世界一周~バックパッカーズハネムーン~
新婚旅行で海外世界一周!旦那はバックパッカーだが、嫁はバックパッカー経験0。2005年9月20日から約2年かけて地球を東回りに一周します。 東アジア→北米→中南米→ヨーロッパ→アフリカ→中東→南アジア


PROFILE
あきら&メグ
  • Author:あきら&メグ
  • mixi:あきら@世界一周&メグメグ
    2005年9月20日より世界一周ハネムーンに出発!豪華な旅は出来ないが、心は豊かにを目指します。まずは新鑑真号で上海へ。。。タイに向かい、タイをスタートに地球を東回りで一周。
    写真はメキシコ、カンクン沖の島、イスラ・ムヘーレスの夕日。本人出演。
    二人ともタイマッサージの総本山ワットポーで資格を取得。タイマッサージセラピストです。

    ☆携帯版URL☆
    http://aroundtheworld.
    blog17.fc2.com/?m


    ☆旅の軌跡☆↓クリックすると地図が出てきます。
    世界一周準備編(東アジア)
    世界一周スタート!(北米編)
    いよいよ突入!(中南米編)
    高いぞ!ユーロ!!(ヨーロッパ編)←現在地
    ちょっとだけ!?(アフリカ編)

    今は…2008年10月20に帰国!!!大阪の新居に移り、
    社会復帰へ向け勉強の毎日です


    <バックパッカー部門>



  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • シリアビザ延長(ハマその2)(09/27)
  • ラピュタの城(のモデルかもしれない)ツアー(ハマその1) (09/24)
  • アレッポ石鹸にかける情熱(アレッポ)(09/21)
  • 不思議な地形の町(カッパドキア)(09/16)
  • トルコでホームステイ!?(セルチュク)(09/12)


  • RECENT COMMENTS
  • takro(12/14)
  • chieko(09/23)
  • あきら(09/23)
  • chieko(09/22)
  • あきら(06/26)
  • みちか(06/22)
  • あきら(05/05)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!:本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!(07/23)
  • 芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!:芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!(07/23)
  • 首都の旅:ブダペストについて(02/05)
  • 国内旅行・海外旅行の豆知識:ビジネスホテルとは(12/14)
  • 外国.ネット-Gaikoku.net-:新婚旅行。旅人。世界一周(03/04)


  • ARCHIVES
  • 2007年09月 (7)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (1)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (10)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (3)


  • CATEGORY
  • ヨルダン (0)
  • 未分類 (0)
  • 日記 (1)
  • 世界一周の準備 (3)
  • 旅日記 (1)
  • 中国 (15)
  • お知らせ (4)
  • ベトナム (5)
  • カンボジア (2)
  • タイ (3)
  • アメリカ (3)
  • メキシコ (9)
  • グアテマラ (4)
  • アルゼンチン (4)
  • チリ (3)
  • ペルー (5)
  • ボリビア (3)
  • スペイン (2)
  • モロッコ (6)
  • ハンガリー (3)
  • チェコ (2)
  • オーストリア (1)
  • ブルガリア (1)
  • トルコ (3)
  • シリア (3)


  • LINKS
  • タイ古式マッサージ「ヌアットタイ」 ←大阪堀江のマッサージサロン。くつろげます。
  • 大阪のテニスサークル「ZIPPY」(相互リンク) ←堺市中心に活動。
  • 世界一周☆地球日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • [TABI CAFE]世界放浪フウフ(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • 世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • Around The World(相互リンク) ←カンクンで出会った「夫婦パッカー」。mixiやってる方は検索してみてください。
  • グアテマラ、アンティグアの日本人宿「ペンション田代」(相互リンク) ←中米グァテマラでお世話になりました。
  • [gurecat world tour last fly^w^/ぐれねこ地図](相互リンク) ←ブエノスアイレスで出会った、旅行地図職人。すごい人(猫)です。
  • ★☆ビアテイスターなお☆★の夢のダイニングバー開店までの道2(相互リンク) ←バルセロナで出会った新婚パッカー。世界のビール特集あり。
  • オーストラリア YEEEEEW!!!(相互リンク) ←ワーホリ中。fc2rankingで知り合いました。
  • かぜのむくまま きのむくまま
  • 続けいの無銭旅行記


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    怪しさ漂う首都と内戦の記録(プノンペン)
    11月11日快晴
    朝8時45分ホーチミン発のシンカフェツアーバスでプノンペンへ向け出発。陸路でプノンペンへはもちろん、ローカルバスを乗り継いでもいけるが、乗り換える度に交渉が必要なため、うまくいっても少ししか安くならない。ツアーバスで行くのが一般的である。($6でキャピタルホテルまで)もちろん、安全面でもこちらの方がいい。といっても、もはや僕たちには盗られるようなものはないのだが。

    半ばやけくそ気味で出発するも、バスは無事11時頃ボーダーに到着。ベトナム通貨のドンは国境を越えるともう役に立たないので、ここで初の闇両替を利用した。闇と行ってもすごく堂々としていて、持ち金の31000ドンを見せると7000リエルとふっかけてくる。ネットで前もって調べておいた1ドル=16000ドン=4000リエルというややこしい計算を炎天下の中でしつつ交渉した結果、7500リエルで決着。やはり帰る振りが一番効く。少し歩き出すと、あわてて追いかけてくる。

    この旅2度目の国境越えは、ベトナムの出国はスムーズにいった。そしてカンボジアに向け通路を渡ると、左手に小さなイミグレがあった。何人か白人といっしょに渡ったが危く見逃しかけ、引き返す。ここには入国書類の記入時にいろいろと教えてくれたカンボジア人がいて、最初はカンボジア側のツアー会社のスタッフかと思っていたが、チップを要求され(要は全く関係ない人間)無視。

    とにかく、無事に3カ国目のカンボジアに入国した!ここでバスを乗り換えた(急に小さくなった)。
    カンボジア側を1時間も走れば景色は激変。地平線が見えそうな平野にぽつんぽつんと背の高い木がある。これはただ風土的なものだけなのか、それとも戦争、内乱の影響なのか?なんだか感傷的になりイマジンを聴いた。

    途中でなにか大きな音がなったと思ったら、タイヤがパンクしていた。さらに溝のないスペアタイヤに履き替えている間に(妙に手馴れていたが、よくある事なのだろう)、地元の高校生たちと出会う。自分たちの住む村まで一時間かけて自転車通学らしい。学校で習った英語と日本語を試したいようで、両方交えてしゃべった。前回(約7年前)にシェムリアップに行ったときも思ったが、カンボジアの子供たちはすごく向学心が高い。長年続いた戦争と内戦が終わり、ようやく勉強ができる環境が整ったからかもしれないが、もともと民族的にカンボジア人は優秀だと聞いたこともある。まじめで純粋なカンボジア人を僕は好きだ。

    国境近くで学生たちと

    大きな川(池??)を渡るためにバスごとフェリーに乗り込む。その順番待ちをするバスの周りに、子供たちが群がる。その小さな手にはコーラ、スナック、パン。断っても断っても売りつけてくる。中にはウインクをしてくる売り子(男の子、誰が教えたんだ??)もいて、思わず笑うと三度売りつけてくる。でも意外と擦れてなく、コーラを値切りつつ話をしていると子供らしい笑顔も垣間見せる。バスが動き出した後、振り返るとそのまま遊んでいた。彼らにとってはもちろん商売なのだろうが、遊びの一環なのだろう。
    それをさせている親は違うだろうが…。

    19時頃、日暮れ前にプノンペン、キャピタルホテル前に到着。前述したが僕は以前学生のときにカンボジアを訪れたことはあるが、首都プノンペンは今回が初めてだった。アンコール遺跡群があり、圧倒的に観光地であるシェムリアップとは違い、やはり少し緊張する。
    アジアを回るバックパッカーにとっては超有名宿キャピタルホテル。その周りにはバイタク(バイクのタクシー)ドライバーたちが控え、カンボジア事情に慣れない旅人の外貨を狙っている。
    暗くなりきる前にキャピタルホテル周辺のホテルをいくつか回り、結局キャピタルホテルに泊まることになった。悪名高いわりには意外とましな部屋だった。(Wで6ドル)
    暗くなったので、安全を考え宿で夕食を取った。(一品5000リエル程度)

    キャピタルゲストハウス キャピタルゲストハウスのツインルーム キャピタルから見たプノンペン市街

    翌日は朝からキャピタルツアーを利用してキリングフィールドを訪れた。
    英語が堪能な女性ガイドが案内してくれたそこは、まるでただの原っぱ。真ん中に塔があり入ってみると、おびただしい数の頭蓋骨が積み上げられていた。ガイドによると、これがキリングフィールドで処刑された人たちで、最初は銃殺だったが途中から弾をしぶり、殴殺になったとのことだった。言われてみると、確かに頭蓋骨に陥没のあとがある。
    その塔の周りにはいくつかの大きな穴があり、ここで殺されたとのこと。処刑者自身が穴を堀り、掘り終わると殺される。掘るのが遅くても殺されたらしい。その処刑者とは知識者や、実力者、働き盛りの青年。つまりポルポトの独裁政権に疑問を持つものや、覆す可能性のあるものたちが全て殺された。残された家族たちには、連れ去られたものは中央で働いていると伝えられていたそうだ。
    ポルポト政権転覆後、キリングフィールの穴は白骨で埋まっていた。それを伝える写真も慰霊の塔の隣の建物に展示されていた。合掌。

    キリングフィールドの犠牲者 納骨堂 キリングフィールド当時の写真

    さらにその翌日、拷問博物館を訪れた。キャピタルからバイタク(単車のタクシー)で2000R(3人乗り。アジアでは家族全員の4人乗りも珍しくない)。高校の校舎を利用した元収容所に、拷問される前の写真が並んでいた。何教室にも渡って。これが死を悟ったものの顔なのだろうか。さらに進むと、どのように拷問されたかという描写と、拷問器具、拷問後の写真があった。地獄絵図だ。見ている内に気持ち悪くなってきたが、このような歴史事実は記憶に残さなければならない、という義務感でさらに進む。
    奥にはキリングフィールドの写真が多数展示されており、昨日見た平和な草原が急にリアルになった。その反対側の教室には拷問で使われたベッド、2階は収容所になっており、一人当たり半畳ほど。3階にはポルポトの写真があり、ありとあらゆる国の言葉で悪口が書かれていた。

    拷問された子供たち 拷問された人たち 拷問で亡くなった人

    平和な国に平和な時代に生まれたというのは本当にラッキーなことである。
    僕が生まれた1977年にもしベトナムやカンボジアに生まれていたら、世界一周などは出来ていない。それどころかはたして夢や希望を見ることが出来ていただろうか?自分の意思で生まれる国を選ぶことは出来ないが、自分の国が平和を維持することや、復興しようとしている国に対して、小さいながらも手助けをすることができるだろう。
    自分には何が出来るだろうか?僕だから出来ること、僕にしか出来ないこと。それは…?


    その晩、気をつけながらも初めて夜に近所に外出した。キャピタルから100mほどのところに屋台街があった。まったく英語が通じないので、ガイドブックに載っている簡単なカンボジア語で肉入り焼き飯と焼きそば、ビールを注文。ビールはアサヒだった。(アサヒビールで2500リエルだったのでおそらく現地生産)たくさんのカンボジア人の客たちの活気に満ちた雰囲気の中で食べたそれらは、めちゃくちゃ旨かった。

    キャピタルの近くの屋台 牛肉焼き飯


    ※US$1=4000リエル
    (あきら)


    ブログランキングに参加しました。あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!



    スポンサーサイト

    【2006/02/20 07:53】 カンボジア | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。