世界一周~バックパッカーズハネムーン~
新婚旅行で海外世界一周!旦那はバックパッカーだが、嫁はバックパッカー経験0。2005年9月20日から約2年かけて地球を東回りに一周します。 東アジア→北米→中南米→ヨーロッパ→アフリカ→中東→南アジア


PROFILE
あきら&メグ
  • Author:あきら&メグ
  • mixi:あきら@世界一周&メグメグ
    2005年9月20日より世界一周ハネムーンに出発!豪華な旅は出来ないが、心は豊かにを目指します。まずは新鑑真号で上海へ。。。タイに向かい、タイをスタートに地球を東回りで一周。
    写真はメキシコ、カンクン沖の島、イスラ・ムヘーレスの夕日。本人出演。
    二人ともタイマッサージの総本山ワットポーで資格を取得。タイマッサージセラピストです。

    ☆携帯版URL☆
    http://aroundtheworld.
    blog17.fc2.com/?m


    ☆旅の軌跡☆↓クリックすると地図が出てきます。
    世界一周準備編(東アジア)
    世界一周スタート!(北米編)
    いよいよ突入!(中南米編)
    高いぞ!ユーロ!!(ヨーロッパ編)←現在地
    ちょっとだけ!?(アフリカ編)

    今は…2008年10月20に帰国!!!大阪の新居に移り、
    社会復帰へ向け勉強の毎日です


    <バックパッカー部門>



  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • シリアビザ延長(ハマその2)(09/27)
  • ラピュタの城(のモデルかもしれない)ツアー(ハマその1) (09/24)
  • アレッポ石鹸にかける情熱(アレッポ)(09/21)
  • 不思議な地形の町(カッパドキア)(09/16)
  • トルコでホームステイ!?(セルチュク)(09/12)


  • RECENT COMMENTS
  • takro(12/14)
  • chieko(09/23)
  • あきら(09/23)
  • chieko(09/22)
  • あきら(06/26)
  • みちか(06/22)
  • あきら(05/05)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!:本物の霊が映ってた!只今公開中の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 動画あり!!(07/23)
  • 芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!:芸能人専門AV MUTEKIのS,Mの正体判明! 杉浦幸が自身であると告白!!(07/23)
  • 首都の旅:ブダペストについて(02/05)
  • 国内旅行・海外旅行の豆知識:ビジネスホテルとは(12/14)
  • 外国.ネット-Gaikoku.net-:新婚旅行。旅人。世界一周(03/04)


  • ARCHIVES
  • 2007年09月 (7)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年03月 (1)
  • 2007年02月 (1)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (4)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (2)
  • 2006年07月 (5)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (5)
  • 2006年04月 (7)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (10)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (2)
  • 2005年11月 (2)
  • 2005年10月 (8)
  • 2005年09月 (3)
  • 2005年08月 (3)


  • CATEGORY
  • ヨルダン (0)
  • 未分類 (0)
  • 日記 (1)
  • 世界一周の準備 (3)
  • 旅日記 (1)
  • 中国 (15)
  • お知らせ (4)
  • ベトナム (5)
  • カンボジア (2)
  • タイ (3)
  • アメリカ (3)
  • メキシコ (9)
  • グアテマラ (4)
  • アルゼンチン (4)
  • チリ (3)
  • ペルー (5)
  • ボリビア (3)
  • スペイン (2)
  • モロッコ (6)
  • ハンガリー (3)
  • チェコ (2)
  • オーストリア (1)
  • ブルガリア (1)
  • トルコ (3)
  • シリア (3)


  • LINKS
  • タイ古式マッサージ「ヌアットタイ」 ←大阪堀江のマッサージサロン。くつろげます。
  • 大阪のテニスサークル「ZIPPY」(相互リンク) ←堺市中心に活動。
  • 世界一周☆地球日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • [TABI CAFE]世界放浪フウフ(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • 世界ぷらぷら 世界一周バックパッカー旅日記(相互リンク) ←夫婦で世界一周。会えるかな?
  • Around The World(相互リンク) ←カンクンで出会った「夫婦パッカー」。mixiやってる方は検索してみてください。
  • グアテマラ、アンティグアの日本人宿「ペンション田代」(相互リンク) ←中米グァテマラでお世話になりました。
  • [gurecat world tour last fly^w^/ぐれねこ地図](相互リンク) ←ブエノスアイレスで出会った、旅行地図職人。すごい人(猫)です。
  • ★☆ビアテイスターなお☆★の夢のダイニングバー開店までの道2(相互リンク) ←バルセロナで出会った新婚パッカー。世界のビール特集あり。
  • オーストラリア YEEEEEW!!!(相互リンク) ←ワーホリ中。fc2rankingで知り合いました。
  • かぜのむくまま きのむくまま
  • 続けいの無銭旅行記


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    ヨーロッパとアジアの架け橋(イスタンブール)
    10月9日、長かったソフィアを21時半発のバス(学生証提示で30レバ)で離れた。この移動はヘレナハウスからの仲間3人と一緒で、何だか遠足気分。

    次の日の朝、トルコのイスタンブールに到着。地下鉄と路面電車を乗り継いで、〝tree of life〟を目指す。
    トルコへ


    イスタンブールでの宿
    〝tree of life〟(ドミのみで5ユーロ。トラムCemberlitas Dur.駅から坂を下って、銀行の所で右折。)は旅の初めから噂に聞いていた宿。同じ夫婦パッカーのタテちゃん&ヒロも泊まっていた。本がたくさんあるらしい。旅に出てから読書に目覚めた私は、この宿で10冊近くの本を読んで過した。ブダペストのヘレナハウスになかった「モンスター」の第一巻も読めたし、なかなか充実した日々だった。
    宿  部屋

    そして幸運なことに、夕食はシェアご飯があった!前半はキクさん、後半はマツモトさん(南米にいた時、カイロのサファリホテルの料理長として噂を聞いていた)の料理が、毎日の楽しみとなっていた私たち。
    シェア飯  夕食の風景

    サファリホテルの料理長の噂…。

    それは、マツモトさんがお正月のおせち料理の材料のために日本へ一時帰国したという話だった。海外でしかもエジプトで、おせち料理!!それを聞いた私たちは「年越しはカイロのサファリで!」という目標を勝手に掲げていた。だけど真相は、用事があって一時帰国したついでに材料を持ってきたという事だったらしい。う~ん、どこでどう変わっていったんだろう。

    ああ~、でもマツモトさんが今ここにいるって事は…。

    突然、目標がなくなってしまった…。


    イスタンブールでの日々
    ラマザン中という事で、心配していた食事事情も、ここイスタンは都会だからか、全く関係なし。レストランも開いてるし、サババーガー(サバがサンドしてある)屋台も朝から営業している。朝はエキメッキ(見た目フランスパンでスーパーでも売っている。とっても美味しい!)、昼はバーガー屋やロカンタで、夜は宿でシェアご飯という充実した食生活。
    ロカンタ ロカンタ2 チャイはサービス

    レッドモスクやブルーモスク、トプカプ宮殿も近くて歩いて行ける。ブルーモスクは今まで見たモスクの中でも上位を占める豪華さ。天井を見過ぎて首が痛くなった。
    レッドモスク ブルーモスク ブルーモスクの中 

    トプカプ宮殿には宝石がたくさんあって(もちろん他にもいろいろある)、特にでっかいダイヤには釘付け…。
    トプカプ宮殿前 見事なタイル  天井


    シリアビザについて
    イスタンブールでの目的、それはシリアビザを取る事
    まず、日本領事館へ行ってレター(推薦状)をもらい、そのレターを持ってシリア大使館へ行き、近くの銀行でビザ代を振り込み、ビザができるのを待って…と、2日間かかった。日本領事館では、ビルの入り口と領事館のある10階の入り口、それぞれで荷物チェックとボディチェックをされた。
    対してシリア大使館。入り口がすでに開いている。中に入りきらないくらいの、たくさんの人人人…。中東の濃い顔の人でいっぱい。何のチェックもされないまま、中に入って書類に記入し始めた。「ここって何書くの?」と首をかしげてると、係りの人がつたない英語で一生懸命、教えてくれる。
    この人もきっとシリア人。シリアって親切な人が多そう…と、シリアが楽しみになってきた。
    ※シリアビザは15日間有効で、20ユーロ(トルコリラでの振込み可)。
    結局、シリアのハマで有効期限が過ぎそうになって、延長しに行ったけど…。その話はシリアのハマ編で。

    写真は、新市街側&ガラタ橋の近くで魚釣り、のんびりカフェで。
    新市街側 魚釣り のんびりカフェ


    ※1リラ=84円
    10月9日~10月10日 移動
    10月10日~10月19日イスタンブール滞在
    (メグ)



    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!



    【2007/09/08 00:00】 トルコ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    ベガスでのリベンジだ!!(ソフィア)
    ウィーン→ソフィア
    ウイーンでオペラを堪能した僕らは、次なる都市へ移動するため、教会ホステルで教えてもらった近場にある(乗り場は中央のバスターミナル)ユーロラインのオフィスへと赴いた。
    物価が安いという噂の、ブルガリアの首都ソフィアへのチケット代は55ユーロ。学生だと30%oオフだったので、いつも通りバンコクで作った国際学生証を提示した。しかし、26歳以下という年齢制限があり、認められず…。やはり30歳前で学生は無理があるということか!?(笑)
    ハンガリーで学生証を作る時に「20歳前半で申請!(←もちろんとうに越えている)」というツワモノもいたが…。

    ウィーンからハンガリー、セルビア・モンテネグロなどを通り、一路ブルガリアへ。各国を通過するときのチェックは車内でパスポートを提示するだけ。しかし、ブルガリア人らしき人々、その他、旧東欧諸国出身だと思われる人たちは、車外でのパスポート及び荷物チェックをされていた。日本のパスポートパワーはすごい。パスポートを見せるだけでチェックなしだった国境は今までけっこうあった。先達の外交努力には頭が下がる思いである。このように、世界中を条件付きながらも自由に旅ができる国は稀であり、しかも、終身雇用が崩れた今の日本に生まれた事は本当に幸運だと言える。

    こうしてソフィアへと何の問題も無く到着した。ブルガリアは18国目である。尚、ブルガリアの国境の免税店でタバコを購入したが、L&Mの1カートンは5.5ユーロで、マルボロは7か8ユーロだったと思う。免税店でのタバコの価格にこんなにも違いがあったことも、この旅での発見である。
    ブルガリアへ



    ソフィアの日本人宿
    ソフィアでの宿については、すでにヘレナハウス(ブダベスト)で情報を得ていたので、まっすぐにそこを目指した。途中、両替所でレートをチェックしたりしながら歩くと、カジノ「プリンスホテル」が大通り沿いに見えてきた。カジノを見ると、この旅で行ったラズベガスでの負けを思い出す「二度としない」「リベンジしたい」という相反する気持ちがないまぜになった感情が湧いてくる。しかし、今はまだやる気にはなれなかった。貴重な旅の資金を使うわけにはいかない。

    ソフィアの日本人宿「Sister's in(ドミ5ユーロ)」は、バスターミナルからまっすぐ来て、ぶつかった橋を渡った右にある野菜市場の近くにある。初めてだと非常に分かりにくい入口のブザーを鳴らして、中へ入った。
    「Sister’s  in」の入口 ドミ部屋

    ソフィアには数年前にオープンした「Backpucker's in」があり、日本人を中心に口コミで繁盛するようになったが、ロンプラに載るようになってから白人パッカーも増えた。柔道を愛するオーナーが日本人向けに作ってくれたのが、二号店にあたる「Sister's in」である。日本人が信用されてるのか、ここの管理人は3時で家に帰り、その後はゲストたちに委ねられる。何ともいい加減な宿である。共用スペースは広くて土禁で居心地も良く、そこではインターネットも自由に使える。部屋もきれいで洗濯機も使える(格安で)。キッチンも充実していて、市場はすぐ近く、少し歩けば大型スーパーもある。ビールも商店で買え(2.5&で1,3レバ)、さらに市場でワインの量り売りをしており、1ℓが1~2レバ程度。僕は1&1.5レバのワインがお気に入りで、これを皆で昼から飲んだりしていた。
    ワインの量り売り 市場で出会った親子 コーヒーショップにて

    こういった日本人宿では旅仲間との再会が多く、ハンガリーからそれぞれのルートへと別れていった「ヘレナハウス仲間」とは4人も会うことができた。そして何と!1年前のチベットで同じ宿だったリュウジともここで再会。これにはさすがに驚いた。
    マサの描いた絵の前で宿の皆と




    カジノ
    「Sister's in」の皆とは毎日シェア飯(夕食100~200円)をして、僕が作ることも多かったので、ここでまた料理の腕が上がった。他に、美味しいピザ(1.2リラの巨大なカットピザで、常に出来たてのアツアツ)を食べに行ったり、ものすごく小さな映画館を日本人5人だけで観たり、旧独軍や旧露軍の品を置いてる露店通りを見に行ったり。もちろん観光もしたが、一番はまってしまったのが「カジノ」である。
    シェア飯  美味しいピザ屋の行列 出来たてアツアツ
    街中にて  観光 露店にて


    カジノ「プリンセンホテル」はバスターミナルと宿の間に位置し、宿から歩いて10分もかからない。最初は〝タダ飯が食える〟との噂を聞き、ただ、カード(カジノに入るのに必要)を作りに行くだけのつもりだった。初日はぐるっと見学をして、ちょっとスタートをしただけだった。しかし、初日の夕飯(ブッフェ)を逃した事もあって、また行こうという事になり、〝どうせやるなら負けたくない〟と考えた僕は、ネットでブラックジャックのルールのおさらいをした。
    ブラックジャックは、親と子、どちらが21に近いかを競うゲームであるが、基本戦略が存在し、それを知ることで負ける確立をかなり減らすことができるのである。確率はみな平等なはずだが、〝流れ〟というものがあり、勝っている時は勝ち続けるし、負けている時は何をしてもダメな気がする。確率に従うならば、〝流れ〟などという不確定要素は無視すべきなのだが、〝流れ〟に乗っている時に〝ドーン〟と賭けるのは本当に楽しそうだし、僕もそのスタイルが好きだ。

    カジノにはいろんな人がいて、ディーラーも新人から熟練者までいて、皆個性的。客層も様々で、地元のいかにも〝コレ〟で稼いでいる感じの人や、このホテルの宿泊客で少し遊びに来てる人、旅の途中で寄った旅人や、周辺国からこのために来ている人もいた。そのほとんどが陽気な人たちばかりで、英語があまり流暢に話せない人でも話しかけてきて、すぐに仲良くなった。そんな人たちとお互いのカードに賭け合ったり、飲み放題のビールやワインでベロベロになるまで乾杯したりしていると、カジノの雰囲気にどっぷりと浸かってしまい、毎日のように通ってしまっていた。

    ここまでしない普通の(?)人にもこのカジノはオススメ。朝昼夕の食事はフリーだし、飲み放題で、夜はダンスショーもある。ベリーダンスを見ることもできた。
    但し、全く賭けないでオーダーをするのはあまり頂けないので(チェックもされる)、少しは遊んでいきましょう!
    昼の「カジノ・プリンセス」  夜の「カジノ・プリンセス」 宿での練習風景


    ちなみに結果は…
    9月26日 -5レバ
    9月27日 +50レバ
    9月28日 -15レバ
    9月29日 -10レバ
    9月30日 -175レバ
    10月2日 +200レバ

    合計  +45レバの勝ちでした。


    ~ブルガリアでのある風景~
    メグが欲しがっていたブリキのネズミ
    メグが買っておけば良かったと後悔したブリキのネズミ  

    レストランにいた人懐こい子供
    笑顔の少年  

    公園で遊んでいた子供
    公園で遊んでいた子供



    ※1レバ=75円 
    9月23日~9月24日移動
    9月24日~10月9日ブルガリアのソフィア滞在
    (あきら)



    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!



    【2007/09/06 18:22】 ブルガリア | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    駆け足の旅(ウィーン)
    チェスキー・クルムロフ→ウィーン
    9月21日。チェコのチェスキー・クルムロフ10時発のバス(900フォリント+荷物預かり代30フォリント。学割815フォリントあり。)でオーストリアのウィーンへ移動した。

    教会のホステル
    ウィーンでの宿はコウちゃんから教えてもらっていた〝Turmherberge Don Bosco〟。この宿は何と教会の塔にあって、朝の8時には上にある鐘の音が鳴り響き、健康的な目覚めができるというホステルだった。男女別ドミのみだが、一泊6.8ユーロ(シーツ代1ユーロ別)というウィーンでは破格の安さ。この値段はホステルカードを提示しての値段だけど、持ってない人はここで3ユーロで作成できる。今年の10月(2006年)にはクローズするらしく、私たちはギリギリセーフ!旅人にとってはありがたいホステルなのに、クローズするなんて本当に残念…。

    教会のホステル  部屋  リビング


    ザッハトルテとオペラ
    ウィーンでの目的は、ザッハトルテを食べる事とオペラ観賞。夏の間は上演されていないオペラも9月からはシーズンへ突入。21日の「ラ・ボエーム」に合わせて移動してきたのだった。
    到着したその日の夜、早速、オペラ座へ出かけた。立見席(2ユーロ)でも十分に観れるという事で、立見席の入り口へ向かうが、すでに多くの人で列が出来ている。せめて30分前には来ておくべきだったと後悔…。何とかステージの右の方で場所は確保できたけど、全体を観る事はできなかった。将来のヨーロッパ旅行(…っていつ?)では席に座って観る予定だから、今回はこれで我慢だ。立見席にも英語&ドイツ語で訳した表示板がついていて、何とも親切
    オペラ座横  ステージ   客席


    次の日、サンドイッチを作ってシェーンブルン宮殿へ出かけた。インペリアルツアー(8.6ユーロ)で日本語オーディオガイド付き。このオーディオガイドの日本語がなかなか面白く、特に女性の人の東北訛りが懐かしい。何かのフォーラムで、東北弁と宮崎弁は似ているということを聞いたことがあるけど、確かに似ている。
    宮殿1  宮殿2 庭

    宮殿の横の庭でサンドイッチを食べて、ちょっとお昼寝。ヨーロッパにはあちこちに公園があって、いつでもノンビリできるのが嬉しい。
    公園のリス


    最終目的のザッハトルテは〝HOTEL ZACHER〟のカフェで食べることができる。お客のほとんどは私たちのような観光客で占められていた。ザッハトルテは4.8ユーロだけど、それ以上に高い飲み物が多い。日本では気軽に飲んでた紅茶だけど、それはこの旅に出てくる前の話。優雅な雰囲気や高価な器も含んでの紅茶一杯。…安宿に泊まれる値段だ。今、考えると不思議でならない。旅してきて、いろいろな価値観が変化しているな。
    そして結局、4ユーロのコーヒーにした。本場のザッハトルテはとっても美味しかった!添えられているクリームがまたトルテと合う。この美味しさを味わうためだけにウィーンへ来たあきらも満足したみたい。
    〝HOTEL ZACHER〟 ザッハトルテ  満足

    そして次の日、ブルガリアのソフィアへと移動。毎日出かけては観光をし、全目的を果たせた充実感はあるものの、急ぎ足だったからか、すでに休息がほしくなってる。
    名曲アルバムでおなじみの



    次のソフィアで休養します。


    ※1ユーロ=155円 
    9月21日 移動
    9月21日~9月23日ウィーン滞在(メグ)



    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!





    【2007/04/10 18:53】 オーストリア | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)

    お城のある街(チェスキー・クルムロフ)
    おひさしぶりです。
    今僕たちはパキスタンのラホールという都市にいます。インドとの国境近くです。まだ出来たばかりのこの「oasis guest house」では共同スペースにてネットが出来るので、ようやく書き上げることができました。



    プラハ→チェスキー・クルムロフ

    チェスキー・クルムロフへは電車で行った。やはり電車のほうが旅の感じがでる。二人で276コルナ。チェコ国内では2人だと割引があるようで、一人ならば177コルナだった。これも二人旅ならではの恩恵♪プラハ9時23分発。 その日は路線の途中で工事があったようで、途中でバスに乗り換えることになった。チェスキー・クルムロフ駅から見所が集中する旧市街までは少し離れたところにあり、市バスを使って、門の近くのバスターミナルまで行った。そこは高台になっていて、城が一望できたので、まずはここで1枚。

    Mouritania Mouritaniaの部屋 バスターミナル近くから


    チェスキー・クルムコフも世界遺産
    チェスキー・クルムコフ、この名前をチェコに来ていないのに知っている日本人は稀ではないだろうか。何を隠そう僕らもハンガリー滞在中に旅行者から教えてもらったくらいだ。
    しかしここもプラハ同様、町自体が世界遺産であり、チェコ旅行には欠かせない所なようだ。日本からだと東欧旅行は「ブダベスト、プラハ、ウィーンの3都市訪問」のように首都だけを回ることが多い。もちろん、これらの国では首都が最も見所が多いが、この田舎の町は「すごくきれいで、静かにのんびり出来る」と旅行者に聞かされ、訪問が即決まった。

    バスターミナルから見えた城を中心に旧市街が広がり、観光地なのに、ものすごく静か。地理的に重要なポイントではなかったようで、中世からほとんど発展していないそうだ。そういう意味ではプラハ以上にメルヘンチックな所である。

    城の塔  城と一緒に  広場


    城には塔があり、そこを登ると(学割有り)街が一望できる。
    なんと、この城では熊が飼われている。電池が切れてしまい、撮影できず。。。

    塔からの風景1  塔からの風景2


    チェスキー・クルムロフでの宿はHostel Merlin(一人250コルナ)キッチン付きでこじんまりとした日本のペンションみたいな宿。この宿は確かに居心地良いし、きれいだった。でも…。

    ホテル外観  部屋


    東欧は安い!?
    この旅に出る前から東欧には憧れていたし、実際旅の初期に出会った旅行者からも 「東欧は安くて良いよ~」 と聞いていた。

    しかし、実際に来てみると、
    ?????
    といった感じだ。 確かに西欧よりは安いんやけど…。

    その疑問がチェコのチェスキー・クルムロフで解けた。
    「4年前はこの宿は800円だった」
    ここの宿の情報ノートに書いてあった。
    それが、今の価格は一泊1375円(250コルナ)。 ちなみに、4年前のビールは生500mlで40円。 それが今は110円。
    ほぼ、倍である。
    そんな情報ノートに書いてあったのが、
    「チェスキー・クルムロフは田舎でのんびりできていいよ~」
    …もう、昔みたいに一週間とかは居られない。





    ※でも、チェスキー良かったですよ。なんだかんだ言って3泊しました。 特にチェコ料理、牛肉のグヤーシュ。メチャ旨!!

    牛肉のグヤーシュ



    ※1コルナ=5.5円 
    9月18日 移動
    9月18日~9月21日チェスキー・クルムロフ滞在(あきら)



    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!




    【2007/03/26 22:30】 チェコ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    ブログ更新停滞について
    >当ブログをいつもご訪問頂いている皆様

    最近ブログをまったく更新していないにも関わらず、
    毎日平均60人の方にご訪問いただいております。
    本当に申し訳ございません。
    僕のミクシー日記を見て、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
    ブログだけを見ていただいている方の為に、今更ではありますが現状を説明します。

    シリアでパソコンが壊れてしまい、各地で修理を探したものの見つからず、
    結局インドのムンバイより日本にDHLで送りました。
    修理後、受け取り易い所でパソコンを受け取る予定です。
    それまではブログの更新がかなり難しいのが現状です。

    ごくたまにネット環境のすばらしい所かつ、時間があるとき
    (写真を多めに載せているため、アップするのに自分のパソコンを接続しての
    アップに比べてものすごく時間がかかるのです)
    に更新していくつもりです。

    記事を少なめにし、写真も少なめにして、リアルに近づけることも考えました。
    しかし、ここに来ていただいている方より、
    『他と比べ写真が多い。情報詳しい』
    とのコメントをよく頂くので、どうせ書くなら今までの形態を保ちたいと思っています。
    旅を楽しむことを第一にしているため、定期的に更新して今までの何倍もの時間を
    ネットに費やす事は避けたいと思い、このようにさせてもらいました。
    (インドのネット環境はましにはなってますが、未だ「遅い」「いきなり強制終了」
    などのトラブルにしばしば見舞われます。)


    どうか温かい目で見守ってやってください。
    その分、出来るだけ、ミクシーの日記は書いていくつもりです。

    ミクシーに入ってらっしゃる方は、
    「あきら@世界一周中」
    で検索してみてください。
    またブログの更新状況はミクシー内コミュニティー
    [あきらの世界一周を応援する会]
    にて載せております。

    (あきら)



    色々な方に見て頂きたいから、ブログランキングに参加しています。
    あなたの1クリックが1票です。
    ↓応援をお願いします!



    【2007/02/24 16:23】 お知らせ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。