世界一周~バックパッカーズハネムーン~
新婚旅行で海外世界一周!旦那はバックパッカーだが、嫁はバックパッカー経験0。2005年9月20日から約2年かけて地球を東回りに一周します。 東アジア→北米→中南米→ヨーロッパ→アフリカ→中東→南アジア


PROFILE
あきら&メグ
  • Author:あきら&メグ
  • mixi:あきら@世界一周&メグメグ
    2005年9月20日より世界一周ハネムーンに出発!豪華な旅は出来ないが、心は豊かにを目指します。まずは新鑑真号で上海へ。。。タイに向かい、タイをスタートに地球を東回りで一周。
    写真はメキシコ、カンクン沖の島、イスラ・ムヘーレスの夕日。本人出演。
    二人ともタイマッサージの総本山ワットポーで資格を取得。タイマッサージセラピストです。

    ☆携帯版URL☆
    http://aroundtheworld.
    blog17.fc2.com/?m


    ☆旅の軌跡☆↓クリックすると地図が出てきます。
    世界一周準備編(東アジア)
    世界一周スタート!(北米編)
    いよいよ突入!(中南米編)
    高いぞ!ユーロ!!(ヨーロッパ編)←現在地
    ちょっとだけ!?(アフリカ編)

    今は…2008年10月20に帰国!!!大阪の新居に移り、
    社会復帰へ向け勉強の毎日です


    <バックパッカー部門>



  • RSS


  • CALENDER
    09 | 2005/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • シリアビザ延長(ハマその2)(09/27)
  • ラピュタの城(のモデルかもしれない)ツアー(ハマその1) (09/24)
  • アレッポ石鹸にかける情熱(アレッポ)(09/21)
  • 不思議な地形の町(カッパドキア)(09/16)
  • トルコでホームステイ!?(セルチュク)(09/12)


  • RECENT COMMENTS
  • takro(12/14)
  • chieko(09/23)
  • あきら(09/23)
  • chieko(09/22)
  • あきら(06/26)
  • みちか(06/22)
  • あきら(05/05)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!:本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!(07/23)
  • 芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!:芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!(07/23)
  • 首都の旅:ブダペストについて(02/05)
  • 国内旅行・海外旅行の豆知識:ビジネスホテルとは(12/14)
  • 外国.ネット-Gaikoku.net-:新婚旅行。旅人。世界一周(03/04)


  • ARCHIVES
  • 2007年09月 (7)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (1)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (10)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (3)


  • CATEGORY
  • ヨルダン (0)
  • 未分類 (0)
  • 日記 (1)
  • 世界一周の準備 (3)
  • 旅日記 (1)
  • 中国 (15)
  • お知らせ (4)
  • ベトナム (5)
  • カンボジア (2)
  • タイ (3)
  • アメリカ (3)
  • メキシコ (9)
  • グアテマラ (4)
  • アルゼンチン (4)
  • チリ (3)
  • ペルー (5)
  • ボリビア (3)
  • スペイン (2)
  • モロッコ (6)
  • ハンガリー (3)
  • チェコ (2)
  • オーストリア (1)
  • ブルガリア (1)
  • トルコ (3)
  • シリア (3)


  • LINKS
  • タイ古式マッサージ「ヌアットタイ」 ←大阪堀江のマッサージサロン。くつろげます。
  • 大阪のテニスサークル「ZIPPY」(相互リンク) ←堺市中心に活動。
  • 世界一周☆地球日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • [TABI CAFE]世界放浪フウフ(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • 世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • Around The World(相互リンク) ←カンクンで出会った「夫婦パッカー」。mixiやってる方は検索してみてください。
  • グアテマラ、アンティグアの日本人宿「ペンション田代」(相互リンク) ←中米グァテマラでお世話になりました。
  • [gurecat world tour last fly^w^/ぐれねこ地図](相互リンク) ←ブエノスアイレスで出会った、旅行地図職人。すごい人(猫)です。
  • ★☆ビアテイスターなお☆★の夢のダイニングバー開店までの道2(相互リンク) ←バルセロナで出会った新婚パッカー。世界のビール特集あり。
  • オーストラリア YEEEEEW!!!(相互リンク) ←ワーホリ中。fc2rankingで知り合いました。
  • かぜのむくまま きのむくまま
  • 続けいの無銭旅行記


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    5500mの峠を越えて(西寧→ラサ直送バス)
    10月3日晴れ。予定よりも迎えが遅れ、18時頃にバスターミナル(と呼んでいたが、どうみてもガソリンスタンド)に着いた。バスはすでにかなりの荷物を屋根に積み終わり、カバーをかぶせてしばっている所だった。僕たちの荷物は中へおくらしい。バスには確かに「西寧→ラサ」と書いてあり、縦3列に2段ずつ並んだちょうど人幅くらいの狭い寝台席はチベット人で満席だった。他に外国人はおろか、中国人とおぼしき乗客客もおらず、車内はなぜかバターの臭いであふれていた。最後部上段が僕たちの寝場所で、3つのベッドが連結しているため横には広かったが縦には他よりも狭かった。
    このバスは青蔵公路をひた走り、ゴルムドをスルーして、5000m以上の峠を二つ越え(最高点は崑崙山脈5500m)、次の日の23時くらいにラサに着くとの事だった。29時間のロングジャーニーである。ただ、最近高速道路が出来たため道は快適だという。
    バスまで連れてきてくれたNiu Xiao Junと握手をして別れ、荷物を置き、寝るスペースを確保し終わる前にバスは走りだした。

    道路は最初こそガタガタ道で隣りのメグも非常に不安がっていたものの、2時間ほど走ると高速道路に入った。本当に日本と変わらないくらいの路面の良さで、これは本当にラサまで快適だなと思った。
    しばらく高速道路を走るとバスは止まり、食事休憩に入った。空気が澄んでいるせいか空には満天の星、周りには遠くの山が見えるだけの荒野がそこのトイレだった(つまり外)。
    食堂の飯は辛すぎて、これからのトイレを気にしてあまり食べれなかった。ちなみにメグはきちんと用を済ましてきたようだ。
    その日は知らない間に寝てしまった。

    目が覚めると外はすっかり中国とは違っていた。家にはチベット式のお経の書いた色とりどりの旗、見たことがないような青い空、たまにヤク(チベット特有の毛むくじゃらの牛)も見かけるようになってきた。後ろを見ると道は一直線だった。
    『ついにチベット世界に入ったんだ』
    だんだんと酸素が薄くなって、頭も重くなってきたが、そのときはまだ感慨に耽る余裕があった。しかし、さらにバスが進むにつれ、頭痛、関節の痛み、さらには咳までが出てきた。熱はない。これは完全に高山病の症状だ。ただでさえ狭い後部上段のベッドで、曲げていた膝がありえないくらい痛い。
    「まだ峠を越えていないようだけど、早めに薬を飲もうか?」
    とメグに聞くと、
    「もう飲んだ」
    とメグは苦しそうに答えた。紅景天を飲み、1時間ほどすると頭痛は治まったが膝が痛い。体を起こすと頭を打つので、横になるしかなく、本を読む余裕もない。寝るしかなかった。
    そこからは、すばらしい景色で痛みをごまかし、眠気がわずかでも出たらすぐに寝るというのを繰り返した。昼食事には膝が伸ばせると思ったが、昼過ぎになっても止まる気配がなかった。

    一直線の道 青い空 隣のお兄さんと山

    ようやくバスが止まったかと思ったら、なにやら運転手と車掌(らしき人)が部品を取り出している。どうやら故障したようだ。外に出て少ない酸素を深呼吸で取り入れていると、故障箇所の大きな歯車がひどくかけているのが見えた。よくこんなバスでここまで来たものだ。外の景色はありえないくらいすばらしかったが、高山病のため写真をとる余裕もなかった。

    しかしそれすらもまだ序章であった。夕食に止まった食堂ではもはやスープも喉を通らなかった。周りのチベタンたちは慣れているせいか、一人二皿くらいおかずを食った後にカップラーメンという異様な食欲を示していた。食堂は言うにおよばず、バスの車内でもがんがん煙草を吸って、その煙がきつい。僕もスモーカーだが、煙草なんぞ吸う気にもなれなかった。その食堂を出るときに中国語指差し会話帳を駆使して、何時に着くか確認したら、明日の1時という回答だった。
    しかたがないからなんとか寝ていると突き上げるような揺れで目が覚めた。痛い頭をさらに揺らされた。周りのチベット人にも吐く人が出だし、僕にも吐き気が。
    (そうか、ここがついにピークか…)
    薬を頼んでも、メグからの返事はない。この揺れの中で寝ているのだろうか?

    激しく揺れる暗い車内の中、なんとかメグのかばんから紅景天と酔い止めを取り出し、薬が効くまでの一時間を耐えた。
    そこからはだんだんと下りだし、薬が効いたのか、高度がやや下がったからか(それでもラサは3600m)眠りに落ちた。

    気がつくとラサの明かりが見え出し、時計を見るとすでに1時どころか2時半だった。

    (後から知ったが、一日2回までと書いてあった紅景天をすでに飲んでいたメグは、あのピーク越えのとき返事が出来ない程苦しんでいたそうだ)

    (あきら)
    スポンサーサイト
    【2005/10/28 01:05】 中国 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。