世界一周~バックパッカーズハネムーン~
新婚旅行で海外世界一周!旦那はバックパッカーだが、嫁はバックパッカー経験0。2005年9月20日から約2年かけて地球を東回りに一周します。 東アジア→北米→中南米→ヨーロッパ→アフリカ→中東→南アジア


PROFILE
あきら&メグ
  • Author:あきら&メグ
  • mixi:あきら@世界一周&メグメグ
    2005年9月20日より世界一周ハネムーンに出発!豪華な旅は出来ないが、心は豊かにを目指します。まずは新鑑真号で上海へ。。。タイに向かい、タイをスタートに地球を東回りで一周。
    写真はメキシコ、カンクン沖の島、イスラ・ムヘーレスの夕日。本人出演。
    二人ともタイマッサージの総本山ワットポーで資格を取得。タイマッサージセラピストです。

    ☆携帯版URL☆
    http://aroundtheworld.
    blog17.fc2.com/?m


    ☆旅の軌跡☆↓クリックすると地図が出てきます。
    世界一周準備編(東アジア)
    世界一周スタート!(北米編)
    いよいよ突入!(中南米編)
    高いぞ!ユーロ!!(ヨーロッパ編)←現在地
    ちょっとだけ!?(アフリカ編)

    今は…2008年10月20に帰国!!!大阪の新居に移り、
    社会復帰へ向け勉強の毎日です


    <バックパッカー部門>



  • RSS


  • CALENDER
    06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • シリアビザ延長(ハマその2)(09/27)
  • ラピュタの城(のモデルかもしれない)ツアー(ハマその1) (09/24)
  • アレッポ石鹸にかける情熱(アレッポ)(09/21)
  • 不思議な地形の町(カッパドキア)(09/16)
  • トルコでホームステイ!?(セルチュク)(09/12)


  • RECENT COMMENTS
  • takro(12/14)
  • chieko(09/23)
  • あきら(09/23)
  • chieko(09/22)
  • あきら(06/26)
  • みちか(06/22)
  • あきら(05/05)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!:本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!(07/23)
  • 芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!:芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!(07/23)
  • 首都の旅:ブダペストについて(02/05)
  • 国内旅行・海外旅行の豆知識:ビジネスホテルとは(12/14)
  • 外国.ネット-Gaikoku.net-:新婚旅行。旅人。世界一周(03/04)


  • ARCHIVES
  • 2007年09月 (7)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (1)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (10)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (3)


  • CATEGORY
  • ヨルダン (0)
  • 未分類 (0)
  • 日記 (1)
  • 世界一周の準備 (3)
  • 旅日記 (1)
  • 中国 (15)
  • お知らせ (4)
  • ベトナム (5)
  • カンボジア (2)
  • タイ (3)
  • アメリカ (3)
  • メキシコ (9)
  • グアテマラ (4)
  • アルゼンチン (4)
  • チリ (3)
  • ペルー (5)
  • ボリビア (3)
  • スペイン (2)
  • モロッコ (6)
  • ハンガリー (3)
  • チェコ (2)
  • オーストリア (1)
  • ブルガリア (1)
  • トルコ (3)
  • シリア (3)


  • LINKS
  • タイ古式マッサージ「ヌアットタイ」 ←大阪堀江のマッサージサロン。くつろげます。
  • 大阪のテニスサークル「ZIPPY」(相互リンク) ←堺市中心に活動。
  • 世界一周☆地球日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • [TABI CAFE]世界放浪フウフ(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • 世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • Around The World(相互リンク) ←カンクンで出会った「夫婦パッカー」。mixiやってる方は検索してみてください。
  • グアテマラ、アンティグアの日本人宿「ペンション田代」(相互リンク) ←中米グァテマラでお世話になりました。
  • [gurecat world tour last fly^w^/ぐれねこ地図](相互リンク) ←ブエノスアイレスで出会った、旅行地図職人。すごい人(猫)です。
  • ★☆ビアテイスターなお☆★の夢のダイニングバー開店までの道2(相互リンク) ←バルセロナで出会った新婚パッカー。世界のビール特集あり。
  • オーストラリア YEEEEEW!!!(相互リンク) ←ワーホリ中。fc2rankingで知り合いました。
  • かぜのむくまま きのむくまま
  • 続けいの無銭旅行記


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    チベットへの道(西寧)
    10月2日雨。雨の西安を離れてもまた雨。西安出発が1時間くらい遅れたのに、なぜか定刻に着いた。余裕をかましていた僕らがあわてて外に出ると、雨の中北京からの3人組みが待っていてくれた。青海湖に行くと言っていたこの3人に、このまま付いていっても楽しそうだった。

    しかし、ここ西寧ではなんとか日本人と出会って情報収集せねばならなかった。次の町、ゴルムドからの闇バスに乗る為に。

    (以下チベット事情に詳しい方は読み飛ばして下さい)
    僕たちの次の目的地である、ラサがあるチベット自治区は、外国人許可証というものが必要だ。陸路であろうと空路であろうとである。
    このせいでディスカウントチケットが流通しているはずの、成都からラサへのフライトが2000元以上もし、正規航空券しか存在しないラサ→成都が1500元と逆転現象が起こる。そして、この外国人許可証は原則(赤字)個人では取れないことになっていて、団体ツアーの形をとらないと発行されない。通常3泊4日である。そのツアーにはラサ近郊の寺院観光(参加しなくてもいい)や、宿(違う宿に泊まってもいい)も一応ついているが、終わったらそのまま残ってもいいという、「何じゃそりゃ?」なツアーなのだ。

    中国政府の「西部大開発」の号令のもと、チベットへの道は格段に行きやすくなっている。高速道路も整備されだしてきたし、2007年にはゴルムドから直送列車も開通する。以下の写真はラサに着いてから撮ったものだが、チベットは今以上に一大観光都市になるだろう。

    未来都市ラサ 奥に見えるポタラ宮がなければチベットだとは分かりません…(拡大してみて下さい)
     
    これがチベットの人たちにとって、いいことかどうかは分からない。
    インフラが整備されると物資の行き来は活発になり、物も手に入りやすくなる。市場が活発化されれば、仕事も増え、物も安くなるだろう。(現在のチベットは「山価格」で、周辺都市に比べやや物価や食費が高い)しかし、いったいどれだけのチベット人がそれらの恩恵に与れるのだろうか。
    少なくとも一旅行者の観点から見たラサでは、裕福そうなチベット人はあまり見なかった。きれいな身なりをしているのは、ほとんどが漢人である。ガイドブックではポタラ宮より西側を境に中国からの移民者エリア、と書いてあったが、そのエリアはかなり東側にまで拡がっていた。チベット人のエリアは、実際ジョカン(チベットの有名な寺。チベット人の参拝者は山を越え、皆ここを目指す)の周りに限られていた気がする。大きさにして1㎞四方ほどであろうか。
    個人的な私情から言わしてもらえれば、これ以上あまり変わってほしくない。
    しかし、この流れを変えるのはもはや非常に困難である。(現在インド亡命中のダライ・ラマ14世は国際世論に「チベット解放」を切実に訴えている。チベットではFree TibetのTシャツを着たり、ダライ・ラマ14世の写真を保有しているだけで、外国人は国外追放。チベット人ならば刑務所行き、最悪死刑となる)ただ言えることは、まだチベットらしさを残している今のラサに行けて良かったということだ。

    チベットの東側からチベットへの道は大きく分けて陸路と空路の2つ。その中でもメジャーなのが西寧→ゴルムド→ラサのバスと、成都→ラサの飛行機である。
    飛行機でいきなり標高3600mのラサへ降り立つと、ひどい高山病になりやすいようなので、僕らは陸路を選んだ。もし、1700元かかる正規ツアーで行っても価格は飛行機に近くなるが、高山病のリスクは低くなるし、運が良ければ闇バスで(時期にもよるが)700元以下でいける。最近帰国した友人の松本は今年の春に350元で行って、検問無しだったそうだ。
    ただ、ここでこのブログを旅の情報として読んで頂いている読者のために誤解のないように言っておくが、闇バスはあくまで非合法であるし、時期およびドライバーにより価格、安全度は大きく異なるので気をつけられたい。


    前置きが長くなったが、ここで話を西寧に戻す。

    とにかく、陸路で行くことを選んだ僕らは、情報収集及び、一緒に行く日本人(欧米人は闇バスで行くには目立ちすぎる)を探すために、ここでは日本人が泊まっている宿を選びたかった。
    駅から電話で2軒ほどガイドブックに載っている宿にかけたが、寝ぼけていたり(6時半だった)、英語が話せなかったり。僕の片言の中国語ではらちがあかなかった。『とりあえず、どないしょ?宿に直接当たろうか?』と思案していたら、“彼”に声をかけられた。
    「Are you looking for hotel ?」

    (長くなったので、前後編にします)

    ※1元=14.5円
    (アキラ)
    スポンサーサイト

    【2005/10/21 14:19】 中国 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。