世界一周~バックパッカーズハネムーン~
新婚旅行で海外世界一周!旦那はバックパッカーだが、嫁はバックパッカー経験0。2005年9月20日から約2年かけて地球を東回りに一周します。 東アジア→北米→中南米→ヨーロッパ→アフリカ→中東→南アジア


PROFILE
あきら&メグ
  • Author:あきら&メグ
  • mixi:あきら@世界一周&メグメグ
    2005年9月20日より世界一周ハネムーンに出発!豪華な旅は出来ないが、心は豊かにを目指します。まずは新鑑真号で上海へ。。。タイに向かい、タイをスタートに地球を東回りで一周。
    写真はメキシコ、カンクン沖の島、イスラ・ムヘーレスの夕日。本人出演。
    二人ともタイマッサージの総本山ワットポーで資格を取得。タイマッサージセラピストです。

    ☆携帯版URL☆
    http://aroundtheworld.
    blog17.fc2.com/?m


    ☆旅の軌跡☆↓クリックすると地図が出てきます。
    世界一周準備編(東アジア)
    世界一周スタート!(北米編)
    いよいよ突入!(中南米編)
    高いぞ!ユーロ!!(ヨーロッパ編)←現在地
    ちょっとだけ!?(アフリカ編)

    今は…2008年10月20に帰国!!!大阪の新居に移り、
    社会復帰へ向け勉強の毎日です


    <バックパッカー部門>



  • RSS


  • CALENDER
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    RECENT ENTRIES
  • シリアビザ延長(ハマその2)(09/27)
  • ラピュタの城(のモデルかもしれない)ツアー(ハマその1) (09/24)
  • アレッポ石鹸にかける情熱(アレッポ)(09/21)
  • 不思議な地形の町(カッパドキア)(09/16)
  • トルコでホームステイ!?(セルチュク)(09/12)


  • RECENT COMMENTS
  • takro(12/14)
  • chieko(09/23)
  • あきら(09/23)
  • chieko(09/22)
  • あきら(06/26)
  • みちか(06/22)
  • あきら(05/05)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!:本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!(07/23)
  • 芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!:芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!(07/23)
  • 首都の旅:ブダペストについて(02/05)
  • 国内旅行・海外旅行の豆知識:ビジネスホテルとは(12/14)
  • 外国.ネット-Gaikoku.net-:新婚旅行。旅人。世界一周(03/04)


  • ARCHIVES
  • 2007年09月 (7)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (1)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (10)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (3)


  • CATEGORY
  • ヨルダン (0)
  • 未分類 (0)
  • 日記 (1)
  • 世界一周の準備 (3)
  • 旅日記 (1)
  • 中国 (15)
  • お知らせ (4)
  • ベトナム (5)
  • カンボジア (2)
  • タイ (3)
  • アメリカ (3)
  • メキシコ (9)
  • グアテマラ (4)
  • アルゼンチン (4)
  • チリ (3)
  • ペルー (5)
  • ボリビア (3)
  • スペイン (2)
  • モロッコ (6)
  • ハンガリー (3)
  • チェコ (2)
  • オーストリア (1)
  • ブルガリア (1)
  • トルコ (3)
  • シリア (3)


  • LINKS
  • タイ古式マッサージ「ヌアットタイ」 ←大阪堀江のマッサージサロン。くつろげます。
  • 大阪のテニスサークル「ZIPPY」(相互リンク) ←堺市中心に活動。
  • 世界一周☆地球日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • [TABI CAFE]世界放浪フウフ(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • 世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • Around The World(相互リンク) ←カンクンで出会った「夫婦パッカー」。mixiやってる方は検索してみてください。
  • グアテマラ、アンティグアの日本人宿「ペンション田代」(相互リンク) ←中米グァテマラでお世話になりました。
  • [gurecat world tour last fly^w^/ぐれねこ地図](相互リンク) ←ブエノスアイレスで出会った、旅行地図職人。すごい人(猫)です。
  • ★☆ビアテイスターなお☆★の夢のダイニングバー開店までの道2(相互リンク) ←バルセロナで出会った新婚パッカー。世界のビール特集あり。
  • オーストラリア YEEEEEW!!!(相互リンク) ←ワーホリ中。fc2rankingで知り合いました。
  • かぜのむくまま きのむくまま
  • 続けいの無銭旅行記


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    トルコでホームステイ!?(セルチュク)
    イスタンブール→セルチュク
    安宿街のスルタン・アフメッドから他の都市へのバスはアジア側のハレムバスターミナルの方が便利である。夕方、通勤客で混み合うトラムに乗り、スィルケジへと下り、そこからフェリーでボスポフス海峡を渡った。イスタンブールはこの海峡によって東のアジア側と西のヨーロッパ側とに分かれている。ついにアジア側に再上陸したのだった。ハレムバスターミナルはラマザン明けとあって非常に混みあっていたが、前日、マサを見送った際にすでにチケット(学割でイスタンブール→セルチュク、一人35リラ)を取得していたので、問題は無かった。ここでもバンコクで作った国際学生証が役に立った。バスはこれまたラマザン明けの影響か、1時間程遅れてやってきた。トルコのバスはとても快適だという噂を聞いていた。南米やメキシコのバスのようにフットレストこそついていなかったが、それでも日本のスキーバスのように窮屈ではなかった。道も悪くない。しばらく走るとバスごと船に乗って、更に南へと向かった。


    セルチュクは田舎だった
    出発こそ遅れたが、セルチュクのオトガル(バスターミナル)に定刻より早めの7時半に着いた。オトガルの東隣りの市場の向こうにある宿〝Vardar Family Hotel Pension〟(ツイン20リラでトイレシャワー&朝食付き。ボリュームたっぷりの夕食は8リラ)へと向かった。その宿では、おばあちゃんが笑顔でお出迎え。その笑顔でここの宿に即決した。
    宿 部屋 朝食


    セルチュクはエーゲ海沿いにあるローマ時代の遺跡「エフェス」への基点となる町である。オトガルから鉄道駅にかけての辺りが町の中心で、歩いて回れる程の広さ。週一回、土曜日に立つバザールの日以外は本当に静か。チャイハネでバックギャモンに興ずるおっちゃん達。子供達の笑顔。ここは思った以上の田舎だった。〝トルコの人々の優しさには東部でないと出会えない〟と途中で出会った旅人に言われたが、その意味ではここは嬉しい誤算だった。(ちなみに、バックギャモンとは中東を中心に行われているゲームで双六のようなもの。イスタンブールで覚えてから、次第にはまっていくようになる。)

    オトガルで食べたチョプシン(セルチュク名物の串焼き)は焼肉のようで美味しかったし、宿の夕食はボリューム満点の美味しい家庭料理で満足!ここをすっかり気に入った僕らは、本来の目的であったエフェス遺跡にはなかなか行かず、町でのんびりと過した。
    串焼き1 串焼き2




    エフェス
    僕たちは、物価がはね上がってしまったギリシャを飛ばしてしまった分、古代ローマ遺跡をどれか一つでも見たいと思っていた。そこで選んだのがこのエフェスである。
    セルチュク3日目、7時半に起きて、大劇場での貸切りを楽しもうと思っていたが起きれず、9時半に朝食を取った。それでも天気が良かったので、エフェスに行く事にした。

    セルチュクから歩いて約1時間弱。入場料の10リラを払い遺跡へ入り、最初に目に入ったのがトルコでも最大級という大劇場。当時、2万5千人を収容できたというここで、続々と舞台に入場してくるツアー客を見るのは面白かった。皆、時間が限られているせいか、10分程で出て行く。舞台上からのガイドの説明を観客席で聞いたり、舞台で突然歌いだす団体客を眺めたりした。一体、何十組を眺めただろう?こうして自分が気に入った遺跡でゆっくりするのが好きで、時には本を読んだりもする。マチュピチュでは布を敷いて昼寝したりもした。こういう時に時間を自由に使える個人旅行の良さを再確認する。古代図書館や神殿、娼婦館の広告など見た後、またこの大劇場に戻ってきて過した。
    大劇場が見えてきた 客席から 舞台の観光客たち
    図書館 ハドリアヌス神殿の二本の石柱のアーチ 彫刻


    エーゲ海
    すっかりセルチュクを気に入ってしまった僕らの滞在も一週間が経った。そんなある日、宿で知り合ったヤスシさんと一緒にエーゲ海のビーチへと出掛けた。まずはヤスシさんがバーで知り合ったトルコの若者に聞いたという、pamucakビーチへとドルムシュ(乗り合いタクシー)に乗った。このビーチはリゾートホテルの前にあって、ホテルの感じは良かったが、ビーチは広いだけできれいではなかった。地元の人が釣りを楽しむ所のようだ。仕方ないので、少し遠いが、kusadasi(クシャダス)経由でレディースビーチへと向かった。セルチュクとは対照的に、カリブ海のリゾートばりにツーリスティックなクシャダス。そこでドルムシュを乗り継いだ(セルチュク→クシャダス3リラ、クシャダス→レディースビーチ1.5リラ)。レディースビーチは割りときれいだった。すでに秋も終わりつつあるトルコは肌寒くなってきていたが、「エーゲ海で泳ぐ」という記念作りにと、ヤスシさんは単身で泳ぐ気迫を見せ、僕らは本を読みながら日向ぼっこをした。
    夕方、風も出てきたので早めに後にしたが、帰りのドルムシュから見えた夕日が印象的だった。
    クシャダス 豪華フェリー レディースビーチ



    セルチュクでホームステイ(?)
    前述した通り、セルチュクは田舎の素朴さを残す良い町だったが、何もない所に8日間もいた理由はそれだけではない。〝Vardar Family Hotel Pensionが居心地の良い宿だったからだ。宿のおじいちゃんとおばあちゃんが作る温かいトルコの家庭料理を毎日食べた。これがまた豪勢で、「明日の夕食は何だろう?」と毎日が楽しみだった。ここにたまに来る旅人も個性的で、ビーチで泳いだヤスシさんは上海から中央アジアを横断してきて、この旅が終わると、上海で働く予定だという。ヨウスケくんは、5年前にTOEIC900点を取り、今は中国語を勉強していて、5ヶ国語マスターを目指しているらしい。このような人たちと共に夕食を食べ、酒を飲み交わした。基本的には宿にうちらと家族だけだったため、まるでホームステイのようだった。元もとは、トルコの田舎の雰囲気やトルコ家庭の温かさを求め、東部へと足を延ばそうと思っていた。しかし、ここですでにそれらを存分に味わった為、東部は止めにし、世界遺産の石灰棚のパムッカレは温泉が枯れて汚くなったと言うし、残すトルコの旅はカッパドキアだけにすることにした。
    その後はシリア。いよいよ中東である。
    宿の夕食1 宿の夕食2 宿の夕食3
    宿の夕食4 宿の子供 おばあちゃんと


    ※1リラ=84円
    10月19日~10月20日 移動
    10月20日~10月27日セルチュク滞在
    (あきら)




    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!



    スポンサーサイト

    【2007/09/12 14:37】 トルコ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。