳ぐようにその場から離れた。逃げ惑う人々にさらに雹が叩きつけられ、もう大パニック!!!まさにデイアフタートゥモロウの世界。なんとか大きな屋根を見つけ、そこに入るも、そこに入ろうとする人たちがどんどん膨れ上がる。少しでも早めに抜け出し良かった。見つけられなかった男達も多分なんとかしているだろうと思っていると、まだ花火が上がっていたことに気付いた。ブダペストの花火はすごい根性である。
    写真は花火大会開催直前の人々と花火の様子。この群集が一気に逃げ出したのだ。
    花火大会1 花火大会2 花火大会3
    ヘレナで皆と無事合流。みんなびしょぬれだが、怪我は無いよう。良かった。

    上記の花火大会での事故。その後のニュースで、死者4名、病院に運ばれた人約400人いたことが分かった。行方不明者も何十人かいるらしい。。。大惨事となった。亡くなった人のご冥福をお祈りします。

    その後も、ブダペストではイベントが続き、DJ&ダンサーズを載せたトラックが街中を回るブダペストパレードイや、ハンガリー国内や近隣諸国の新ワインを集めたワインフェスティバルなどが開催された。
    ブダペストパレード1 ブダペストパレード2


    あと、ヘレナハウスの仲間と行った「ドナウベンドへピクニック」も忘れられないイベント(自己企画)である。ドナウベンドとはドナウ川沿いの村や町であるが、僕達が行ったのは近場かつ小さな村の「ヴァーツ(Vac)」。上等のハムやチーズ(それでも安い!)を買って、朝からデリシャスサンドイッチを作り、ワインも2本持参して4人でピクニック。行きの電車からビールを空けて、すっかり遠足気分。観光もそこそこに、川沿いの芝生の上でランチ。っていうか宴会!?まるで季節遅れの花見。
    ヴァーツ行きの電車  まるで花見!?
    しばらくして男2名はすっかりつぶれてしまった。これぞ日本式??
    酔いつぶれ

    29歳と64歳の誕生日
    もともとブダペスト滞在は2週間ほどの予定で、猛暑がすぎたらイタリアに行くつもりであった。ところが、9月の下旬にうちのおかん(関西弁で母親)がイタリアに来ると連絡してきたのである。これはもうしっかりガイドして親孝行してやろう!とメールで色々と打ち合わせした。場所も時期も大体決まってきた頃、なんと結局来ないことになったとメールがあった。同行者と意見が合わなかったらしい…。残念!
    というわけで、この時点ですでに9月になっていたので、29歳の誕生日をブダペスト、というよりはヘレナハウスで迎えることにした。そして64歳とはヘレナである。
    なんと僕とヘレナは同じ9月15日生まれだったのだ!

    そこで少し抱負を。
    29歳は30歳へのつなぎの年へとしたい。30の間に、まずはTOEIC900。そして英検1級を取る。英検2級程度の僕がすぐに取れるわけないので、この1年間で下準備をする。すでに今年の1月、アメリカに着いたときから、リスニングや読書など、毎日欠かせず英語のトレーニングをしているので、このまま続けたら土台は出来るはずである。30歳までに目指せ1000時間!
    そしてもちろん、この旅を楽しみ、いい出会いがいっぱいあればええな~。。。
    誕生会 ヘレナに花を ヘレナからのプレゼント


    写真左、ツバサとエリカからはパプリカ型ライター、アヤからは海外では貴重なマイセンライトを!
    写真中、ヘレナには花をプレゼント!
    写真右、ヘレナは僕にぬいぐるみをプレゼント!

    ちなみにヘレナハウスには5週間のロングステイとなった。


    ※1フォリント=0.56円 
    8月10日~8月12日移動
    8月12日~9月15日ブダペスト滞在
    (あきら)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!




    【2006/11/23 18:00】 ハンガリー | TRACKBACK(1) | COMMENT(4)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。