世界一周~バックパッカーズハネムーン~
新婚旅行で海外世界一周!旦那はバックパッカーだが、嫁はバックパッカー経験0。2005年9月20日から約2年かけて地球を東回りに一周します。 東アジア→北米→中南米→ヨーロッパ→アフリカ→中東→南アジア


PROFILE
あきら&メグ
  • Author:あきら&メグ
  • mixi:あきら@世界一周&メグメグ
    2005年9月20日より世界一周ハネムーンに出発!豪華な旅は出来ないが、心は豊かにを目指します。まずは新鑑真号で上海へ。。。タイに向かい、タイをスタートに地球を東回りで一周。
    写真はメキシコ、カンクン沖の島、イスラ・ムヘーレスの夕日。本人出演。
    二人ともタイマッサージの総本山ワットポーで資格を取得。タイマッサージセラピストです。

    ☆携帯版URL☆
    http://aroundtheworld.
    blog17.fc2.com/?m


    ☆旅の軌跡☆↓クリックすると地図が出てきます。
    世界一周準備編(東アジア)
    世界一周スタート!(北米編)
    いよいよ突入!(中南米編)
    高いぞ!ユーロ!!(ヨーロッパ編)←現在地
    ちょっとだけ!?(アフリカ編)

    今は…2008年10月20に帰国!!!大阪の新居に移り、
    社会復帰へ向け勉強の毎日です


    <バックパッカー部門>



  • RSS


  • CALENDER
    06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • シリアビザ延長(ハマその2)(09/27)
  • ラピュタの城(のモデルかもしれない)ツアー(ハマその1) (09/24)
  • アレッポ石鹸にかける情熱(アレッポ)(09/21)
  • 不思議な地形の町(カッパドキア)(09/16)
  • トルコでホームステイ!?(セルチュク)(09/12)


  • RECENT COMMENTS
  • takro(12/14)
  • chieko(09/23)
  • あきら(09/23)
  • chieko(09/22)
  • あきら(06/26)
  • みちか(06/22)
  • あきら(05/05)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!:本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!(07/23)
  • 芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!:芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!(07/23)
  • 首都の旅:ブダペストについて(02/05)
  • 国内旅行・海外旅行の豆知識:ビジネスホテルとは(12/14)
  • 外国.ネット-Gaikoku.net-:新婚旅行。旅人。世界一周(03/04)


  • ARCHIVES
  • 2007年09月 (7)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (1)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (10)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (3)


  • CATEGORY
  • ヨルダン (0)
  • 未分類 (0)
  • 日記 (1)
  • 世界一周の準備 (3)
  • 旅日記 (1)
  • 中国 (15)
  • お知らせ (4)
  • ベトナム (5)
  • カンボジア (2)
  • タイ (3)
  • アメリカ (3)
  • メキシコ (9)
  • グアテマラ (4)
  • アルゼンチン (4)
  • チリ (3)
  • ペルー (5)
  • ボリビア (3)
  • スペイン (2)
  • モロッコ (6)
  • ハンガリー (3)
  • チェコ (2)
  • オーストリア (1)
  • ブルガリア (1)
  • トルコ (3)
  • シリア (3)


  • LINKS
  • タイ古式マッサージ「ヌアットタイ」 ←大阪堀江のマッサージサロン。くつろげます。
  • 大阪のテニスサークル「ZIPPY」(相互リンク) ←堺市中心に活動。
  • 世界一周☆地球日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • [TABI CAFE]世界放浪フウフ(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • 世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • Around The World(相互リンク) ←カンクンで出会った「夫婦パッカー」。mixiやってる方は検索してみてください。
  • グアテマラ、アンティグアの日本人宿「ペンション田代」(相互リンク) ←中米グァテマラでお世話になりました。
  • [gurecat world tour last fly^w^/ぐれねこ地図](相互リンク) ←ブエノスアイレスで出会った、旅行地図職人。すごい人(猫)です。
  • ★☆ビアテイスターなお☆★の夢のダイニングバー開店までの道2(相互リンク) ←バルセロナで出会った新婚パッカー。世界のビール特集あり。
  • オーストラリア YEEEEEW!!!(相互リンク) ←ワーホリ中。fc2rankingで知り合いました。
  • かぜのむくまま きのむくまま
  • 続けいの無銭旅行記


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    中国最後の町(南寧)
    10月28日晴れ
    思わず長居した、林さんの旅館とも今日でお別れ。林さん、奥さん、喜多郎に見送られ、「老寨旅館」を後にした。この林さんのところで初日から泊まっていた「大介」といっしょに桂林まで行くことにした。
    ついに、中国最後の都市「南寧(ナンニン)」だ。南寧には桂林からバスで行けるが、桂林に行くためには陽朔で乗り換えなければならない。桂林のバスターミナルの近くでおろされ、なぜかバスターミナルまで歩く。バスターミナルの近くで昼飯。ご飯の上に3品ほどおかずをかけるという、いわゆる「ぶっかけ飯」。アジアの旅の定番食である。中国のは特においしく、ボリュームもたっぷり、しかも安い。ここの店で5元だ。

    桂林のバスターミナルまで大介は見送ってくれた。彼はすでにユーラシアを一年かけて回っており、まもなく帰国とのことだった。僕らの旅はまだ始まったばかりだ。
    南寧行きのバスは今までで一番の豪華さだった。中国で豪華バスというと、名ばかりのものも多いが、ここのは格別。ぜひ利用することをお勧めする。しかも食事付き(パンと水)だった。

    南寧バスターミナルはかなり郊外にあるようで、ここで路線バスに乗り換えた。予想外の出来事に対して、中国語で確認することにも大分慣れてきた。でも次はベトナム。また言葉が分からなくなるが、まぁなんとかなるだろう。
    南寧は北京に似た町並み。しかし、人はやさしく、笑顔を見せる。どうやら日本人が珍しいらしく、ここでは僕らはベトナム人に間違えられた。
    目指す「迎賓飯店」は駅前にあり、すぐに分かった。共同トイレ、シャワーの安い部屋(W45元)だが、部屋もシャワーも割とキレイ。

    中国側の国境の町であるピンシャンまでのチケットを買いに駅に行った。ここで切符を買うときも窓口のお姉さんは冷たい態度であった(もう慣れたけど…)が、最後には笑顔を見せてくれた。なんかだんだんと中国が終わりに近づいていることを実感した。
    その日の夕食は宿の隣の台湾系列の店でとった。新鑑真号で食べた、「鉄板牛肉」がそこにあり、懐かしくなり頼んだ。中国の夕食は鉄板牛肉で始まり、鉄板牛肉で終わった。

    翌朝、7時58分発(5517次、30元。新空調硬座普快←中国の列車はこんな感じで種類をあらわす。)の列車にいつも通りカップ麺とお菓子を持ち、乗り込んだ。初硬座は空調車のためか、思ったよりもきれいだった。2人掛けの対面指定席だが、対面がおらずラッキー。車内でひまわりの種←これがうまいんです!を買って、販売員に「謝々」と言われ、メグが感激していた。そういえば、服務員や店員から礼を言われたのは、すごく久しぶりだった。本当に中国が終わるんだ、と礼を言われたのにも関わらず、うれしいやら、さびしいやら、変な気持ちになった。

    ピンシャンから国境の友諠関まではミニバス。イギリス人夫婦とシェアした。駅前にたくさん待っており、言い値は揃えたように40元だったが、一人が下げたら皆下げた(20元)。
    その最初に下げたドライバーのミニバスに乗った。国境で10元必要という情報もあったが、それは不要であった。
    この旅初めての陸路での国境越えはかなり簡単に手続きが済み、中国とベトナムの間の橋の真ん中に線が引いてあると聞いたので探したが、それは見つからないままベトナムに入った。

    ※1元=14.5円
    (あきら)
    スポンサーサイト
    【2006/02/06 05:44】 中国 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    癒しの地(興坪)
    10月24日曇り
    陽朔(ヤンショオ)から興坪(シンピン)までバス(5.5元)で約40分。
    バスに乗ってすぐにお金が足りない事に気付いて(興坪には銀行がないので)慌てて下車し(←この時もひとモメあり…。発車してまだ数メートルなのに、バス賃は返さないと言われた。大揉めの末、返してもらちゃった。)、中国銀行でT/Cを提出。ところが「これは使えない。」ときたもんだ。同じアメックスなのにCITIBANK発行のT/Cは絵柄が違うという理由で。何度も同じだと説明したけれど、

    「No!」の一言。

    終いには「桂林まで行け」とまで言われた。あ~あ、ここでもまた中国らしさを味わってしまった…。仕方なくドルを使ったけど、やっぱり納得できないよー!これだけ観光客が来てて、カフェやバー、土産屋等は発展していってるのに、お役所は変わっていないとは…。いや、これでも以前よりはマシなのかも…??

    そんな私たちを迎えてくれた興坪は本当に何もない田舎だった。早速、林さんの経営する「老寨旅館」(一泊W50元)http://www.kakura.jp/xp/blog/2005/2005-10.html(←10月27日をご覧ください)へと向かう。ここがまた素晴らしい立地であった。すぐ目の前を流れる川には灕江下りの船着き場が。そしてすぐ後ろには山。その山は登れるようになっていて、頂上からは絶景が望めるのだ。その途中(かなり最初の方)にはちょっとした休憩所みたいな所があって、夕日を眺めたり読書したりと、何度も訪れたものだ。しかも、この登山道は林さんが造ったらしい。そんな林さんには、若い奥さんと、これまた可愛い喜多郎くんという立派な跡取りがいる。喜多郎くんは今はまだ小さいけれど、いずれは日本語、中国語、英語(その他)を話す、国際色豊かな男の子になるんだろうなあ…。将来が楽しみ!

    興坪三日目、三日に一度の市場へ、奥さんと喜多郎くん、そして同じ泊り客の大介君と行く事に。野菜をいっぱい(これがまた安い!)と鶏一羽(もちろん生きたまま)を買ったけど、そのすぐ横で、子犬が2元で売られていたのにはかなりショックを受けた。そう言えば、中国に来てから、狗料理の看板を何度か見かけたな…。

    昼からは念願の川上り下りへ。奥さんの口添えで一人30元で乗れるというラッキーな船旅となった。船の中は学生の団体で賑わっていて、まるで修学旅行気分だったけど、のんびりと川を上る船からの眺めは最高だった。
    来て本当に良かった…!

    興坪には2,3日のつもりだったけど、あまりの居心地の良さに4泊もしてしまった。中国で旅に疲れたら、ここ興坪で心を癒す事をおススメします。
    (ご興味ある方は「老寨旅館」をクリックください)

    ※1元=14.5円
    (メグ)

    【2006/01/25 14:16】 中国 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    まるで中国っぽくない町(陽朔)
    お久しぶりです。ちょっとまとまった時間が出来たので、今日から3日間ほど、今まで溜めていた旅日記を一気に更新していきますね。
    それでは本編をお楽しみください。


    10月22日曇り
    大理の旅行代理店で昆明発桂林行きの電車チケット(中段246元、下段253元、代理店手数料20元ずつ)を取ることに成功した僕たちは、昆明にも桂林にも泊まることなく、一気に陽朔(ヤンショオ)を目指した。ラサで出会った旅行者から仕入れた情報によれば、「桂林で川下りをするなら陽朔から興坪(シンピン)に行ったほうが良い」とのことだったからだ。桂林の川下りとは、桂林を流れる大河『灕江』を船で下り、水墨画のような絶景を鑑賞するというものである。これにより桂林は中国有数の景勝地となっている。
    陽朔はその川下りの終着点、興坪は中間点であるが、ともにそこからの川上り(逆向きのため)が出来る上に、桂林に比べかなり安い。後で分かったことであるが、桂林では460元、陽朔では100元(交渉次第)、興坪ではなんと50元以下になる。
    (ちなみに船のグレードはかなり違います。桂林が豪華フェリー食事付きに対し、興坪はまるで屋形船。陽朔ではノーチェックのため不明)

    大理を昼頃に出てバスで昆明へ。そこから夜行で桂林まで約18時間。桂林からバスで一時間半かけ、陽朔には17時頃着く予定とのことだった。ほぼまる2日間の移動となるが、ラサまで32時間バスという荒行に絶えた僕たちにとってはまるで気にならなかったのだ。以前、昆明→桂林間は約30時間とガイドブックにあったので、むしろ短く感じたほどであった。
    中国を旅すれば、少なくとも移動に関しては鍛えられる、と実感しつつあった。

    大理からのバス(95元)は道が良く、すごく快適だった。昆明からの列車(K182)もすごく新しい車両で、硬臥の割りにすごくきれい。
    昆明駅で麗江で会ったドイツ人夫妻(アンドリューとブリジット)と三度再会した。彼らは昆明で一泊だけして、石林見物を今日日帰りで行ったらしい。もう60近いだろうにすごいバイタリティーである。列車の中で彼らのコンパートメントに遊びに行った。チケット代が倍ほどもする軟臥はさすがに広く、きれいだった。そこでさらにイスラエル人旅行者4人と出会い、車内でいろいろ語り合った。メグはかなり英語に慣れてきたようだ。ちなみにイスラエル旅行者たちは皆、仕事を持っていて、一ヶ月の休暇を取ってきたとのこと。

    うらやましい。

    結局その4人と一緒に桂林からバスターミナルまでタクシーをシェアし、一緒に陽朔に行くことになった。ドイツ人夫婦は桂林で一泊するとの事で、ここで別れた。
    タクシーの車窓から見る桂林は、ビルの立ち並ぶ都会だが、そこかしこに奇岩がそびえたち、ビルがそれと組み合わせたように建っていた。「景勝地に来たんだな」とだんだんと気分が盛り上がっていった。
    バス(13元)にはすぐに乗れ、陽朔が近づくにつれ、奇岩の数も増えていったのでさらに気分が盛り上がった。

    陽朔に着いて、バスの周りに群がる客引きの中から、比較的良さそうなのを適当に選び、女性陣が部屋を見に行った。男性陣は荷物番。あたりを見渡すと、バスターミナルからも巨大な岩山が多く見られ、間近にも大きいのがそびえていた。その逆方向を見ると洋人街の入り口があった。
    宿はバスターミナルのすぐ前だった。安宿というより、ホテルのような感じの所で、TV、バスタブ付きだった。3組いたせいか、一番安い部屋の料金にしてくれた。(宝泉飯店、W50元)

    久しぶりに湯に浸かった後、6人で夕食を食べに洋人街を歩いた。大理以上に外人向けCafeが多く、まるで中国っぽくない印象を受ける。土産物屋が多く建ち並び、まるで東南アジアのバックパッカー街のようだ。
    その洋人街で友達との待ち合わせがあるとのことで、一緒に行ってみた。なんとそこにいたのは、麗江とトレッキングで同じ宿だったイスラエル人カップルだった。イスラエル人は本当につるむのが好きだ。日本人もだが。
    一人が誕生日とのことで、西洋料理の店でバースデーパティーをした。そこでも話題は(虎跳峡でそうであったように)日本映画についてだった。英語を話すことに慣れてきたが、1対1では話せても、やはり多人数の中では会話に入りにくかった。北京で会った日本人に言われたように、どこかでしばらく英語を習おうかな?と本気で思い初めてきた。
    その日は洋人街で西洋人と西洋料理の店でパーティーと、ここが中国であることを忘れそうになった。

    そのパーティーの後メールをチェックすると、以前送っていた興坪の宿から予約OKとの返事が来ていた。陽朔にもまだまだ見所は多そうだったが、興坪まではバスで40分。いつでも帰ってこれるだろうと、次の日に興坪へと向かった。

    ※1元=14.5円
    (あきら)

    【2006/01/23 20:16】 中国 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    大理のアツい夜
    10月18日晴れ
    大理は大理古城(旧市街)と下関(新市街)に分かれている。下関行きのバスに乗った私たちは途中、目的地である古城の前で降りた。でもこれが間違いだった。降りた場所は宿とは反対側。重い荷物を背負って歩くには遠すぎる。何故かタクシーも見つからず、何度も休憩しながら歩いた。
    やっとの思いで到着した宿、四季客棧(通称No.5)は緑もたくさんあってロッジ風。なかなか過ごしやすそう。Youth会員の割引もあって、一泊20元(1ベット10元、3人シェアルーム)。他のホテルをチェックすることなく、宿はすぐに決定した。そこでは夜にDVD上映会(スクリーンで)もあって、スターウォ-ズを全シリーズまとめて観る事ができた。(←字幕は中国語。英語があまり聞き取れない私にとっては、中国語=漢字の方がまだ理解できたような気がする。)

    大理二日目は、VISA延長という、最近これといって何もしてない私たちにとって、久しぶりの大仕事。下関までバスで20分くらいだが、景色がだんだんと変わっていく。下関は都会だった。デパートが建ち並び、交通量もかなり多い。公安局の場所は分かりにくかったので、タクシーで行く事にした。初めてのVISA延長にドキドキしていたけど、簡単な記入事項、そしてパスポートを渡すと、10分くらいで手続き完了。大理でのVISA延長は簡単だとは聞いていたけど、ここまでとは…。

    大理4日目の夜、宿で知り合ったマドカさん達、マドカさんが人違いして偶然知り合った中国人のクンクン、さらにクンクンの友達と飲みに行く事になった。大理にはお洒落なカフェやバーがたくさんあって、夜遅くまで賑わっている。お酒もほどよくまわってきて、ホロ酔い気分になった頃、誰かがゲームをしようと言い始めた。勝者は敗者に何でも命令できる罰ゲーム付きとあって、皆、真剣。外国人で賑わう大理の夜の町中で、踊らされたり、動物のまねをさせられたりと、盛り上がってしまった。挙げ句の果ては、観光客らしき外国人に写真を撮られたりして、今考えると少し恥ずかしいような…。

    次の日、次の目的地であるヤンショウに向かうため、昆明行きのバスに乗った。このバスはこの旅初の豪華バスで、民族衣装を着たバスガイド付きで、お土産にボールペンと水が配られた。乗り心地の良いシートで、大理での日々を思い出しながら眠りについた。



    ※1元=14.5円
    (メグ)
    【2005/12/31 17:21】 中国 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    千と千尋の世界からトレッキング
    10月14日晴れ
    成都からの夜行列車で攀枝花(パンジーフォア)に行き、駅前からバス(3元)で長距離バスターミナルへ。そのバスで出会ったドイツ人夫妻と次なる街、麗江(リージャン)へと向かった。
    良いとは聞いていたが、途中の景色は評判通りで、約7時間の行程中一度も飽きなかった。峡谷を通り、瓦屋根の少し日本との共通点のある民家がそこかしこに見える。
    だんだん高度が上がるにつれ、不思議なことに身体が楽になってきた。ラサで過ごしたのは一週間。すっかり高度順応した僕たちにとって、低地の酸素が濃すぎたようだ。

    ラサで教えてもらった宿(通称No.1)が満室で、そこの息子が経営する古城賢林客棧(No.2)に案内してもらった。
    ここでは雲南地方のおいしい家庭料理が夕食で食べれる(たった8元!)。もう食べれない!と伝えるまで次々とおかずが作られていき、ごはんのおかわりが回ってくる。次にくるおかずが楽しみでついつい食べ過ぎてしまった。

    夜は千と千尋の世界へ。ここ麗江は街自体(旧市街)が世界遺産となっている。昼ももちろん良いが、夜になると提灯に火が点り、古い町並みと相まってすごく幻想的な雰囲気になる。石畳の道を通って旧市街の中心、四方街へ。ここから見あげる街の明かりが、映画に出てくる夜の温泉街のようなのだ。ここがモデルである、というのがバックパッカーのウワサだが、納得がいく雰囲気であった。

    昼も落ちついた趣で、世界的な観光地の割りに人もそこまですれてない。麗江滞在中は遠出せずに、旧市街でしばらくゆっくりしようと思ったが、宿で出会った旅行者に
    「麗江に来て虎跳峡に行かないと、ここに来た意味がない」
    とまで言われ、宿にバスの手配を頼んだ。
    ここに来るまで全然知らなかったが、そこにはトレッキングのコースがあり、しかも費用も安いとのことであった。

    朝早くミニバスで虎跳峡入り口に11時頃到着(50元)。その日は快晴で絶好のトレッキング日和。極めて簡素な地図を片手にスタート。1時間半ほどで昼食をとるために最初のGHに入った。鶏が何羽かいたが、このうちどれか1羽が今夜の料理に使われるのであろうか。
    なんとそこで、麗江までのバスで一緒だったドイツ人夫妻と再会した。彼らとはこの後、大理の宿そして昆明駅でも再会することになる。旅の間、出会う人とは何度も出会うものだ。
    ドイツ人夫妻はトレッキングの日程を決めていない(うらやましい!)とのことで、そのままそこで宿を取っていた。僕達は再び出発。その後1時間半ほどで頂上を越えた。学生時代にトレッキングをしたネパールとはまた違った素晴らしい景色に感動。

    日が沈む前に茶馬GHに宿を取った。ここは食事もおいしいが、まだ生後数週間であろう小犬2匹がものすごく可愛かった。(写真盗まれたため、お見せできないのがすごく残念!)
    そこで南米を一年旅してきた日本人旅行者と出会った。彼ももともと1年も南米にいるつもりではなかったが、普通に旅していたら越えてしまっていたとのこと。このままいったら6年はかかるかな?と普通に言っていた。僕たちは中南米で半年の予定をしていたが、やはりそれでは足りないのか??
    その夜、トレッキング途中で何度がすれ違ったイスラエル人たちと酒を飲みかわした。彼らのほとんどが日本に非常に興味があり、映画などにも詳しく、特にアニメ・コミックについて語り合った。

    トレッキング2日目。小犬たちとの別れを惜しみつつ、早朝(僕たちにしては…)出発した。昼間と違い、朝のうちはやはり涼しく、山歩きも楽しい。昨日同様、乗馬の誘い(本当に断り難い誘惑!)を断ったり、山羊の群れをすれ違ったりした。この茶馬から目的地であるTINAGHまでの道は初日に比べると比較的おだやかで、会話を楽しむ余裕もあった。思いおこせば、この旅も前半あわただしかったこともあって、旅に関係ない他愛のない会話をしたのもひさしぶりなような気がする。途中滝をくぐるようなところもあった。
    昼頃TINAに到着。最後、TINAが見え始めてからが急な下りだったが、無事に2日間のトレッキングを終える事ができた。
    左手に山、右手に深い谷という峡谷を通る道はどこも見ごたえのある景色ばかりで、素晴らしいものだった。しかし、最後に食べたTINAでの食事はお世辞にも美味しいとは言えなかった。
    (おいしいのもあるかもしれません。適当に頼んじゃったんで、お勧めを聞いてから注文してみてください)

    ※1元=14.5円
    (アキラ)

    【2005/12/30 22:25】 中国 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。