世界一周~バックパッカーズハネムーン~
新婚旅行で海外世界一周!旦那はバックパッカーだが、嫁はバックパッカー経験0。2005年9月20日から約2年かけて地球を東回りに一周します。 東アジア→北米→中南米→ヨーロッパ→アフリカ→中東→南アジア


PROFILE
あきら&メグ
  • Author:あきら&メグ
  • mixi:あきら@世界一周&メグメグ
    2005年9月20日より世界一周ハネムーンに出発!豪華な旅は出来ないが、心は豊かにを目指します。まずは新鑑真号で上海へ。。。タイに向かい、タイをスタートに地球を東回りで一周。
    写真はメキシコ、カンクン沖の島、イスラ・ムヘーレスの夕日。本人出演。
    二人ともタイマッサージの総本山ワットポーで資格を取得。タイマッサージセラピストです。

    ☆携帯版URL☆
    http://aroundtheworld.
    blog17.fc2.com/?m


    ☆旅の軌跡☆↓クリックすると地図が出てきます。
    世界一周準備編(東アジア)
    世界一周スタート!(北米編)
    いよいよ突入!(中南米編)
    高いぞ!ユーロ!!(ヨーロッパ編)←現在地
    ちょっとだけ!?(アフリカ編)

    今は…2008年10月20に帰国!!!大阪の新居に移り、
    社会復帰へ向け勉強の毎日です


    <バックパッカー部門>



  • RSS


  • CALENDER
    09 | 2006/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • シリアビザ延長(ハマその2)(09/27)
  • ラピュタの城(のモデルかもしれない)ツアー(ハマその1) (09/24)
  • アレッポ石鹸にかける情熱(アレッポ)(09/21)
  • 不思議な地形の町(カッパドキア)(09/16)
  • トルコでホームステイ!?(セルチュク)(09/12)


  • RECENT COMMENTS
  • takro(12/14)
  • chieko(09/23)
  • あきら(09/23)
  • chieko(09/22)
  • あきら(06/26)
  • みちか(06/22)
  • あきら(05/05)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!:本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!(07/23)
  • 芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!:芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!(07/23)
  • 首都の旅:ブダペストについて(02/05)
  • 国内旅行・海外旅行の豆知識:ビジネスホテルとは(12/14)
  • 外国.ネット-Gaikoku.net-:新婚旅行。旅人。世界一周(03/04)


  • ARCHIVES
  • 2007年09月 (7)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (1)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (10)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (3)


  • CATEGORY
  • ヨルダン (0)
  • 未分類 (0)
  • 日記 (1)
  • 世界一周の準備 (3)
  • 旅日記 (1)
  • 中国 (15)
  • お知らせ (4)
  • ベトナム (5)
  • カンボジア (2)
  • タイ (3)
  • アメリカ (3)
  • メキシコ (9)
  • グアテマラ (4)
  • アルゼンチン (4)
  • チリ (3)
  • ペルー (5)
  • ボリビア (3)
  • スペイン (2)
  • モロッコ (6)
  • ハンガリー (3)
  • チェコ (2)
  • オーストリア (1)
  • ブルガリア (1)
  • トルコ (3)
  • シリア (3)


  • LINKS
  • タイ古式マッサージ「ヌアットタイ」 ←大阪堀江のマッサージサロン。くつろげます。
  • 大阪のテニスサークル「ZIPPY」(相互リンク) ←堺市中心に活動。
  • 世界一周☆地球日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • [TABI CAFE]世界放浪フウフ(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • 世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • Around The World(相互リンク) ←カンクンで出会った「夫婦パッカー」。mixiやってる方は検索してみてください。
  • グアテマラ、アンティグアの日本人宿「ペンション田代」(相互リンク) ←中米グァテマラでお世話になりました。
  • [gurecat world tour last fly^w^/ぐれねこ地図](相互リンク) ←ブエノスアイレスで出会った、旅行地図職人。すごい人(猫)です。
  • ★☆ビアテイスターなお☆★の夢のダイニングバー開店までの道2(相互リンク) ←バルセロナで出会った新婚パッカー。世界のビール特集あり。
  • オーストラリア YEEEEEW!!!(相互リンク) ←ワーホリ中。fc2rankingで知り合いました。
  • かぜのむくまま きのむくまま
  • 続けいの無銭旅行記


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    アフリカ大陸へ(モロッコ編~マラケシュ~)
    7月7日晴れ
    グラナダからバスでアルヘシラスへ行って、モロッコ行きのフェリーへと乗り込んだ。

    ここはサロン…??

    …ってくらいの豪華な船内。
    フェリー 船内 フロント

    バックパックをよいこらせと背負ってる私たちのまわりは、モロッコのお金持ち家族やリゾートしに行くヨーロピアンばかり(に見える)。

    そんな中で桃鉄(電車でゴールを目指しながら資産を増やしていくゲーム。南米で旅人からもらった)をする私たち。と、後ろから南米以来なかった強い視線を感じる。振り向くと、お目々パッチリのカワイラシイ男の子たちがパソコンの画面に見入ってた。
    特に貧乏神がうけてる。
    桃鉄 貧乏神

    隣りに座ってたおばあちゃんは、「インターネットか?」と聞いてきたりと、みな人懐っこい。

    もうここからモロッコの旅は始まってるんだなあ~。
    モロッコが見えてきた!


    モロッコは以前よりは少なくなってるとはいえ、まだまだ客引きが多いという。またか…という思いもあるけど、そのバトルが楽しみな部分もある。

    タンジェの港に着いて、歩いてバスターミナルへ。
    今夜の夜行バス0時発のチケットを買い、荷物を預け、夕食を求めてメディナへ向かう。あきらはお魚を揚げたものとケバブ、私は早速、タジンを食べた。
    お魚とケバブ チキンのタジン 魚をねだるネコ


    モロッコ最初のサギ師(というまでもないけど)出現
    バスに乗り込む前、一人の男が声をかけてきた。
    「荷物を詰め込むからチップをくれ。」
    チリのバスで荷物を詰め込むとき、時々、チップを渡す事があったから、モロッコでもあるのかなって思った私たち。

    でも…

    「ノー、高クナイ!高クナイ!」
    って言ってるあたり、すんごい怪しい

    旅人でなくてもすぐにピンとくるだろう。

    …ってか、彼は全く働いてないやん。荷物を詰め込んでるのはバス会社の人。
    からかって「詰め込んでる彼らに渡すよ。」って言うと、
    「今、俺に渡せ。」って。話になんないよ。とにかくムシ、ムシ。

    日本人の私たちだけに言ってくるって事は、以前、日本人を騙して上手くいったんだろうな。
    もし、タンジェのCTMバスターミナルでこんな場面に出くわしたら、注意してください。


    メディナの宿
    マラケシュでの宿を、歩き方に載ってる地図を見ながら探すけど、なかなかたどり着かない。小さな道があちこちにつながってる。途中、何度も「そっちは行き止まりだよ。」って教えてくれるけど、どこも同じ道みたいで迷路のよう。結局、どうやってたどり着いたのか分からない。

    ここでの宿は〝HOTEL SINDI SUD(住所 Riad Zitoun Lakdim Derb Bouloukate N109)〟。一泊(S 50DH W 100DH)の値段とスタッフが親切だと書いてあったので、ここに決定。他にも似たような情報のホテルはたくさんあるので、また後日、別のトコも見てみるか~って話してたけど、結局、ここのホテルの屋上や部屋が一番良くて、ずっと滞在してた。
    ワールドカップの決勝戦フランスVSイタリアをフロントで一緒に観戦したり、アラビア語でのあいさつを教えてもらったりと、居心地が良かった
    宿 吹き抜け 部屋 テラスで読書 屋上からの眺め ネコもうだる暑さ



    マラケシュの屋台
    お昼にオレンジジュース屋台へ。たくさん並ぶ屋台からは、いろんな声がかかってくる。
    その中で「二杯で4DH!」と言ってきた陽気な二人組みの店でグビグビッ。
    オレンジジュース屋台

    一杯3DHと表示されてるけど、たいていの屋台では2DHで飲めます。
    夜に屋台の出てるフナ広場へ向かう途中、遠くからでも分かるくらい、煙がモウモウと空へと上がってた。
    中華料理なみに大きな火が上がったりしてて、同じ料理の屋台が競ってパフォーマンス。
    毎日が縁日だって言うけど、本当だ!リズミカルな太鼓の音に気分も盛り上がる。
    人場へ向かう人々 屋台 屋台2


    それぞれの店からの客引きの中には、コンニチハの挨拶やナカタの他に、「おねげえします!カミサマ!ヤクソク」と言って小指を握ろうとする人たちも。誰が教えたのか??多分、日本人が誰かに教えたのが広まって、みんなが言うようになったんだろうな。

    ある客引きにメニュー内容を聞いてたら、ポリスがやってきた。ここモロッコでは観光に力を入れていて、悪質な客引き等を取り締まっている。こんな普通の客引きでも…??と思って、少し寂しい気がしたけど、彼らは違法で客引きをしてたらしく、エプロンをはずされ、追い返されてた。そんなポリスが私たちの後ろを歩いてると、今まで元気の良かった客引きたち、誰も声をかけてくれない。さみしすぎるので、ポリスから離れて店を探す事にした。
    今日の夕食は、どう見てもただのカタツムリにしか思えないエスカルゴ、ハリラ(ひよこ豆や玉葱の入ったスープ)、ウィンナー&パンに決定!
    エスカルゴ屋台 エスカルゴ ハリラ

    マラケシュにきて4日目。そろそろ観光にと出掛ける。
    …が、運の悪いことに、この日は最高気温45度というウソみたいな暑さだった。
    というわけで、バイア宮殿の観光だけで終わった……。
    バイア宮殿の天井 バイア宮殿の中で 暑さにうだるあきらとネコ

    あまり観光してないマラケシュ。それでもあまりの居心地の良さに9泊してしまった。

    宿の近くの美味しいレストラン(ここのタジンが美味しかった!のにとっても安い!!)
    レストラン タジン

    初めてのスーク巡り
    スーク1 スーク2

    おじさんから買った甘い甘いメロン
    メロン売りのおじさん

    …など、挙げればきりがない。あまりの暑さにダラダラしていたけど、この時の暑さがまだほんの序章であった、とは気付きもしない私たちであった…。
    マラケシュの夕日


    ※1ユーロ=10.8DH(ディラハム)
     1DH=約13.3円
    7月7日~8日移動
    7月8日~17日マラケシュ泊
    (メグ)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!



    スポンサーサイト
    【2006/10/30 18:00】 モロッコ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    バルのハシゴ(マドリッド~グラナダ)
    南米→ヨーロッパ
    7月4日晴れ
    約5ヶ月旅をした中南米を後にし、ブエノスアイレスから格安航空会社エアーマドリッドでスペインのマドリッドへと飛んだ。格安なため、機内食付かないと聞いていたが、実際にはちゃんと2回出て大満足。特に何の問題もなく、この旅12カ国目のスペインに入国した。
    スペインには着いたものの、最初に行く町も決めていなかった僕らは、空港でパソコンを開くも、無線ランは拾うことが出来なかった。結局色々と考えた末に、まずは次の国であるモロッコの情報も手に入る、「日本語情報センター」があるというグラナダに行く事にした。
    バスターミナルに行く地下鉄の中で、全員がヨーロピアンであることに驚いた。考えれば当たり前だが、今まで旅してきた所ではヨーロッパからの旅行者や移住者がいて、それはつまり土着の民ではなかった。でも、ここではヨーロピアンが原住民なのである。それにもまして驚いたのが、バスターミナルでサンドイッチを見たとき。少し小腹が空いたので、軽食でもと思って、サンドイッチの価格を見た。ものすごく薄い、具が一つしか入っていない小さなサンドイッチ一つでなんと2ユーロ(300円)!!日本でも2つで100円台であるから、2つだと日本の5倍である。それが最も安く、肉とかのミックスになると3ユーロだった。ヨーロッパ、高いと思ってはいたが、ココまでとは…。
    今まで世界各地で出会うヨーロピアンから「日本に行きたい。でも高いから行けない」と言われてきたが、事実は全くの逆であった。西欧の中では安い部類に入るスペインでこれだから、先が思いやられた。
    エアーマドリッド   マドリッドのバスターミナル


    グラナダ
    グラナダ行きのバスは高いだけあって、確かにキレイだった。座席にはリクライニングだけでなくて、横にスライドする機能があったりして、体がごついヨーロピアン仕様(!?)外に見える景色も田舎に出ても、こぎれい。でも何か物足りない。そういえば、マドリッドのバスターミナルでもキレイで案内板とかはあったけど、チケット買って、バスの発着所がどこか迷っていたときに誰も声をかけてくれなかった。日本とかでは当たり前の光景だが、今までのアジア、中南米では聞かなくてもすぐに誰か親切な人が現れるといった具合だったのだ。まぁ、それも行き過ぎればうざいのだが。

    グラナダに着くと、まず日本語情報センター(Reyes Catolicos 14 3F)を目指した。ここは大道正樹さんが一人でやっていて、予約代行とかの有料サービスもあるが、色々お得な情報をタダで教えてくれる。僕達はここでまず安宿の場所を教えてもらった。アルハンブラ宮殿へと続くGomerez坂を登ってすぐにある宿で、中もきれいだし、でぶった猫もかわいかったので、ここに決めた
    (Pension Gomerez Gallegos、W30ユーロ、Cuesta de Gomerez2,3)。最初無愛想に見えたセニョーラも結構優しい人だった。
    Pension Gomerez  宿の部屋  宿のぶっとい猫

    宿を決めた僕らは町をぶらついた。確かに町並はきれいだけど、なにか物足りない。そういえば、マドリッドに降り立って以来、人の視線が少なくなったのだ。南米では物珍しげにじろじろ見られた。早くもあれが懐かしい…
    そして再び日本語情報センター。ここで(正樹さんが言うには)スペインで一番美味しいパエージャと格安バル(同じバルだった)を紹介してもらい、フラメンコの予約もした。

    食が楽しいグラナダ
    まずは正樹さんに紹介してもらったパエージャ。スペイン料理のことは知らない人でもこの名前くらいは知ってるでしょう!(←僕もこのくちだった)日本で食べたパサパサ(っといってもブッフェのものだったが…)と違って、料理評論家のように上手い表現は出てこないが、あの味を思い出したら唾液がだらだら出てくるので、よほど旨かったのだろう。グラナダに来たら是非食べて欲しい。あまり旨そうだったので、写真を撮り忘れたことにはご容赦を。
    そして何といってもバル(BAR)。スペイン全土にあるが、グラナダでは1ドリンクにつき、つまみが「タダ」でついてくる。ここ以外ではあまりないシステムらしい。店によってはボリュームまたは種類があり、それだけで晩御飯代わりになる。ビールはちなみに2ユーロ以下。正樹さんの教えてくれた店は飲み物を頼む度に違うタパス(つまみ)をつけてくれるという、最高の店だった。2日間バルのハシゴをしたが、ここが一番良かった。
    しかも周りみんなが立ち飲みのため、地元の人ともすぐ仲良くなれる。
    というわけで、グラナダのバルがここでの最大の思い出となった。
    バル バルのオヤジ タパス


    アルハンブラ宮殿
    グラナダと言えばアルハンブラ!実はここの事を僕は知らなかったが、メグはめっちゃ行きたかったとこらしい。というわけで、僕らにしては珍しく、到着2日目に早起きしてアルハンブラ宮殿見学に行った。宿代が高いヨーロッパでは一日として無駄には出来ないのだ。
    アルハンブラ宮殿は13世紀~14世紀に建立された、イベリア半島最後のイスラム王朝の宮殿。イスラム文化を代表する建築だけあって、宮殿の壁は幾何学模様や彫刻で飾られ、中庭も超豪華。幾何学模様が大好きなメグも満足気であった。朝の8時から並んだ甲斐があった。そんなに早くから行っていても、むしろもっと中で過したかった。宮廷内では飲食禁止の看板があったけど、中で皆、持参したサンドイッチを食べていたのを見たときには、持ってくれば良かったと後悔した
    アルハンブラ1 アルハンブラ2 アルハンブラ3
    アルハンブラ4  アルハンブラ5  アルハンブラで「命」

    アルハンブラは花もいっぱい☆
    花1 花2 花3

    ゴージャスな中庭
    中庭1  中庭2  中庭3


    フラメンコ
    正樹さんのところで予約したフラメンコへはツアーバスに乗っていった。周りは恐らく日本からのツアー客。これはいわゆる便乗である(笑)添乗員も付いていて、少しの間パックツアー気分を味わった。
    高台にあるフラメンコ会場。正樹さんのところで予約した、他のお客のために南米仕込のスペイン語でオーダー。少し優越感♪
    周りは日本人だらけのなか、予想外に超真剣なフラメンコ演奏が始まった。フラメンコも素晴らしかったが、ステップの激しさに驚いたのか、ホケーっと見ていた中年ツアー客らの表情がかなり面白かった。(写真を拡大すれば確認できます)
    フラメンコ1  フラメンコ3  フラメンコ2


    バルが超楽しかったグラナダ。2泊のつもりが1泊延泊して飲み溜めし、イスラム国(=禁酒国)のモロッコへと向かった。



    ※1ユーロ=155円
    7月4日~7月7日
    (あきら)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!




    【2006/10/27 19:01】 スペイン | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    あわただしい移動&準備(ボリビア~アルゼンチン)
    6月28日~7月2日
    28日のウユニ10時(←実際は11時半)発のバス(一人30ボリ)に乗り、その日の17時半にポトシに到着。一緒にウユニで塩をとった(私たちだけだった…)マリちゃんと別れて、同日のポトシ発20時(←実際は21時)のバス(一人40ボリ)でビジャソンを目指す。
    ビジャソンはボリビア最後の町で、そこから徒歩で国境を渡る。
    アルゼンチンのイミグレにはたくさんのボリビア人がいて、書類に不備があるのか、追い返されてる人も多かった。

    バス内はほとんどがボリビア人。私たちのような旅行者ではなくて働きに出てきたという感じ。途中、何度も検問があって、その度に長い時間をかけて手荷物のチェックが行われた。メキシコ以来の、何度も繰り返される同じようなチェックには少しうんざりした。
    イミグレ バス 検問


    アルゼンチンに入ると景色が変わっていくのが分かる。
    キレイに塗装された道路。豊かな緑。左右に見える牧場にはリャマではなく牛がいる。
    牛

    南米だけど南米から離れていくような…。

    ちょっと寂しい気分。

    でもアルゼンチンではステーキ&ワインが待っている…!!



    ヨーロッパへ旅立つ前に
    二度目のブエノスアイレスでの宿は日本旅館(ドミ15ペソ、住所:Mila Flores 2045 Capital Federal #1406)。長期で泊まりたい宿だけど、今回は3泊だけ。スペインのマドリッド行きのフライトは7月3日。それまでに薬の買い足しなど、これからの旅の準備をしなくちゃいけない。
    毎日、中心地まで出掛けては(日本旅館から遠い…)、ステーキの食べおさめや買出しにと忙しい日々だった。
    日本旅館 日本旅館のドア 部屋 近所の韓国料理屋で 近所のネコ 同じくネコ

    ※1ドル=3ペソ
     1ペソ=約40.2円
    (メグ)



    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!





    【2006/10/08 19:33】 アルゼンチン | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    塩の湖と塩のホテル(ウユニ)
    6月26~27日
    ウユニ
    ラパスからの夜行バスは、エル・アルト(古着市)で購入したダウンジャケットのおかげで、覚悟していたほど寒さに震えなかった。ただ、ズボン下(ももひき)に靴下二枚重ね、ダウンジャケットの下には服4枚と、完全防備をして調度良いくらいやったから、バス内の気温は相当低かったと思う。世界中を周っている人の多くが、「この区間が最も寒かった」と言っていたくらいである。

    早朝、ウユニに着くと、さまざまな旅行代理店の呼び込みが出迎えてくれた。その中に、目当ての「PLAYA BLANKA」も来ていた。ウユニ塩湖周辺には「塩のホテル」がいくつか点在する。そしてここは、「ウユニ塩湖内の塩のホテル、Hotel Blanka」を扱う唯一の代理店なのだ。色々と悪評も聞いたのだけれども…
    ラパスの情報ノートで見て知っていたので、もともとPLAYA BLANKAに行くつもりだったけど、呼び込みが来ていたのはこれ幸い。まるで他の代理店に行くかのような態度をすることで値切ることに成功した。(1泊2日ツアー言い値25ドル→15ドルへ)

    塩湖ツアー
    そもそもウユニ塩湖とはなにか?南米未体験の人の中ではあまりなじみのない名前だと思うが、マチュピチュや、イースター島などの横綱級の見所を除けば、南米最高級の景勝地といっても差し支えないところだと思う(少なくとも僕は)。
    なぜ、そんな所が出来たかはネットで検索してもらえば簡単に分かるので、ここでは割愛するが、そこに行くにはウユニの町からツアーに参加するのが一般的である。
    PLAYA BLANKAツアーについてのあまりよくない事例を各地の情報ノートで見てきた。それは実際にどうだったのか??僕達の実例で検証してみる。

    まず、時間について。ルーズだいう噂であったので、契約時に再三にわたって確認。
    そして朝10時集合。
    こない…。
    11時くらいに代理店のおばちゃんを探しに行く。
    いない…(涙)。
    噂は本当だった。まぁボリビア時間ということで。

    そして、食事。どのツアーでも三食付いてくるのだが、他のツアーの方は見ていてめっちゃ旨そうだった。僕らのは、まぁ、食えないことはなかった。

    ツアー内容について。これははっきりいって、どこの旅行代理店を利用しても大差はない。塩湖内のいくつかの名所を周り、ホテル&食事(昼、夜、朝)は込み。
    塩で出来たホテルも3つある。ただし、塩湖内の塩で出来たホテルに泊まれるツアー会社はここだけ(他の所でそれを頼んだら、料金上乗せの上、結局PLAYA BRANKAの車に回される)。塩湖内に泊まりたかったら、ここしかないのだ。ただ、3泊4日でチリにそのまま抜ける人は塩のホテルだけ泊まって、後は他のツアーを利用したほうがいい。日が経つにつれ、さらに食事の内容が悪くなっていくし、ドライバーとのトラブルもそちらのほうでは聞くからだ。でも、1泊2日の方では特に問題はなかった。

    塩のホテル
    結局どのツアーでもいえるだろうが、大事なのは同行者。僕らと、マチュピチュにも一緒に行ったマリちゃん。それにボリビア人女性が2人。彼女らの名前はユミちゃんとナオミちゃん。サンタクルスに住んでいて、日系2世らしい。サンタクルスには戦後新天地を夢見て移住してきた日本人たちのコミュニティがあり(ボリビアに来るまではブラジルだけだと思っていたが、南米にはそんな所がいくつかある)、彼女らはその子供なのだ。アメリカンスクールに通っていたという2人は英語もペラペラ。クラスメイトには金持ちのインド人や、アフリカ人たちもいたという、今まで出会ったことのないタイプの2人だった。こんな人たちに出会えるのも旅ならではだろう。
    プラヤブランカツアー  僕らの乗ったランクル

    心配だったドライバーもいい人そうで一安心。
    まず、塩精製所に着いたが、塩の山よりも、土産物屋が買っているリャマの子供にみんな釘付けだった。ただ、写真を撮ったらチップを要求されたけど…
    ドライバーのおっちゃん 精製所のおばちゃん 土産物屋よりも稼ぐリャマ

    そして到着した、塩のホテル。広大な塩湖の中にぽつんとそれだけがある!まるで精神と時の間(ドラゴンボール)のように周りは真っ白ですさまじく完全に静寂の世界。
    感動したのも束の間、あまりにも何もなさすぎて、すぐにヒマになり、遠近法を使った写真で遊んだ。周りにいた外人(他のホテルに泊まる人も昼はここに寄る)からの視線もなんのその。真っ白な背景だけに、人物画が映えた。
    ホテル・ブランカ ウユニ塩湖1 ウユニ塩湖2
    遠近法1 遠近法2 塩湖と影

    そして空中浮遊。←これは同じ夫婦パッカーのタテちゃんが元ネタ。(HP:Around The World
    空中浮遊1 空中浮遊2 空中浮遊3

    色々遊んでいる間、常についてきた、ホテルの管理人の子供。最初はおとなしかったが、慣れてくるにつれ、悪ガキぶりを発揮。一回ガツンと叱ってやると、ゴミを捨ててくれたりして可愛くなった。今までよほど観光客に甘やかされて育ってきたのだろう。飴をあげたが、「Gracias」(ありがとう)と言わせるのが大変だった。こんな周りが真っ白な世界で親と二人。しかも親は毎日ホテルの仕事で忙しい。友達も出来ない環境で、みため4歳くらいなのに、言葉がほとんど喋れない。少し可哀想だった。
    ホテルの子供1  ホテルの子供2

    そして待ちに待った夕日(写真左は待っている図)。
    夕日待ち メグに後光が!! あきらとメグと夕日
    夕日1 夕日2 夕日3



    沈むと急速に寒くなった。

    5人で囲んだ、その晩の夕食は楽しかったが、町でビールしか買ってこなかったことを後悔した。とんでもなく寒いのだ。昼間は厚着していると汗ばむくらいだったが、時間が経つにつれすごく冷え込む。まさに芯から冷えるとはこのことだと思った。体が暖まるラムかブランデーを持ってくるべきだった。
    朝日に備え早めに布団に入る。持ってきた寝袋カバーに毛布を詰め込んで、厚着して寝たが、寒さでなかなか眠れなかった。
    塩のホテルの晩餐  塩の部屋



    翌日、朝6時前に目覚ましをセットしていたが、寒さでそれよりも前に目が覚めた。目覚ましが鳴っても、寒くて布団から出る気がしなかったが、ウユニの朝日を見るためになんとか気合を入れてベッドから飛び出した。二人(メグとマリちゃん)を起こす(というか布団から引っ張り出す)のが大変だった。
    外に出ると、満天の星空。6時20分くらいから東の空が白み出し、星とのセットが素晴らしい!でもさっぶい~!!!
    それから朝日が出てくるのに一時間くらいかかったが、今までの朝日待ちの中で、もっとも時間が経つのが遅く感じた。それでも起きた甲斐はあったし、これを見るにはこの寒い塩のホテルに泊まるしかないので、みんなもチェレンジして欲しい。
    日の出前 朝日1 朝日2
    朝日3 外で震えて待つ 寒いから中で待つ
    朝日4 朝日5 朝日観賞成功

    そして、記念に塩をペットボトルに詰め、ホテルを後にした。
    塩採集1 塩採集2 みんなとホテル・ブランカで

    その後は、サボテンが立ち並ぶ魚島や、塩の山、ミイラが居るところなどを見たが、あまり印象的な事件もなかったので写真は割愛しておく。ただ例によってまたドライバーが迎えに来るのが遅れたため、ボリビア人二人が、電車の時間があるので、ドライバーとバトッた上に、あとのツアーを破棄したタクシーを呼んでいた。このツアーを利用するには時間に余裕を持たせ、ウユニの町で一泊するつもりで行った方がいい。

    町に戻った僕らはPLAYA BLANKA目の前の「Hotel Avenda」(トリプル60ボリ、住所:Ferroviaria Avenue No11)に泊まった。ツアーはたった2日だったが、ものすごく久しぶりに暖かいベッドに寝た気分になった。
    ホテルアベンダ


    ※1ドル=8ボリ
     1ボリ=約14.3円
    (あきら)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!




    【2006/10/08 06:40】 ボリビア | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。